美容やファッションに関わる資格:美容薬学検定


美容薬学検定は美容と健康のために活かせる資格です。

健康ブームの世の中だからこそ、取っておくと一目置かれる存在になれるかもしれませんね。

スポンサーリンク

美容と健康に興味のある人にオススメ

例えばドラッグストアの店員であれば、コスメやサプリ、健康補助食品など多岐にわたる知識が必要になります。
単に薬を扱っていればいいといいうわけではなく、日用品レベルのものを扱う必要が出てきます。
スキルアップのために美容薬学の資格が役立ちます。

美容の分野に携わるビューティアドバイザーやカウンセラーなどの職種でも役立つでしょう。
もちろん、生活を楽しくするために趣味として身につけておくのもいいです。

美容薬学検定の受験資格は誰にでもあります。
国家資格ではないものの、取得しておけば、仕事によっては就職や転職に有利になる可能性もあります。

家族や友達から美容や健康の製品について聞かれて、そこで教えてあげるということもできます。
資格の勉強をして知識を身につけておけば、普段のコスメやサプリ選びも間違った情報に振り回されることなく正しく判断できるようになります。

今の時代は情報過多でありながら、正しい情報を選び取るのは難しくなっています。
コスメやサプリは医療品に比べれば使用リスクは低いものの、自分にあったものを選ばないと効果が期待できなかったり、体に良くない影響を与えてしまうこともあります。

美容薬学検定を受けて正しい知識を身につけておけば「なぜこれがいいのか」「どういう仕組みで作用しているのか」など正しく判断できるようになります。

美容薬学検定の試験は1種類

美容薬学検定試験はレベルごとに分かれているわけではありません。

1級と2級がありますが、どちらも同じ内容の試験を行います。
そして、正解率70%以上で1級合格、60%以上で2級合格、60%未満で不合格となります。

問題数は全部で70問で、これを120分かけて行います。
解答はマークシート方式で、基礎科目30問、専門科目40問となっています。

基礎科目は、からだや皮膚の構造、肌トラブル、抗菌・抗ウィルスや消毒などの衛生管理についての問題です。

専門科目は美容・エステ・コスメなどに関する専門用語、化粧品・医薬部外品の美容成分に関する問題、サプリメント・保健用食品の成分に関する問題です。

技術的な問題は出題されないので、テキストで知識を身につけておけば対策できます。
また、極端に難しい問題は出題されないことになっているので、基本事項を身につけておけば合格点を狙えるでしょう。

ちなみに、美容薬学検定は「薬学検定」と同時に主催されているので、併願して受験することができます。
ただし薬学検定1・2級は試験時間が被っているので、併願できるのは3・4級だけです。
一緒に取りたいという人はまとめて受けてみてもいいでしょう。

美容薬学検定は民間資格で、実務制限も学歴制限もありません。
また、年齢制限もないので本当に誰でも受けられる試験です。

仕事のために取っておくのもいいですし、趣味として、自分磨きとして取っておくのも良さそうですね。
知っておけば日常生活で役立つ知識がたっぷり身につくので、試験勉強をするメリットは大きいでしょう。

プラスαの資格として就職に有利になる

美容薬学検定に合格すれば資格欄に書くことができますが、これだけでは就職にはやや力不足です。

しかし、看護師や薬剤師、エステティシャン、ネイリストなど美容・健康関係の仕事の資格を持っていて、プラスαとして取るのであればかなり強みになります。

1つの資格だけでは同業種の人と差別化できませんが、これに加えて美容薬学の資格を持っていれば、就職や転職の時に募集先の興味を惹くことができる可能性が高くなります。

医療系、美容系、食品系などの仕事に就きたいと考えている人は、コスメやサプリ、健康食品の正しい知識を身につけておけば仕事の幅が広がるでしょう。
また、求人側でも色々できそうな人と判断してくれる可能性もあります。

さらに、自分自身の生活でも肌トラブルや食品によるトラブルなどに対応できるようになります。
肌トラブルが多くて化粧品ジプシーになっているような人ならば、改めて成分やからだの構造・肌の構造から学び直すことで正しい化粧品やスキンケアについて理解できるかもしれません。

ダイエットしたい人なら、健康に役立つ栄養素について学ぶことで自分に必要な栄養素がわかるようになるでしょう。

こうやって自信が出てくれば、他の人にもアドバイスできるようになります。
家族や友達から化粧品やサプリについて質問された時に答えられればスマートですし、相手からも喜んでもらえます。

ネットを使えばブログで専門的な記事を書くこともできます。
正しい知識を広める活動を行なって、たくさんの人を助けてあげられるでしょう。

美容薬学検定公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

雇用形態いろいろ。契約社員として働くメリット・デメリット

雇用形態には、いろいろなものがあります。ここでは、契約社員として働くメリットとデメリットについて、解説していきます。 一般的には、契約社員の方が正社員のような雇用形態と比較すると、良くないイメージもあ …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「色彩検定」

資格や検定試験には、日本だけでも1000種類以上はあります。その中でも、色の資格はいくつかあり、色彩検定やカラーコーディネーター検定などがあります。 このうち、ファッション系の仕事の役に立ちやすいのが …

女性に役立つ資格:フードコーディネーター

近年では、女性に人気の資格の一つに「フードコーディネーター」があります。 年齢制限などはなく、いつでもチャレンジできる資格の一つです。

主婦にオススメの資格「保育士」

保育士とは、日本の国家資格の1つで、小学校に入学する前の0歳から6歳までの幼児の保育を、保護者に代わって担う人のことをいいます。 保育士資格は一度取得すると、更新する必要がありません。 そのため、資格 …

成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「臨床心理士」

人の心は複雑で、時には心の乱れが健康に悪影響を与えることもあります。誰でも落ち込んだり悩んだりすることはありますが、それは一過性のものであり長く続くことはありません。 しかし、ストレスをうまく発散でき …

楽天モーションウィジェット