美容やファッションに関わる資格:美容師国家試験

美容師
美容師国家試験は、その業界で仕事をするなら誰もが目指す資格です。

特に美容師は数ある資格の中でもトップクラスにメジャーなので、この仕事を目指したことがなくとも、資格の存在自体は知っている人がほとんどではないでしょうか。

スポンサーリンク

美容師国家試験はどんな資格?美容師の魅力

実際に理美容店で就職し、来店したお客様の髪を切るには美容師試験、理容師試験のいずれかに合格している必要があります。

美容師試験の資格としての最大の魅力は、やはり国家資格であるということでしょう。

看護師や弁護士などと同様、国からのお墨付きが与えられている仕事は安定していて強い、ということは皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

美容師試験は上に挙げた2つの資格に比べたら、収入や社会的地位という意味では低いイメージがある人が多いかもしれません。

しかし、資格としての強さで言えば全くそんなことはなく、国家試験に合格さえすれば、就職率はほぼ100%で、求人がないということもまずあり得ません。

むしろ、この業界は優秀な若手美容師が不足しがちなので、試験に合格した後は売り手市場で、希望通りのサロンなどに就職しやすい業界でもあるのです。

完全な技術職ではなく、接客スキルが必要なことや下積み時代の苦労など、特有の難しさが付きまとう仕事なので、確かに離職率は一般的なサラリーマンなどに比べれば高い傾向にあります。

しかし、後述するように、美容師は資格取得のために学ぶことや就職してから経験することで、単純な専門技術だけではなく、社会で生きていくために必要な様々なスキルを学べる仕事でもあるのです。

美容師の実際の仕事内容は?

では、実際に美容師というのがどんな仕事なのか見ていきましょう。

皆さんがイメージするように、メインの仕事はお客様の髪を要望通りにカットすることです。

他には、営業中は来店したお客様への対応や会計、サロンの開店前には掃除や朝礼がありますし、閉店後は掃除、ミーティングなどが設けられることもあります。

カット中もハサミを動かすだけではなく、シャンプーをしたりマッサージをしたりするのも、もちろん美容師の仕事ですね。

さらに、サロンに就職したばかりの新人はいきなりお客様のカットを任されることはありません。

まずは受付や会計などの対応、そして先輩のお客様のシャンプーだけ、マッサージだけ、カラーリングだけ、といった部分的な仕事を与えられる下積み期間を必ず経なければなりません。

カットの練習はお店の閉店後に若手で集まってしてみたり、いわゆるカットモデルという形で友人などに格安で来店してもらったり、空いた時間を使ってあの手この手でやるのです。

一般的にこれが2~3年続き、下積み時代を乗り越えてプロの技術と知識、接客などのマナーを身につけた者だけが、一人前の美容師としてお客様のカットを任されます。

美容師の休みや給料は?

さて、休日や給料がどれくらいなのか、というのも誰もが気になるところです。

実際、新人美容師の給料は普通の会社員と比べれば決して高くはありません。

サービス業である以上、業務時間も長くなりがちで、好きなときに休むということも難しいでしょう。

しかし、誰もがこの仕事を好きで夢を持ってやっており、待遇に不平不満を言う人の割合は普通の民間企業よりずっと少ないのです。

そして自分のサロンを持ったり、芸能人の専属スタイリストになるなど、出世を若いうちから遂げる人も決して少なくありません。

総じて、実際に働きながら大きな夢を追いかけられる仕事であると言うことができるでしょう。

美容師国家試験に合格するには、専門学校で何を学ぶ?

美容師試験に合格する一番の近道は、やはり専門学校に入ることです。

専門学校には2種類あり、文部科学省から認定を受けている専修学校と、認定を受けていないスクールがあります。

認定を受けていないスクールでも、圧倒的な知名度や実績を誇りながら、方針であえて認定を受けていない学校もありますから、認定の有無だけでは一概に言えません。

しかし、全国規模の大手学校法人などはほとんどが認可校なので、まずは認可を受けていて名前も聞いたことがあるような専門学校から探すと良いでしょう。

専門学校で用意されているコースは、夜間や通信などでない限り、ほとんどが2年制です。

最近は入学してすぐ、学生が望む就職先などのカウンセリングから始めるキャリア教育も授業と並行して進めるのがトレンドです。

さらに基礎スキルの実習や国家試験突破の対策だけではなく、業界でプロとして活躍するためには必須の接遇マナーや教養、常識といった社会人として必要な勉強も大学以上に厳しく教えられます。

将来、美容師としての幅を広げるために、美容師試験に必ずしも対応していない他のコース、例えばブライダルやネイル、メイク、エステといった分野の授業を同時に受けることができる学校も増えています。

専門学校といえば、ひたすら専門技術を突き詰めていくイメージがありますが、特定の専門技術、自分のやりたいことだけでは必ずしも通用しない社会の厳しさを将来耐え抜くため、ある意味、他のどんな種類の学校よりも学校らしい教育を受けられることも、この資格とそれに対応した専門学校の大きな特徴と言えそうです。

美容師試験公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格

関連記事

外国語を学ぶ資格:中国語コミュニケーション能力検定(TECC)

近年、世界中の国々の中でも目覚ましい発展を見せる中国ですが、日本でも中国に工場を進出したりビジネスパートナーとして提携したりしている企業が数多くあります。 こういった流れの中で、現在ではグローバルに仕 …

女性に役立つ資格:社会保険労務士

女性の社会進出が広がりを見せている中、資格を持っていることは就職や転職に有利になります。 注目度の高い資格として「社会保険労務士」があり、法律的な仕事を行うことができます。

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:機関当直3級海技士(機関)

海技資格には船舶の部位によって、いろいろな資格があります。 主だったものでは船長・航海士に必要な海技士(航海)と、機関長・機関士に必要な海技士(機関)とがあります。 それぞれ1~6級のランクに分かれて …

イベント好き必見!作品作りの関わる資格「レコーディングエンジニア」

レコーディングエンジニアとは、音楽作品を制作するスペシャリスト(技術者)です。私たちの身の回りには、音楽作品で溢れていると言っても過言ではありません。 お店に入ればBGMが流されていますし、テレビや動 …

英語の資格が活かせる仕事:秘書

自分が長年努力してきたことを仕事として活かすことができれば、人間にとってこれほど幸せなことはないです。 長い年月をかけて努力して幸運にも英語をマスターすることができ、社会からも評価されている資格を取得 …

楽天モーションウィジェット