肌にいいベータカロテンは【うなぎ】で摂ろう!

滋養強壮、健康に良い美味しい食材といえばうなぎです。高級なステーキ肉にも劣らない地位を、確固たるものにしているうなぎの人気の秘密は、どこにあるのでしょうか。

成分を解き明かしてみると、その優秀さに美味しく味わっていた舌を巻いてしまうほどの、栄養素が含まれていました。

スポンサーリンク

うなぎの食文化の歴史

元気になりたい、体力をつけたいなどと思う時に、無性に食べたくなるのがうなぎです。スタミナ食材として有名なうなぎですが、その食文化の歴史はかなり深く、一説には約5000年も前に遡ります。

文献としては、万葉集にもうなぎを食べるシーンが掲載されているくらいです。栄養に関して、科学的根拠のない大昔から食されていたということで、いかにその効能が優れていたかがよく分かります。

文献の内容を紐解くと、夏バテで体力を失った侍に、同僚がうなぎを勧める場面が登場します。美味しさだけでなく、当事から滋養強壮に良いということが知れていたということです。

さて、時は移り変わって現代です。栄養学に科学的根拠が生まれたこの時代において、うなぎの優れた栄養成分が裏付けされることになりました。

その秘密は、ベータカロテンにあります。体の基本的な構造を作る栄養素と同時に、美容においても肌にいい成分として、広く知れ渡っています。

サプリメントなどもありますが、美味しいうなぎで食べる喜びを感じながら健康になれるのは、生きている醍醐味ともいえます。

基本的栄養素を解説します

まず、うなぎの基本的な栄養素から見ていきましょう。たんぱく質、ビタミン、カルシウム、鉄分と、有効成分をバランス良く摂ることができます。

とくに豊富な種類のビタミンを含有し、一匹で2日分は摂取することができるという、データが報告されています。

蒲焼きなどの調理方法によっては、脂っこさが懸念されるところですが、魚ならではの栄養素であるEPAやDHAという、脂肪の吸収を抑える成分も入っていますので、安心して食べることができます。

どの栄養素も、それぞれが独立してサプリメントとして売られているようなもので、うなぎがいかに万能食材であるかが分かります。そして、さらに身体を健康にするベータカロテンの存在です。

本来は、緑黄色野菜などに含まれる成分が、うなぎには入っています。肉料理と同時に、野菜も摂りなさいとよく言われますが、うなぎは野菜の役割も担うというわけです。

総合的な栄養バランスが優秀ですので、体内から身体を強くしてくれます。細胞のひとつひとつの働きが活発になり、肌がつやつやになります。

まるで、生まれ変わったかのような快感です。

ベータカロテンがなぜ肌にいいのか

うなぎに含まれている様々な栄養素の中で、なぜベータカロテンが肌にいいのかを解説します。ベータカロテンは、若さの秘密と言われるほど、アンチエイジングにおいては欠かせない成分です。

まず、ベータカロテンの優秀なところは、必要量しか体内で吸収されないということです。どんなに身体に良い栄養素でも、摂りすぎてしまうと逆効果になる恐れがあります。

ベータカロテンは、必要量しか分解されず、それ以外はきちんと体外に排泄されていきます。過剰摂取の恐れがないため、栄養バランスが崩れることがありません。

主な働きとしては、抗酸化作用があげられます。これは、様々なウイルスや悪玉菌などを、体内に常駐させてしまう活性酸素を退治してくれるものです。

さらに、悪影響を及ぼすものを排除するだけでなく、次に侵入してくる害に備えて免疫力を高めてくれます。体内に、優秀な警備員を配置するようなイメージです。

これにより、老化をうながす動脈硬化などの、血管をつまらせるような成分が除去されて、血液の流れが速やかになります。

よって、栄養が細胞に届きやすくなるので、肌にいいといえるわけです。

美味しいうなぎ料理の種類

うなぎが、いかに優れた食材かが分かれば、安心して食べることができます。

大抵、人間が好んで食べるものというのは、栄養が偏っていたり、身体にあまり良くないものだったりするのですが、美味しくてさらに健康にも良いとなると、まるで魔法の食材のようだいっても過言ではありません。

そんなうなぎを、飽きずに美味しく食べたいと思うのであれば、調理方法について知っておくのもおすすめです。

代表的な蒲焼きについてですが、実は関東と関西で主流の調理方法が異なります。関東では背開きし、調理の過程で蒸すという作業が組み込まれます。関西は腹開きで、そのまま焼かれます。

とくに違いはないように思えてしまいますが、実際に食べてみると、食感やのどごしが変わります。

おなじみのうな丼やうな重も、ごはんとうなぎがサンドイッチのように重なっているものや、複数匹の美味しい部位だけを乗せたもの、また一匹をまるごと乗せたものなど種類が豊富です。

それなりの値段のする高級食材ではありますが、健康に勝るものはありません。自分の好みのうなぎ料理をぜひ追求してみましょう。

最後に

長く愛されつづけている食材には、相応の歴史と食文化があります。

同時に、その根拠を決定づける栄養素がきちんと含まれているというのは、昔の人の本能的な知恵と経験がいかに素晴らしかったのかが分かります。

うなぎは、学術的にも大変面白い食材です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

  • Title

    […]check below, are some completely unrelated web sites to ours, nevertheless, they’re most trustworthy sources that we use[…]

  • Title

    […]usually posts some quite fascinating stuff like this. If you are new to this site[…]

  • Title

    […]we prefer to honor quite a few other world-wide-web internet sites around the internet, even though they aren’t linked to us, by linking to them. Underneath are some webpages worth checking out[…]

  • Title

    […]very handful of websites that transpire to be comprehensive beneath, from our point of view are undoubtedly very well worth checking out[…]

  • -->

    関連記事

    本当にダイエットに効果のあるスーパーフードは?

    モデルや芸能人などの間で優れた美容アイテムとして人気を集めているのが、スーパーフードと呼ばれるダイエット食品の数々です。 ここ数年でかなり耳にすることも多くなってきましたが、具体的にどんな食品のことを …

    肌にいいベータカロテンは【モロヘイヤ】で摂ろう!

    モロヘイヤは、エジプトやアラビア半島で、5000年以上前から食べられている緑黄色野菜です。 重い病を患ったエジプトの王様が、モロヘイヤのスープを飲み続けたことで完治したという逸話から、「王様の野菜」と …

    モロッコのコーヒーを楽しもう

    コーヒーには色々な種類が存在していますが、海外では変わったタイプの飲み方をするものがあります。 そういう種類の一つがモロッコのコーヒーで、この地域の飲み方は世界的にも変わった特徴を持っています。

    女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【果実酒を作る】

    中華料理などを食べに行った時に、薬膳料理やお粥に入っていたり、デザートの杏仁豆腐に乗っかっている、鮮やかな色をした小さい赤い実を目にした事はありませんか。

    まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【わかめ】

    まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐は、入れると美味しくなる薬味として、海藻のわかめがあります。 意外と感じるかもしれませんが、程よい塩加減と味わいは薬味として、立派にお豆腐を美味しくさせる格上げ要素となり …

    楽天モーションウィジェット