ベージュコートの着回し方!同系色のニットワンピで”ワントーンコーデ”

コートというと、どうしても無難に黒やグレーを選んでしまいがちですが、ダークなカラーに偏りがちな冬だからこそ、お勧めしたいのが明るいベージュ色です。
デザインはできるだけシンプルなものを選ぶと、インナーや小物使いで、いろんな着回しができます。

「ベージュって地味?」とか「やっぼたくなりそう?」とか思いますよね。
そんなときにぜひチャレンジしてほしいのが、同系色コーデです。

ポイントは、異素材をうまく組み合わせること。
ニットワンピースを使ったワントーンコーディネイトなら、すっきり縦ラインもつくれるし、おしゃれビギナーさんにも比較的簡単です。

スポンサーリンク

おすすめコーデ<3パターン>

大人っぽくしたい時

ハイゲージのシンプルなVネックワンピを合わせましょう。

同系色だと物足りない感じがするかもしれませんが、ごちゃごちゃアクセサリーは、ちょっと我慢してください。
その代わり、小ぶりの細チェーンのペンダントなどで鎖骨を強調してみてください。チェーンの色はゴールド系が相性がよいです。

冬場のワンピには、ついついロングブーツを履きたくなりがちですが、それも今回は我慢。
同系色のカラータイツにパンプスがおしゃれです。

パンプスは、スエードやツイードやハラコのような質感の違うものがいいですね。
ポイントに差し色を入れるなら、鮮やかカラーの小ぶりのバッグなどを合わせてみましょう。ここでカジュアルな「いつものバッグ」を持ってしまうと、せっかくの大人コーデとちぐはぐになってしまうので、注意です。
皮手袋なんかもあると、より大人っぽさがでます。

ちょっとカジュアルにはずしたい時

ざくっりとしたキャメルのハイネックワンピなんかが可愛いです。
ケーブルなどの模様編のものなら、同系色でも変化がだせますね。

足元は、ブーツを履くならカジュアルなテイストのものを選んでください。ムートンブーツなんかもいけそうですね。
厚手の柄タイツ&スニーカー合わせもアリかもしれません。
バッグはリュックでも可愛いです。

ワンピの中に白シャツを入れると、キチンと感が出て、コートとの相性がより良くなります。
そして、この着回しパターンで特に気をつけたいのが、コートのサイズ感。
ざっくりニットを着ても、腕回りや背中がパツパツにならないサイズやデザインのコートを選んでくださいね。パツパツだと、残念なことに、太ってみえてしまうので、注意が必要です。

甘めに仕上げたい時

モヘアやアンゴラなどのモコモコ素材が間違いないでしょう。
甘めが好きな女子は、ピンクや白のワンピを選びたいところだと思いますが、あくまでもコートと同系色のベージュ系を持ってくると、オシャレ上級者に見えますよ。コートのベージュよりワントーン明るいものをチョイスすると顔うつりが良いと思います。

足元は、ここでもロングブーツを封印しましょう。白ソックスとショートブーツを合わせると清潔感がでますね。
ショートブーツは黒系でも茶系でも、ワイン系でもいい感じ。もし手持ちがあるなら、白ショートブーツは履いてみたいところです。

アクセサリーはファーのピアスなんかが可愛いのではないでしょうか。ブーツに色をもってきたときは、同色にするのが良いです。

ベージュのモコモコ素材ニットが膨張しそうで気になる人は、首回りがすっきりする襟開きのものを選びましょう。
ピアスを大振りのものにするのも「すっきり見え」に効果的です。

最後に

さて、ベージュコートの「同系色のニットワンピでワントーンコーデ」のアイデア、3パターンをご提案してみましたが、いかがだったでしょうか。

普段はついつい軽くて暖かいダウンコートばっかりで、、、という人も多いのではないでしょうか。何を隠そう、実は私もです(笑)。
ベージュコートが一枚あれば、オシャレの幅がぐぐんと広がりますので、ぜひこの機会に挑戦してみてください。

コートとワンピースやスカートを合わせる場合、丈のバランスがとても大事です。
スカートの方が長めの場合、オシャレに見える丈にするのは、かなり難しいテクニックが必要なので、ワンピースが、コートの裾からちらちらと「見え隠れしない」くらいの、ちょっと長め丈のコートを選ぶのが、安心かもしれません。

それから、ベージュ色は、よくも悪くも、質の良さや仕立ての良さが目立つ色でもあります。
どうぞ、冬のセールなどをうまく利用して、ちょっと質の良いものを上手に手に入れてくださいね。もしかしたら、お母さんやお父さんが昔着ていたものが、クローゼットに眠っていたりするかもしれませんね?ちょっと探してみてください。

そして、良いコートを手に入れたら、春まであともう少し、どんどん着回しを楽しみましょう。
冬は、重ね着もするし、手袋やマフラーなどの小物もいろいろあります。
アイテムが多い分、いろんなオシャレのバリエーションを楽しめる季節でもあるのです。
冬のオシャレの参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ, ファッション
-, , , ,

関連記事

美人度がUPするアイテムの使い方!~アクセサリー~

アクセサリーは、「選びかた」「つけかたで」印象が大きく変わるものです。 自分にあったものを選ぶことと、トレンドを少し意識するだけで、いっきにあか抜け、美人度をあげられるアイテムです。 逆に言えば、そう …

丸メガネでコーディネートに遊びを加える♪

いつものメガネだけでは、ファッションの要素も物足りないと感じませんか。そんな時には、丸メガネをかけてみませんか。 思いがけないコーディネートになるのは、メガネの魅力でもあります。遊び心を加えたい時に、 …

レースアップの最新デザインをチェック!

クラシカルなレトロ、ゆるファッション、そしてレースアップというのも、今トレンドになっているデザインとして注目されています。最新のデザインとして、靴にも取り入れられています。 おしゃれをしたいなら、足元 …

行事別!おしゃれママのファッション辞典【運動会】

子どもを幼稚園に通わせるママにとって、運動会は子どもの成長を間近で見ることが出来る、楽しみな行事の一つです。 幼稚園くらいの年代ですと、子どもだけでなくママと一緒の競技もたくさんあります。ママ自身も、 …

健康的にダイエットする食事方法とポイント

ダイエットのための方法は様々ですが、いずれにしても食事方法については成否における重要なポイントとなります。 ただ体重を落とすことだけを考えるのではなく、正しい方法と知識を身に付けることで、健康的にダイ …

楽天モーションウィジェット