初心者におすすめのマウンテンバイクの選び方

舗装されている道であろうと、未舗装の道であろうと、走行することができるマウンテンバイクですが、選び方にはポイントがあります。

そのポイントをしっかりと把握して、購入後に後悔しないようにすることが大切になります。

スポンサーリンク

マウンテンバイクの特徴を知っておくこと

山道などでも、問題なく走ることができるイメージがあるマウンテンバイクですが、それ以外にも特徴があります。

初心者の場合には、きちんと特徴を把握しておくことで、自分がどのように使いたいのかによって、選び方が違うことを知ることができます。

マウンテンバイクをイメージするときに、思い浮かべることが多い点が、タイヤの幅が広いことです。タイヤの幅が広いので安定性が増し、そのおかげで悪路でも安定して走ることができます。

しかし、タイヤの幅が広いので摩擦が多くなるので、長距離を走るのは苦手な自転車です。そして、ハンドルは直線状のものが多く、変速もかなりの多段変速であるものも多くあります。

しかし、より特徴的なことは、サスペンションがついているものが多いことです。これにより、段差などがあっても衝撃を吸収し、快適に走行することができます。

サスペンションに注目すること

街中などを、通勤や通学で走るにはクロスバイクの方がよく、マウンテンバイクを購入する人は、山道などの悪路を走破したいと考えている人も多いです。

山道などの悪路を走行すると、木の根を乗り越えたり、ちょっとした石を乗り越えたりなど、普通の自転車ではバランスを崩すシチュエーションが多いです。

そこで重要になるものが、サスペンションであり、フロントについているのか、リアにもついているのかにより、安定性が大きく変わってきます。

フロントのみについているタイプは、ハードテイルというタイプで、フロントだけでなくリアにもついているものは、フルサスペンションタイプになります。

フルサスペンションでは、どのような状況でもリアホイールが地面をしっかりととらえているため、安定性があります。

価格が高かったり、メンテナンスが必要だったりで手間ですが、初心者にはおすすめのタイプになります。

ディスクブレーキ搭載のバイクを選ぶ

マウンテンバイクで悪路を走破しようとすると、自然とハンドルを握る手に力が入ってしまいます。

そのため、長い間ハンドルを握っていることで、手が疲れてしまい、うまくブレーキを掛けられなかったりしてしまい、ハンドル操作がしっかりと行えなくなります。

そうならないためにも、軽い力でもブレーキを掛けることができた方がよく、ディスクブレーキは少ない力でブレーキを掛けることができます。

少ない力でブレーキを掛けることができれば、とっさの判断でもしっかりと制動することができ、長時間走るようなときにも最適です。

初心者だからと言って、入門用のマウンテンバイクを買ってしまうと、ワイヤータイプのものになってしまいます。

本格的にトレイルを行いたいのであれば、初心者であっても、価格は高くなりますがディスクブレーキ搭載のものを使うことをお勧めします。

ホイールのサイズで操作性が違う

マウンテンバイクの、入門用のもののホイールの多くは、26インチです。これは、マウンテンバイクでの基本的なサイズとなり、小回りも効き操作もしやすいものになります。

しかし、26インチが基本であるだけであり、これよりも大きなサイズもあり、29インチや27.5インチといったものもあります。

29インチのものは、ホイールが大きくなることで、慣性によりスピードが乗りやすく、段差があっても楽に乗り越えることが可能です。また、それに加えタイヤも太くなることにより、安定性も増します。

スピードが出るので、舗装路をなるべく速く走りたいという場合にも最適です。

27.5インチのものは、29インチの物よりも小さいため、小回りが利きます。そして、26インチよりも大口径なため、速さや走破性も向上しているので、ホイールが大きいものも選択肢に入れておきましょう。

走るシチュエーションをイメージしましょう

マウンテンバイクだからといって、悪路しか走ってはいけないわけではなく、街乗りに使用しても問題ありません。

街乗りで使いたい場合、マウンテンバイクに乗った時の感覚をつかみたいという場合には、入門モデルを選びましょう。

フレームも、アルミのように軽量な素材を使用しており、サスペンションやコンポーネントも、お手頃なものを搭載しているものがいいです。

このようなタイプであれば、通勤や通学で街乗りをしたり、河川敷などのちょっとしたオフロードを走ることにも使えます。

初心者はこのような、日常的に使えるマウンテンバイクを購入して、しっかりと慣れていくことが大切です。

本格的にマウンテンバイクのデビューをしたり、ダウンヒルをしたりするためにも、入門用で感覚をつかんでいきましょう。

そのようにして、より機能性のあるものに変えていくことが必要です。

最後に

マウンテンバイクは、悪路を走るイメージが強いですが、舗装された道も十分に走ることができます。

そのため、どのようなシチュエーションで使うのかをしっかりと把握して、後悔しないように選ぶことが大切になります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ, 趣味
-, , ,

関連記事

水泳の悩み…クロールの息継ぎが出来ない

水泳の4泳法のうち、最もポピュラーなのがクロールです。水泳をはじめたら、まず最初に習得する場合がほとんどで、一応泳げるという程度なら出来る人も多いことでしょう。

何か作りたい!クラフト趣味7選

何か趣味を持ちたい。 気分転換になるような、それでいて手先が器用になったりすれば一石二鳥。 でも、何を始めたら良いのかわからない。 そんな方にピッタリのおすすめな趣味を7つ紹介します。 スポンサーリン …

飲み会や合コンでモテる?!トランプで手品を始めてみよう

テレビでトランプを使った手品を見たことがある人の中には、自分にはとてもできそうにないと思う人もいるでしょうが、決してそんなことはありません。

手先が器用じゃなくても大丈夫!クレイアートを趣味として始めるには

近年、大人のための粘土細工として、クレイアートに注目が集まっています。 子供の頃に学校などで油粘土を使って物づくりをした経験のある方も多いでしょうが、今はもっと扱いやすく、手も汚れない様々な素材を使っ …

あまり知られてない世界の趣味:射的

射的は日本ではまず知らない人はいないぐらいなのに、世界では知られてないものだったりします。 祭りでは欠かすことが出来ない一つのお店ですが、最近ではあまりそうしたお店も少なくなってきているかもしれません …

楽天モーションウィジェット