周りに差をつけるなら絶対にイエローベレー帽

今年はベレー帽が流行していますが、中でも色鮮やかなものが人気となっています。

その中で周りと差がつくお勧めの色は、断然イエローです。

スポンサーリンク

イエローが断然お勧め。相性の良いメイクや小物と合わせよう

パッと人目を引くイエローは、シンプルなコーデに華を添えてくれます。普段キャップやハットを合わせているコーデを、ベレー帽に替えるだけで一気におしゃれ感が増し、今年らしい印象になります。

70年代にも大流行したベレー帽ですが、今年らしい被り方としては、正面から見たときに、少し斜めになるように傾けることです。

ちょこんと乗せるのではなく、少し深めに被ることもポイントです。ヘアスタイルは下ろしたままでも、束ねても合いますが、耳をしっかり出すとスッキリして見えます。

さらに前髪もすべて入れてしまうと、大人可愛い雰囲気になります。前髪を入れるときは、若干浅めに被るとバランスが良くなります。

メイクは、イエローのベレー帽に合わせてオレンジ系かブラウン系、またはナチュラル系にするとよく馴染みます。レトロな雰囲気にしたいときは、リップの色を少し濃い目にし、目元にもラインを入れると個性が出ます。

相性の良い小物は、メガネ、スカーフ、ピアスがお勧めです。小ぶりなピンブローチを、帽子や襟元に着けてもおしゃれです。

一口にイエローと言っても、蛍光色に近いものから、ちょっとくすんだものまで様々です。目立つ色なだけに、帽子だけが浮いてしまわない様に、バランスの良いコーデにしたいものです。

イエローと言うと、目立つイメージから尻込みしてしまう方もいるかもしれませんが、案外合う色は幅広く、コーデは難しくありません。 メイクや小物を駆使して、周りと差をつけましょう。

明るいイエローのベレー帽と相性の良いカラーコーデ

なんと言っても相性が良いのは、ブルーデニムです。

ゆったりした白シャツに、デニムのワイドパンツといったシンプルなコーデのアクセントとして、明るいイエローのベレー帽が映えます。耳元にはフープのピアスがあると、一層こなれ感が増します。

明るいイエローは、ブルーのボーダーやストライプ柄とも合います。ボトムスには、グレーのマキシスカートや、ベージュのスカンツと合わせます。

この場合、服のデザインは、シンプルなものを選ぶことで、ごちゃごちゃし過ぎずスッキリとまとまります。

モノトーンのボーダーとも、よく合います。ボーダーのピッチが太めのものを選び、ボトムスはロールアップしたデニムか、膝丈のボリュームスカートと合わせると、可愛らしく元気な印象に仕上がります。

大人っぽく仕上げたいときは、ボーダーのピッチは細めに、ボトムスにはタイトスカートを合わせるといいでしょう。

モノトーンの、太めチェックシャツと合わせてもおしゃれです。ボトムスはブラックかホワイトのハーフパンツと合わせると、マニッシュな印象になります。

今年主流の、ゆるコーデとの相性も抜群です。

オーバーサイズの白Tシャツに、グレーや淡いブルーのロングプリーツスカートと合わせ、足元にはスニーカーを持ってくるだけで、トレンド感満載になります。襟元に、流行のスカーフを足しても素敵です。

ちょっと個性を出して、周りと差を付けたいときは、イエロー系が少し入ったチェック柄のシャツや、ワンピースを合わせましょう。

イエローの割合が多すぎると、くどい印象になってしまうため、控えめにすることがポイントです。

くすみイエローのベレー帽と相性の良いコーデ

明るいイエローよりも、落ち着いた色合いのくすみイエローは、グレーやブラウン、ネイビー、カーキとのコーデが適しています。

シンプルなグレーのカットソーと、デニムのマキシスカートのラフなスタイルも、イエローが加わることで華やかさと今年らしさを演出できます。

トレンドの、カーキのMA-1と合わせるときは、ボトムスはスカートにして、女性らしさを出すとベレー帽の存在が引き立ちます。パンツを合わせたいときは、足元をストラップ付きのハイヒールを合わせると、周りと差がつきます。

白いロゴ入りゆるTシャツに、ネイビーのロングカーデ、ロールアップしたデニムというコーデに、くすみイエローのベレー帽をプラスすれば、大人可愛い仕上がりになります。

足元にもイエローのハイヒールを合わせることで、コーデに統一感を出します。

ライトブラウンのブラウスと、ブラックデニムのショートパンツの組み合わせも、相性抜群です。シューズはスニーカーでも、ハイヒールでもOKです。ブラウンやブラックのソックスを合わせても、可愛らしい印象になります。

シンプルでラフなコーデも、きれい色のベレー帽がひとつ加わるだけで、パッと明るく、トレンド感溢れる着こなしになります。

特にイエローは、個性が加わるだけではなく、肌なじみが良いので、顔映りもきれいにしてくれます。

明るい色だからと言って、年齢はあまり気にする必要はありません。ちぐはぐな色合いのコーデにならないように、バランスを考えれば、大丈夫です。

周りと差をつけた着こなしをしたいと言う方は、ぜひ一度コーデに取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

そろそろ春服の季節♪今年らしい白コーデ:パウダーブルー

今年も大変寒い冬でしたね。例年では雪が降らない地域で雪が積もるなど、これまでになく寒い冬でした。 まだまだ朝晩は冷え込み、コート・マフラー等を手放せませんが、よく晴れた昼間は、コートなしでも過ごせる日 …

肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「シャツ」

ちょっと肌寒いけれど、重ね着をするほどでもないというときもあるでしょう。そういった時に羽織ものとして持ち歩くなら、シャツがおすすめです。 いろいろな使い方ができるので、気温変化が激しい時期に役立つアイ …

何色にする?ファーの色について

秋冬に活躍するファーアイテムは、手持ちの服に合わせやすく、使い勝手が良いです。 この時に気になるのが、どの色を選ぶべきかで、好みはもちろん、色の持つイメージを考えてチョイスすると、コーデに役立ちセンス …

オフィスコードをワンランクアップしてくれるバッグ【A4が入るトートバッグ】

毎日使いやすいバッグは、オフィスコーディネイトにあうA4サイズが入るトートバッグで、色は定番のものです。

春のアウターはトレンチコート!飽きない着回し術「ロングスカートと合わせる」

春になって、重たいコートからやっと解放されたものの、肌寒い日と汗ばむ日が交互に繰り返される春の季節は、アウター選びに迷う方も多いかもしれません。 そんな春の定番アウターといえば、やはりトレンチコート。 …

楽天モーションウィジェット