肌にいいベータカロテンは【うなぎ】で摂ろう!

滋養強壮、健康に良い美味しい食材といえばうなぎです。高級なステーキ肉にも劣らない地位を、確固たるものにしているうなぎの人気の秘密は、どこにあるのでしょうか。

成分を解き明かしてみると、その優秀さに美味しく味わっていた舌を巻いてしまうほどの、栄養素が含まれていました。

スポンサーリンク

うなぎの食文化の歴史

元気になりたい、体力をつけたいなどと思う時に、無性に食べたくなるのがうなぎです。スタミナ食材として有名なうなぎですが、その食文化の歴史はかなり深く、一説には約5000年も前に遡ります。

文献としては、万葉集にもうなぎを食べるシーンが掲載されているくらいです。栄養に関して、科学的根拠のない大昔から食されていたということで、いかにその効能が優れていたかがよく分かります。

文献の内容を紐解くと、夏バテで体力を失った侍に、同僚がうなぎを勧める場面が登場します。美味しさだけでなく、当事から滋養強壮に良いということが知れていたということです。

さて、時は移り変わって現代です。栄養学に科学的根拠が生まれたこの時代において、うなぎの優れた栄養成分が裏付けされることになりました。

その秘密は、ベータカロテンにあります。体の基本的な構造を作る栄養素と同時に、美容においても肌にいい成分として、広く知れ渡っています。

サプリメントなどもありますが、美味しいうなぎで食べる喜びを感じながら健康になれるのは、生きている醍醐味ともいえます。

基本的栄養素を解説します

まず、うなぎの基本的な栄養素から見ていきましょう。たんぱく質、ビタミン、カルシウム、鉄分と、有効成分をバランス良く摂ることができます。

とくに豊富な種類のビタミンを含有し、一匹で2日分は摂取することができるという、データが報告されています。

蒲焼きなどの調理方法によっては、脂っこさが懸念されるところですが、魚ならではの栄養素であるEPAやDHAという、脂肪の吸収を抑える成分も入っていますので、安心して食べることができます。

どの栄養素も、それぞれが独立してサプリメントとして売られているようなもので、うなぎがいかに万能食材であるかが分かります。そして、さらに身体を健康にするベータカロテンの存在です。

本来は、緑黄色野菜などに含まれる成分が、うなぎには入っています。肉料理と同時に、野菜も摂りなさいとよく言われますが、うなぎは野菜の役割も担うというわけです。

総合的な栄養バランスが優秀ですので、体内から身体を強くしてくれます。細胞のひとつひとつの働きが活発になり、肌がつやつやになります。

まるで、生まれ変わったかのような快感です。

ベータカロテンがなぜ肌にいいのか

うなぎに含まれている様々な栄養素の中で、なぜベータカロテンが肌にいいのかを解説します。ベータカロテンは、若さの秘密と言われるほど、アンチエイジングにおいては欠かせない成分です。

まず、ベータカロテンの優秀なところは、必要量しか体内で吸収されないということです。どんなに身体に良い栄養素でも、摂りすぎてしまうと逆効果になる恐れがあります。

ベータカロテンは、必要量しか分解されず、それ以外はきちんと体外に排泄されていきます。過剰摂取の恐れがないため、栄養バランスが崩れることがありません。

主な働きとしては、抗酸化作用があげられます。これは、様々なウイルスや悪玉菌などを、体内に常駐させてしまう活性酸素を退治してくれるものです。

さらに、悪影響を及ぼすものを排除するだけでなく、次に侵入してくる害に備えて免疫力を高めてくれます。体内に、優秀な警備員を配置するようなイメージです。

これにより、老化をうながす動脈硬化などの、血管をつまらせるような成分が除去されて、血液の流れが速やかになります。

よって、栄養が細胞に届きやすくなるので、肌にいいといえるわけです。

美味しいうなぎ料理の種類

うなぎが、いかに優れた食材かが分かれば、安心して食べることができます。

大抵、人間が好んで食べるものというのは、栄養が偏っていたり、身体にあまり良くないものだったりするのですが、美味しくてさらに健康にも良いとなると、まるで魔法の食材のようだいっても過言ではありません。

そんなうなぎを、飽きずに美味しく食べたいと思うのであれば、調理方法について知っておくのもおすすめです。

代表的な蒲焼きについてですが、実は関東と関西で主流の調理方法が異なります。関東では背開きし、調理の過程で蒸すという作業が組み込まれます。関西は腹開きで、そのまま焼かれます。

とくに違いはないように思えてしまいますが、実際に食べてみると、食感やのどごしが変わります。

おなじみのうな丼やうな重も、ごはんとうなぎがサンドイッチのように重なっているものや、複数匹の美味しい部位だけを乗せたもの、また一匹をまるごと乗せたものなど種類が豊富です。

それなりの値段のする高級食材ではありますが、健康に勝るものはありません。自分の好みのうなぎ料理をぜひ追求してみましょう。

最後に

長く愛されつづけている食材には、相応の歴史と食文化があります。

同時に、その根拠を決定づける栄養素がきちんと含まれているというのは、昔の人の本能的な知恵と経験がいかに素晴らしかったのかが分かります。

うなぎは、学術的にも大変面白い食材です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

乾燥肌に有効な食品は?

冬になるたびに、顔やすねなどが粉をふいてしまう人も多いです。 また、冬に限らず常に肌が乾燥していると感じている人も多いでしょう。 日ごろのスキンケアで肌を潤わせることも大事ですが、体の内側からも潤いを …

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「チーズ」

花粉症の時期が来ると、マスクや処方してもらった薬で、何とか頑張って乗り切っている人も少なくありませんが、日常生活の食事の中で食べている食材も、症状を悪化させる事があります。 いろんな食材があるのですが …

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「辛いもの」

花粉症は花粉の量に関わらず、今まで平気だった人でも、急に症状が現れることがあります。 自分がアレルギーかどうかは、血液検査で確認することができるようです。主な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ …

肌にいいビタミンCは【菜の花】で摂ろう!

菜の花は、栄養価の高い植物ということはあまり知られていません。どちらかというと、春の花のイメージがあります。 ビタミンCの他、ビタミンB1、β-カロテン、葉酸、ミネラルなど高い栄養価を持っています。こ …

ホームパーティーに最適なおもてなしメニュー:ブルスケッタのレシピ

ブルスケッタという料理を初めて耳にする人は、一体どんなメニューなんだろうと考えてしまうでしょう。 イタリアンの前菜でよく出てくる料理で、本場イタリアのレストランでも人気のある定番メニューです。

楽天モーションウィジェット