肌にいいベータカロテンは【鶏レバー】で摂ろう!

鶏レバーは、低カロリーで腹持ちもよく、栄養価も高くダイエットに適した食品です。

ビタミンAやビタミンB12の栄養価が高く、100グラムで125キロカロリー、低脂質でたんぱく質含有量は、他の肉と変わらないため、筋トレ中の方にもおすすめです。

スポンサーリンク

鶏レバーの栄養価について

レバー50グラムで、1日の成人に必要なビタミンAやビタミンB2を賄うことができるといわれています。焼き鳥の串1本が、100グラムほどです。

鉄分が豊富ですので貧血予防になり、新陳代謝を高める働きがありますし、シミの改善にも役立ちます。皮脂の分泌を整えたり、肌荒れやしすみも解決してくれる肌にいい食材です。

新陳代謝を高めて、ヒアルロン酸を増やす働きをするのがレチノールです。肌にいいだけでなく、髪の毛に潤いを与える効果もあります。

ビタミンB2には、動脈硬化を予防して、細胞の再生を促進する働きもあります。顔の筋肉を引き締めるイソロイシン、トリプトファン、メチオニンといったアミノ酸も豊富ですので、小顔効果も期待できます。

レバーの鉄分は、吸収力が高いので脂肪燃焼効果も期待でき、ダイエットに最適です。炭水化物から摂取した、糖の燃焼を促進するビタミンB1やビタミンB2が豊富です。

煮たり、焼いたりして加熱しても栄養価が消失しませんし、衛生面でも加熱が必要な食材です。

豚、牛と比べても、一番多くビタミンAが含まれているのが鶏のレバーです。

ベータカロテンの効能について

ベータカロテンは、体内でビタミンAに変換されます。ビタミンAは、皮膚の粘膜を強化するのに役立ち、活性酸素から体を保護する抗酸化作用が高く、免疫力を強めてくれます。

カロチンには、ベータ、ガンマ、アルファの3種類があり、緑黄色野菜に含まれるのは、ベータカロチンです。体内に入ると必要な分だけビタミンAに変化し、残りは蓄積されます。

1日に必要なベータカロテンは、15ミリグラムといわれており、ケール、にんじん、ホウレンソウを、100グラム程度食べる必要が生じますが、レバーなら週に1回程度で十分です。

鶏レバーに含まれる動物性食品のビタミンAのレチノールは、肝臓に直接運ばれて蓄積されますので、植物性とは違い、過剰摂取で副作用が発生する可能性が生じます。

脂溶性ビタミンのレチノールは、油で炒めると吸収力が高まり、栄養価も残ります。毎日食べるなら、1日焼き鳥の串のレバー4個のうち、1個分で十分です。

にらの成分である硫化アリルは、肉のビタミンB1の吸収率を高めてくれますので、レバニラ炒めで食べるのはおすすめです。

鶏レバーの美味しい食べ方

鶏レバーを食べる時、臭みが気になるという方は多いはずです。牛乳に20分ほど漬けておくと、臭みが気にならなくなります。

鉄が不足すると、疲れを感じやすくなりますので、毎日少しずつ食べられるように、煮物にしておくと便利です。

ショウガ味噌煮は、レバーを切り、しょうが、酒、みりん、みそで甘辛く煮れば、出来上がりです。みりんと味噌の代わりに、豆板醤とウスターソース、しょうゆを使えばコクが出ます。

みりん、酒、しょうがに赤ワイン、砂糖、しょうゆを加えて煮れば、ワイン煮になります。黒コショウをかけて食べれば、おつまみにピッタリです。黒酢や梅酒で煮るのも、おすすめです。

酒としょうゆ、おろししょうがで下味をつけ、片栗粉をつけて170度の揚げ油で揚げれば、から揚げの完成です。

きゅうりとプチトマトを添えて、酒、みりん、しょうゆ、砂糖、カレー粉で作った合わせダレをかければ、美味しく食べられます。

パクチーやドライパセリを乗せると、色合いがきれいに見えます。しし唐を一緒に揚げたり、レモンを添えたりすると彩り華やかになります。

レバーの栄養を牛、豚、鶏で比較してみると

レバーの栄養を、牛、豚、鶏で比較してみると、鶏レバーのカロリーが最も低く、100グラム111キロカロリー、豚レバーが123キロカロリー、牛レバーが132キロカロリーになります。

肝臓の栄養素で、レチノールが一番多いのが鶏レバー、豚レバー、牛レバーの順です。葉酸は、鶏レバー、牛レバー、豚レバーの順です。

ビタミンB12は、牛レバー、豚レバー、鶏レバーの順です。パントテン酸は、鶏レバー、豚レバー、牛レバーの順です。

銅は、牛レバーが圧倒的に多く、豚レバー、鶏レバーの順です。どのレバーを食べても、1日の必要摂取量はクリアできます。

肝機能強化、疲労回復、貧血予防、アレルギー予防に効果があります。内臓の中では最も柔らかく、栄養がたっぷりと含まれている部位です。

たんぱく質を20パーセントほど含んでおり、必須アミノ酸のバランスに優れています。ビタミンAは、ニンジンの10倍、鉄分、ビタミンBがたっぷりと含まれています。

食べる量としては、10日に1度焼き鳥の串1本食べるだけで、ベータカロテンの量としては十分で、過剰に摂取する必要はありません。

またカフェインや、納豆などと一緒に食べると効果が薄れてしまいますので、注意が必要です。

最後に

ビタミンAは、緑黄色野菜、魚、乳製品に多く含まれますが、レバーの含有量はトップクラスです。

貧血や、冷え性対策にもなる栄養素がたっぷりと含まれていますから、取りすぎないように定期的に食べるようにすると、ベータカロテンが不足せず、肌にいい効果が期待できます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

花粉症の症状を改善してくれる食べ物「ヨーグルト」

つらい花粉症の症状の改善に、市販の薬を頼ったりする方も多いです。その対策も、決して間違いではありませんが、なかには眠たくなる成分が配合されている花粉症の市販薬もあります。 正確な表現をすると、この眠た …

自宅で作れるチャーハンに入れて美味しくなるもの:ホタテの缶詰の煮汁

家庭で料理をつくるとき、一番手軽に簡単に作れるものの代表として良くあげられるのが、チャーハンです。 家庭では、特にお昼ご飯を手早く作りたいときに、良く作られることが多いことでしょう。 また、炊いたご飯 …

丸めない時短レシピ:ハンバーグ

ハンバーグといえば、てのひらを使って空気を抜きながら丸める作り方が一般的です。 しかし時短レシピでは、一番の手間となるこの作業を省いてしまうことが重要なポイントになります。 手をつかって丸めることによ …

下ごしらえで変わる!漬け込むだけでお肉を柔らかくなるもの:すりおろし玉ねぎ

日本人も大好きな肉料理には、様々なレパートリーがありますが、肉料理は柔らかい状態であることも、日本人の味覚にあった調理方法になります。 お肉を柔らかくする方法として、すごく身近な食材を利用することはで …

炊飯器で作れる時短レシピ「ローストビーフ」

パーティーメニューで人気があり、豪華さが出る料理といえばローストビーフですね。オーブンやレンジを使ってローストビーフを作ると手間がかかり、案外上手にできません。 そこで炊飯器を使って、簡単かつ時短で作 …

楽天モーションウィジェット