ベージュは「華やかな色」と合わせる

ベージュは落ち着きもあり、どのようなファッションでも取り入れやすい色であるといえます。しかし、それゆえ地味になってしまいがちです。

落ち着いた印象に華やかなカラーを加えて、おしゃれに着こなしていきましょう。

スポンサーリンク

地味にまとめると老けて見えることが

どうしても、無難な方に流れてしまうということが人間の特徴であるといえます。特に取り入れやすいベージュの色のアイテムは、使いやすいために毎日取り入れているということになりがちです。

アイテムを毎日変えていたとしても、全体の印象は毎日同じで、地味に見えてしまう事もあります。

落ち着きがあるという点ではよいのですが、地味になってしまう事で、老けて見えたり、疲れて見えたりということになりがちです。

特にやわらかいベージュの色はメリハリがなく、場合によっては肌が少しくすんで見えてしまう事もあるのです。

肌色に近いので、全身をベージュでまとめてしまうと、遠目から見ると服を着ていないのではないかと誤解されることもあるので、注意が必要です。

そこで、ポイントとなるアイテムに華やかな色を取り入れていくのがおすすめです。使う量がわずかでも、ぼやけた印象をキリッと引き締めてくれる効果がありますし、おしゃれに見えます。

派手に見える色に抵抗がある方でも、小物などから取り入れていくと、抵抗なく取り入れることができるようになるでしょう。

ビジネスでもコーディネートに変化をつける

通勤着やビジネスで着用するものとしてとらえると、ベージュをはじめとしたベーシックなカラーは使いやすいものです。ついつい目立ちにくく、落ち着きを感じさせる色として選びやすいでしょう。

しかし、それがファッションコーディネートの足かせとなり、変化がつけにくくなる原因でもあります。

もちろんあまり奇抜なものを取り入れるのは適さない場も多くありますが、やはり毎日の気分を変えるという意味からも、ちょっとした部分から変化を付けていくという事は必要です。

服として取り入れにくいのであれば、襟もとにきれいなスカーフをプラスするなどという事から始めてみてもよいでしょう。顔周りに明るい色を置くことで、人の目にも付きやすくなりますし顔色も明るく見えます。

華美に装うという事は必須ではないですが、日々の仕事の中で、自分の印象をより良いものにしていくという事は、ビジネスでも重要なポイントといえます。

そのためのポイントとして、色の使い方という事を考えつつ、まずは小さな範囲から取り入れて変化を付けていくことがオススメです。

ぼんやりしがちな印象を引き締める

ベージュは肌馴染みもよく、ベーシックなカラーの中では明るい印象なので取り入れやすいものではありますが、それ故にぼんやりとした印象を与えてしまうということがあります。

全身をベージュでまとめてしまうと、その傾向が強くなります。そこで、ちょっと強めな色を取り入れてみましょう。

自分の好きなカラーでも柔らかく優しい色でまとめてしまうと、ぼんやりした印象が強くなってしまいます。

特に人前に出るときや、大切な場面では自分の印象を強く打ち出したいところですから、濃くはっきりしたカラーで主張するまとめ方をしてみましょう。

ベージュは主張がない色であるために、どのようなカラーとも合わせやすいのがポイントとなります。普通は強い色を合わせることが難しいですが、ベージュならそういった主張の強いカラーと合わせることが可能になります。

小物やインナーを変えることで印象を変えやすいので、ぜひ強い色で主張のあるファッションに仕上げ、無難でぼんやりした印象を引き締めるようにしてみましょう。

あなたの印象も、大きく変わります。

まずは小さな範囲から華やかさをプラス

華やかすぎるカラーを、服として取り入れることが難しいと感じる方は、まずは小さな範囲からスタートしてみるのがおすすめです。

最も手軽で変化をつけやすいのが、スカーフです。必要に応じて付け外しもしやすいですし、ちょっとだけ見せることも、大きな面積で見せることもできます。

不要なときは、外しておけるという手軽さも便利です。仕事中は付けずに、仕事が終わってから、プライベートでインパクトのある装いをするといった事もしやすくなります。

また、バッグなどを華やかな色にするのも、手軽に華やかさをプラスできる方法です。単体で見ると少々派手だと思う色でも、ベージュと合わせることで絶妙なさし色になります。

全身がベージュで、特にポイントがない服装になってしまったというときには、手にするバッグを華やかな色にしてみましょう。

それほど大きくない面積でありながら存在感は抜群ですから、手抜きではない華やかファッションに仕上がります。

こうして、華やかな色とベージュを合わせる楽しみを感じていくことで、地味で無難になりがちなファッションも、さらに楽しいものとなっていきます。

最後に

安心感のあるベージュですが、変化をつけるなら華やかなカラーと合わせるのがおすすめです。

まずは取り入れやすい小物からスタートして、ファッションコーディネートの幅をどんどん広げ、自分の印象アップにつなげていきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

レトロスタイルが流行り!レトロの取り入れ方【スカートスタイル編】

レトロスタイルの定番は、膝丈もしくはふくらはぎくらいの、ミモレ丈のスカートスタイルです。 清楚で女性らしいふんわりとした着こなしになり、いつの時代も流行りに流されず、無くてはならないファッションアイテ …

リブニットセーターの魅せ方「サイズをワンサイズ下げてぴったり」

女性の間で、数年前から定番アイテムになっているリブニットですが、デザイン全体がリブになっているので、体にフィットするトップスです。あまりフィットするのが好きではないという人は、サイズを上げるのもいいで …

いつものコーデにオンするだけでおしゃれになるアイテム:バッグ

バッグは、いつものコーディネートにプラスするとかなりおしゃれに見せることができるアイテムです。また、TPOや場の雰囲気、これからの目的に合ったものを取り入れると、より効率よく「上品に」「可愛く」「カジ …

今年は夏もサマーコーデュロイを着こなそう!

コーデュロイというのは、縦に“うね”が施された、ビロード生地素材でできたもので、保温性にとても富んでいるため、秋冬にうってつけの定番素材でもあります。 しかし、最近では薄手のものであったり、ショートパ …

季節の変わり目必須アイテム、カーディガン!ざっくりロングカーデ

冬から春にかけての季節の変わり目は、日によって暖かかったり寒かったりと、気温の予測がとても難しく、日々のファッションコーディネートにも頭を悩ませる事が多いものです。 またジャケットを1枚羽織るにしても …

楽天モーションウィジェット