ベージュコートの着回し方!ボーダートップスでカジュアルに

この冬皆さんはコートを買いましたか?
オススメはベージュコートです。

白いコートは可愛いですが、汚れが目立ちやすく買うのに勇気がいります。黒は合わせやすい定番の色ですが全体の雰囲気が重くなりがちです。
色々な場面で活躍するのがベージュのコートです。
白より服にも馴染むし、適度に明るくコーディネートも重くなりません。どんな色にも合わせやすいので、着回しもできて一つあると便利なアイテムです。

素材はウール・ツイード・カシミア・ナイロンなど数多くありますが、どれを選んでもベージュならきちんと感が出ます。
形によってもだいぶ感じが変わってきます。
ピーコートやダッフルなどの定番品は合わせやすく毎日着るのに着回し力もバッチリです。最近人気のムートンコートもカジュアルにも上品にも着られるのでオススメですね。

ただ毎日の服装がカジュアルな服が多いと言う人は、きちんと感のあるベージュのコートは使いづらく感じるかもしれません。
しかし合わせるトップスのコーディネート次第で、シンプルなデザインのベージュコートでもカジュアルに見せる事ができるのです。普通にシンプルな無地のシャツやニットを合わせるとおとなしいイメージです。

スポンサーリンク

おススメのコーディネート

ボーダーアイテム

でもここでボーダートップスを合わせてみてください。
一気にカジュアル向きの着こなしに変わります。ボーダートップスはTシャツでもニットでも良いですが、冬の寒い時期は、見た目的にも暖かく見えるニットが良いですね。
ボーダートップスを選ぶときのコツは、ボーダーの太さに気を付ける事です。
ボーダーの幅が太ければ太いほどカジュアルに見え、逆に細くなるにつれてカジュアル感が少なくなります。しかし太いボーダーは、身体の横ラインを分断してしまうので膨張して見える可能性があるので要注意です。
太めのボーダーを合わせるときは詰まった襟元の服よりもVネックがオススメです。首元のラインが綺麗に見えるとそれだけでスッキリ感が違います。

逆に幅の細いボーダートップスは痩せている人が着ると貧弱な印象になる可能性もあります。ボーダーの幅が細いトップスは、タートルや首元がしっかりある物がオススメです。
着る人の体系によって似あうボーダーの幅も違ってきます。色々合わせて見て自分の体形にしっくりくる物を選んでください。

カラー選びは慎重に

トップスの色選びも大切ですね。
黒×白のボーダーは定番なのでやはり合わせやすく着回ししやすいです。グレー×白も子供っぽくなり過ぎずカジュアルでも品良く見えます。

インパクトを出したい人は赤×白や赤×紺に挑戦してみましょう。
赤はやはり印象的なのでコーディネートの良いポイントになる色です。赤を着るのに抵抗がある人もいると思いますが、ボーダーなら赤の面積も多すぎず、挑戦しやすいトップスです。
落ち着いた赤なら、着てみると意外と女性らしく着る前の印象と違います。その上からベージュのコートを羽織るので悪目立ちせずオシャレに着こなせます。

それ以外なら緑×白や緑×紺など緑のボーダーも派手にならず使いやす物の一つです。
紺×白などの紺を使ったものなら、マリンテイストになり冬も爽やかに決まります。ボーダートップスを合わせる時の色味は、あまり奇抜な色を使わない事です。

黄色やピンク、オレンジなどは合わせ方によって幼い印象になってしまいます。

コートの形に合わせてコーディネート

コートの種類によってトップスとの相性があります。ダウンコートに太めのボーダーニットだと膨張し、太って見える可能性があります。
太めのボーダーニットには、割とシンプルなステンカラーなどがオススメです。
コート自体は、シンプルでストンとしていると、大人カジュアルになり着やせ効果もあります。

ムートンコートはコートにボリュームがあるので、中のトップスは薄めで細めのボーダーが良いですね。ファーコートも同じくかなりボリュームがあるので薄めのインナーでスッキリ着こなしましょう。

ロングコートは背の高い人に似合います。
この場合トップスもチュニックぐらいの長めでもOKです。ボトムにはレギンスやスリムパンツを合わせるとカッコよく決まります。

ボーダーをポイントにするために、マフラーなどの小物は無地のシンプルな物にしましょう。ベージュのコートと言っても色味は物によって違うので、どんなベージュを選ぶかも重要です。
合わせやすい色ですが、着る人の肌の色が綺麗に見えるベージュはそれぞれ違います。
濃く茶色に近いベージュ・薄い白に近いベージュ・ピンクベージュなどちょっとした色の違いで肌がくすんで見える事があるのです。

ベージュのコートを買う際はきちんと試着するのがベストです。ベージュは肌に割と近い色なので、色味を失敗すると何を合わせても違和感が出て来ます。
しかし上品な色なのでかっちり目の形のコートが一つあると、会社・学校・プライベートなど様々な場面で活躍してくれるので重宝するでしょう。
カジュアルにしたい時はぜひボーダートップスを合わせてみてください。

最後に

いかがでしたか。
実はとっても着回しのきく「ベージュコート」。
ボーダーアイテムと合わせて、上品でカジュアルと言う丁度良いコーディネートを楽しんでくださ。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ビューティ, ファッション
-, , , , ,

関連記事

美人3割増しになるメガネの選び方:アート風メガネ

皆さんはメガネを使用していますか? 日本人は視力の悪い方が多く、コンタクトレンズやメガネを使用している方の比率は非常に高いといえます。 コンタクトレンズでは最近はメインである視力矯正はもちろん、いわゆ …

ヘアバンドでコーディネートに遊びを加える♪

いつものコーディネートに物足りなさを感じたら、ヘアバンドを使って遊び感をプラスしてみてはいかがでしょうか。 素材や色、柄によって雰囲気が変わり、ヘアアレンジもしやすいので、オシャレっぽさがぐんとアップ …

鞄を買う時にチェックしておきたいポイント

鞄は毎日使うものですし、色々なものを入れる為の便利なアイテムとして使われていますが、当然ファッション的な要素も含まれていますので、意外と買う時に悩むアイテムでもあります。 そこで、ここでは鞄を買う際の …

気分を春にしてくれる!マスカラの色:グリーン

女性が使うマスカラといえば、定番のカラーはブラックやブラウンなどの目元を強調させる色です。しかし、ここ数年とても流行っているのがポップなカラーのマスカラです。 ピンク、オレンジ、レッド、ブルー、グリー …

オフィスコードをワンランクアップしてくれるバッグ【レザー素材で通勤クラッチ】

かつて人気だったセカンドバッグ。 今はクラッチバッグと呼ばれています。サラリーマンがオフィスに持っていくカバンと言えば、ちょっと前まで「セカンドバッグ」が定番でした。

楽天モーションウィジェット