初心者におすすめのロードバイクの選び方

ロードバイクは、自転車の中でも高速走行に優れており、長時間や長距離の走行もお手の物です。

しかし、高速で走ることができるため、自分に合ったものを選ばなければ危ないです。

そのため、きちんとした選び方を把握しておくことが大切です。

スポンサーリンク

ロードバイクの魅力とは

ロードバイクの魅力は、自転車とは思えない高速走行ができることであり、風を切って走ることによる爽快感があります。

踏み込めば踏み込むだけ軽快に走ることができ、とても俊敏性があります。そのような爽快感が、ロードバイクの魅力の一つになります。

また、普通の自転車では走ることが難しい距離でも、走行することが可能なことも魅力です。始めた当初は、20㎞しかはしれなかったとしても、数か月後には倍以上の距離を難なく走ることができていたりします。

今まで走ったことがない距離を走れるようになるなど、目標を定めて達成したときの喜びなども感じることができます。

また、様々なところで自転車レースが開催されているので、それに参加することを目標にすることもできます。

今まで躊躇っていたものでも、参加してみようと考えることができる点も、魅力の一つです。

どのような目的で乗るのかを考える

ロードバイクと聞くと、長距離を高速で走ることをイメージしがちですが、なぜロードバイクを使いたいのか、しっかりと考えることが大切です。

自転車は、さまざまなシーンで乗ることになり、通勤や通学、ダイエット目的であったり、ヒルクライムを楽しみたいなど、目的は人それぞれです。

通勤や通学の場合には、街乗りなど段差がある場所では安定感がなく不向きなため、そのような時はクロスバイクも検討してみましょう。

ロードバイクは、有酸素運動で長時間乗ることができるので、ダイエットを行う際にも有効な手段です。その際には、スピードを重視するのではなく、長時間乗っていても疲れないタイプを選ぶことが大切です。

ヒルクライムのように、坂や山道を登るのに使いたいのであれば、車体重量が軽いものを選ぶなど、使用するシーンで自分に合ったモデルを選ぶようにしましょう。

予算を決めておく必要があります

初心者がロードバイクを購入するときは、まず予算を決めておきましょう。

10万円以下のモデルや、数十万円以上するモデルなど、値段はピンからキリまで色々とあります。しかし、初心者の場合には、その後本格的に続けていくのか、気軽に楽しみたいのかで選ぶモデルが違ってきます。

気軽に楽しみたいのであれば、エントリーモデルがおすすめです。

エントリーモデルと言っても、安くても数万円するので、しっかりと選ぶことが大切です。また、手ごろな値段で本格的に行いたい場合には、軽量アルミフレームやカーボンフレームモデルの、エントリーモデルを選ぶようにしましょう。

これ以上高い価格のものでは、スペックはどんどんと良くなっていきますが、自転車のスペックと自分の技術などが釣り合わなくなります。

最終的に本格的にするのであっても、まずはエントリーモデルで体を慣らしていきましょう。

サイズ選びが一番重要です

ロードバイクの選び方として、初心者でも慣れている人でも重要なことが、サイズ選びになります。

しっかりと自分に合ったサイズを選ばなければ、十分なパフォーマンスを発揮することができないだけでなく、危険性も増します。そのため、サイズはしっかりと選ぶことが重要です。

身長だけでなく、股下や腕の長さを十分に考慮して、選ぶことが大切です。同じ身長の人であっても、股下や腕の長さが違うだけで、サイズが変わってくることがあるので、注意しなければいけません。

そのため、初心者が選ぶときには、お店の人に相談して、自分の体に合ったサイズのものを選んでもらうようにしましょう。

しかし、自分に合ったサイズだからと言って、必ずしも乗りやすいとは限りません。

試乗などができるのであれば、試乗させてもらうことで、走りやすさなどを確かめることができるので、おすすめです。

見た目もとても大切です

ロードバイクに乗るということは、長時間乗り続けることが多いです。

そのため、自分の愛車となるものなので、かっこいいと思えるものを選ぶことも大切です。道路を走っていれば、色々な人に見られるわけですが、できるのなら魅力的に見せたいものです。

また、自分の好みに合うロードバイクであれば愛着もわき、長く愛用できるようになります。

気持ちよく走行するためにも、スペックや予算だけでなく、見た目にも意識を向けるようにしましょう。

そのほかにも、ロードバイクで安全に走行するには、ヘルメットやプロテクターなどのアイテムも重要です。これらのアイテムも見た目に影響してくるので、自転車のカラーや、フォルムに合ったものを選ぶことで、統一感を出すことができます。

高速で走行できるものなので、安全に気を使い、危険のないように運転するようにしましょう。

最後に

ロードバイクは、たくさんの魅力がありますが、安全に走るためにはしっかりと選ぶことが大切です。

自分に合ったサイズであることが重要なので、わからないことがあれば、店員に相談するなどして、安心できるものを選びましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ, 趣味
-, , ,

関連記事

king of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : イアン・ソープ

イアンソープさんは、オリンピックで多くの金メダルを獲得し、オーストラリアの選手では最多のメダルを誇るなど、オーストラリアを代表する水泳選手です。

自分磨きにもスキルアップにも!「ネイル」の技術を学ぶメリット

一昔前までは、ネイルサロンは施術費用が高く、敷居が高いイメージを持っていた人が多かったのですが、今はどのサロンも比較的安価で施術ができるようになってきました。 またインターネットショッピングなどが盛ん …

将来仕事にできそうな趣味:ネイルアート

やりたいことはたくさんあるけれど、他にもおしゃれをするなどお金がかかることがたくさんあって、なかなか趣味まで費用が回らないという方も多いのではないでしょうか。 そのような方はオシャレをしながら楽しめる …

フリマアプリ「モトインテリ」の特徴や使い方

モトインテリは、登録手数料無料、販売手数料無料の、バイクに特化した、バイクフリマアプリとして、大きな話題となっています。 今回は、幅広い商品を取り扱っている一般的なフリマアプリと違う、モトインテリなら …

老化防止にもなるクリエイティブな趣味:書道

書道というのはクリエイティブな趣味で奥の深いものとなりますから、老化防止にはもってこいです。

楽天モーションウィジェット