大人だからこそ夢中になる!バイク模型の楽しみ方

バイク模型
世の中にはバイクに夢中になっている人たちが沢山います。

実際にバイクを所有してツーリングやサーキット走行を楽しんでいる人や、バイクは所有していないけどバイクに憧れを抱いている人たちなど様々です。

そのような人たちの心を鷲掴みするものがバイクの模型です。

スポンサーリンク

バイク模型の楽しみ方

バイクの模型は様々な模型メーカーから発売されています。

スケールも机の片隅に飾っておける小規模なものから、大規模スケールのものまで様々です。

また、完成品と組み立て式のプラスチックモデルの両方が発売されています。

バイクの模型は、模型製造メーカーによって仕様が異なります。
完成品のみを製造しているメーカーや、完成品とプラスチックモデルの両方を製造しているメーカー、プラスチックモデルのみを製造しているメーカーなど様々です。
また、模型のクオリティもメーカーによって異なります。

小規模スケールのものは細部のディテールが省略されていますが、全体的な雰囲気は実車に近いものとなっています。
大規模スケールのものになってきますと、実車をそのまま縮小したかのようなクオリティで、エンジンやサスペンション、ブレーキ等の細部のディテールまで細かく再現されています。

バイクの模型は様々な車種が商品化されています。
レーサータイプのスーパースポーツバイクやツーリングバイク、ネイキッドバイクやアメリカンバイクなど多岐にわたります。

それだけに、コレクション性が高いジャンルの模型と言えるでしょう。

小規模スケールのバイク模型を飾って楽しむ

バイクの模型を沢山コレクションしたいという人は、小規模なスケールの模型が適しています。

コレクションをしていますと、どうしても置き場所が無くなって困ってしまいます。

小規模スケールですと、省スペースになりますので、コレクションしやすいです。

また、小規模スケールのものは、価格がリーズナブルである点が特徴的です。

大量に購入いわゆる大人買いをしても、それほど大きな出費にはならないところが魅力的です。

沢山のバイク模型に囲まれたいという人は、小規模なスケールのものが良いでしょう。

大規模スケールのバイク模型を飾って楽しむ

その一方で、細部のディテールまでこだわりを持つ人にとっては、大規模なスケールのものが適しているでしょう。

大規模スケールになりますと、細部がより精巧に再現されていますので、実車さながらの存在感を放ちます。

ですから、コレクションケースに入れて飾っておくと、それだけでオブジェとして十分に成立する存在感があります。

ただ眺めているだけで、自分が実車を所有しているような気分になり、心が満たされることでしょう。

また、大規模スケールのものは、実車に限りなく忠実に再現されていますので、実車の構造を勉強することも出来ます。

そういう点から考えますと、実車を実際に所有している人が、大規模なスケールの模型を所有するケースが多いでしょう。

バイク模型のプラスチックモデルを作って楽しむ

完成品ではなく、プラスチックモデルを購入して自分で組み立てる際は、組み立てる工程を楽しむことが出来るメリットがあります。

プラスチックモデルを組み立てる過程で、実車の構造がどのようになっているのか、確認しながら組み立てることが出来ますので、それも楽しみのひとつと言えるでしょう。

プラスチックモデルの場合は、塗装することを前提としていますので、自分で塗装する必要があります。

実車に忠実に塗装するもよし、自分好みのカラーに塗装するもよし、様々な楽しみ方が出来るのです。

また、プラスチックモデルは一から組み立てますので、腕に自信のある人は自分流にカスタムすることが出来ます。

これは実車も同様です。

カスタムすることによって、世界に1台だけのバイク模型を作ることが出来るのです。

このフレキシブルな感じが、遊びの幅を大きく広げてくれます。

バイク模型にフィギュアを乗せて楽しむ

バイクの模型を楽しむ方法の1つに、手持ちのフィギュアと絡ませて遊ぶという方法もあります。

可動式のフィギュアになりますと、バイクの模型に跨らせることが出来ます。

フィギュアを乗せますと、これがなかなか様になるのです。

色々なフィギュアを乗せて楽しんでいますと、まるで自分が実車に乗っているかのような錯覚を覚えます。

また、様々なフィギュアを乗せることで、新しい発見があったりします。

このキャラクターにはこのようなタイプのバイクが似合うのかといった、いわゆるコーディネートの参考にもなるのです。

実車を所有している人なら、なおさら参考になるかもしれません。

最後に

このように、バイクの模型は多様な楽しみ方があります。
小規模スケールのものを集めてコレクションする楽しさがありますし、大規模スケールのものを購入して、一点豪華主義的な感じでオブジェとして眺めて楽しむ方法もあります。
プラスチックモデルですと、組み立ての過程で構造を確認しつつ、カスタムして楽しむ方法があります。
バイクの模型の世界はとても奥深いものなのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-,

関連記事

全日本模型ホビーショーに参加して模型やフィギュアの魅力に触れよう!

おもちゃを扱うイベントはたくさんありますが、その中でも全日本模型ホビーショーは東京ビッグサイトで行われて規模もかなり大きいです。

天賞堂の鉄道模型の魅力と特色

日本が誇るホビーメーカーとなった「天賞堂」は、銀座に本店を構え、貴金属や宝飾や時計などを扱っている会社でもあります。 明治12年に創業された歴史のある会社ですが、中でも有名なのは「鉄道模型」です。

みんなが懐かしの食玩!グリコの魅力

当時、図書室で簡単な本を借りることが日課だった高校生の私は、大変興味深い本を見つけたことがあります。 手に取った瞬間、わくわくとした感情が起き上がったことを今でもよく覚えています。 カラフルでこまごま …

インジェクションのガレージキットの特徴は?メリット・デメリットについて

プラモデルの成形によく使われるインジェクションについて紹介します。

大人がはまる!ドールハウスの魅力

ドールハウスは老若男女に人気があり、世界中に愛好家が存在します。 日本ではシルバニアファミリーが馴染み深いですね。 特に大人がはまることが多いドールハウスの魅力を紹介します。 スポンサーリンク ドール …

楽天モーションウィジェット