肌にいいベータカロテンは【モロヘイヤ】で摂ろう!

モロヘイヤは、エジプトやアラビア半島で、5000年以上前から食べられている緑黄色野菜です。

重い病を患ったエジプトの王様が、モロヘイヤのスープを飲み続けたことで完治したという逸話から、「王様の野菜」と呼ばれる野菜です。

日本では1980年代に輸入され、強い生命力と高い栄養価から広く知られるようになったのです。

エジプトの女王にも愛した野菜

モロヘイヤは、シナノキ科ツナソ属の野菜です。乾燥に強く、虫や病気になりにくく、1度植えると切っても切っても、どんどん新芽が生えてくる生命力の強い野菜です。 エジプトの女王、クレオパトラも好んで食べたといわれる豊富な栄養素には、様々な健康効果と美容効果が期待できるのです。旬は6~8月ですが、ハウス栽培のものは4~10月頃までスーパーなどに並びます。 おいしいモロヘイヤは緑色が鮮やかで、葉がしっかりとしていて全体的にみずみずしく、ツヤがあるものです。日本での主な産地は群馬県で、愛知県、三重県でも栽培されています。 匂いはほとんどなく、くせも少なくほのかに甘味があります。アク(灰汁)の成分であるシュウ酸を含んでいるので、料理するときには、茹でてアクをとってから使用するほうが良いでしょう。 モロヘイヤは茹でたり、細かく刻むとネバネバが出てくることが特徴です。オクラや山芋などのネバネバと共通の、ムチンという成分です。 ムチンは、タンパク質と糖類が結合した成分で、胃の粘膜を保護し、粘膜の働きを高めることから免疫力を高めます。また血糖値の上昇を緩和し、疲労回復する効果もあるのです。

万能野菜、栄養たっぷりモロヘイヤ

モロヘイヤは、カルシウム、カリウム、リン、鉄分、ベータカロテン、ビタミンA、B2、C、E、ムチン、マンナン、食物繊維などを豊富に含みます。 そのなかでも、骨や歯の健康に欠かせないカルシウムは、緑黄色野菜のなかではトップクラスなのです。モロヘイヤに豊富に含まれるカルシウムは、骨粗鬆症などの骨の疾患を予防する効果が期待できます。 中枢神経を静める働きもあり、心を落ち着けてイライラなどのストレスを緩和してくれるのです。カリウムは、細胞の浸透圧を一定に保つ働きをしています。 余分な塩分(ナトリウム)を排出し、血圧を下げ高血圧を予防してくれるのです。カリウムには、血管を強化してくれる働きもあるのです。 そして、ネバネバのムチンとマンナンは、食物繊維を豊富に含むので、便秘の解消と腸内環境を整えてくれるのです。 モロヘイヤには、貧血予防の効果もあるのです。血液の成分であるヘモグロビンの材料となる鉄分を含み、鉄の吸収を助ける働きをするビタミンCも含まれるため、効率良く鉄分を摂取することができ、血液の健康が保てるのです。 モロヘイヤには、驚くほどの健康効果があるのです。病気が治ったというエジプトの王様の逸話も、あながち誇張されたものではないのかもしれません。

お肌にいいベータカロテンもたっぷり含むモロヘイヤ

モロヘイヤは、ベータカロテンも豊富に含んでいます。ベータカロテンは、ニンジンにも多く含まれる、黄や赤色などの天然色素の一群、カロテノイドの1種です。 体内では、ビタミンAに変換される役割の栄養素です。ベータカロテンは、モロヘイヤ100g中、1000㎍含まれており、ほうれん草と比較して2倍の量なのです。 目に良いビタミンとして知られているビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を保つ働きもするのです。ベータカロテンから変換されたビタミンAは、肌の乾燥によるかさつきや肌荒れを改善して、ツヤツヤの肌を保ってくれるのです。 ビタミンAに変換されなかったベータカロテンは、強い抗酸化物質として、細胞の老化(酸化)を防いでくれます。 ベータカロテンには、紫外線の刺激で発生した活性酸素除去する作用があり、皮膚に沈着してシミなどを引き起こす、メラニン色素を抑えてくれるのです。 ベータカロテンの高い抗酸化作用には、肌の健康と美しさを保つ、様々な肌にいい効果があるのです。 肌を若返らすビタミンE、肌に透明感を与えてくれるビタミンCも豊富に含まれており、ビタミンCは肌の若々しさに欠かせないコラーゲンの生成を助け、ハリを保ってくれるのです。 ベータカロテンを始めとするモロヘイヤに含まれる成分は、それぞれの働きの相乗効果で、より肌にいい優れた効果を発揮してくれるのです。

どんな料理にも合うモロヘイヤ、たっぷり摂りましょう

シンプルでクセがないので、洋食はもちろん、刺激の強いカレーや和食にもあらゆる料理に取り入れやすいことも魅力です。 刻んで納豆に混ぜても美味しいですし、刻んでネギと混ぜで冷や奴にのせ、ショウガ醤油をたっぷりかければ、ごはんもすすみます。 湯通しして細かく刻み、卵かけごはんに乗せれば、卵の黄身のほんのりした甘味と良く合うのです。ベータカロテンは加熱したり油分と一緒に摂ることで、より効率良く吸収することができます。 スープや油を使う料理がおすすめ、肌にいいベータカロテンをたっぷり摂りましょう。 エジプトでよく飲まれる、モロヘイヤのスープの作り方は簡単です。 茎から葉を取り、湯通ししてから細かく刻んでネバネバを出し、鶏ガラスープを沸騰させモロヘイヤを入れて、塩コショウで味をととのえ、オリーブオイルをたらすだけで出来上がりです。 刻んだ玉ねぎやトマト、挽肉を入れても美味しくいただけます。さっぱりとしたモロヘイヤは、天ぷらでサクッと揚げても美味しいのです。 シンプルに揚げて、お塩も良く合います。なすなどの野菜と合わせるかき揚げも美味、質の良い油で加熱することで、ベータカロテンをたっぷり摂ることができるのです。

最後に

モロヘイヤは、冷凍保存が便利です。軽く茹でてキッチンペーパーでしっかり水気を絞り、ラップで包んで冷凍保存用の袋に入れて冷凍します。 切り方も使用する料理に合わせて切っておけば、すぐに使えて便利です。 高い栄養価をもつ、お肌にいいモロヘイヤを手軽に料理に取り入れることで、ツヤツヤの美肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

お味噌汁を毎日飲むとこんな健康効果が!【ダイエット効果】

毎日の食卓に当たり前のように並ぶお味噌汁。 その存在について、考える事は余り無いでしょう。しかしこの何の変哲もないものが、実は凄い効果があり、我々の身体にとても良い影響をもたらしてくれるとしたら、興味 …

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「牛乳」

「花粉症は食べ物で悪化もする」「食べると悪化する食べ物は牛乳」そんな風に耳にすると驚く人は多いでしょう。 牛乳は、昔から健康のために良いという認識が強いですし、身長を伸ばすためにも、骨を丈夫にするため …

ダイエットに最適!カリフラワーライスの作り方とアレンジ方法

カリフラワーがダイエットの心強い味方として注目されています。 現在、お米などに含まれる糖質を制限する「糖質ダイエット」や、パンや麺類の材料である小麦粉などに含まれるグルテンを制限する「グルテンフリーダ …

包まない時短レシピ:餃子

餃子を食べるのは美味しいけど、作るのがすごく手間です。 皮に包んだり丸めたりするのにすごく時間がかかってしまうため、他の料理を作る時間がなくなってしまったりします。 そこで、皮に包まないで簡単に作る事 …

カレーが一段と美味しくなる隠し味:バター

カレーをさらにおいしくさせる隠し味として、バターがあります。 バターカレーがあるように、相性が良い組み合わせです。

楽天モーションウィジェット