ボードゲーム「ブラフ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

ブラフはどんなゲーム?

ブラフという単語は日常でもよく聞きますが「ハッタリ」という意味です。

その名の通り、ハッタリが大きくゲームを左右するスリリングなゲームです。

ブラフはドイツ発祥のゲームで、1993年にはドイツゲーム大賞に輝いています。

やるべきことは単純で、全員がダイスを振って、ダイスの特定の目がその場にいくつあるかを予想するというものです。

プレイ自体は単純なのですが、「確率から考えてその目がいくつ出ているはずだ」ということが分かっていないと、勝つことはなかなか難しいでしょう。

また、正直に考えているだけでは勝てません。

ハッタリも大事な要素になってくるのです。

ブラフの遊び方・ルール

プレイ人数は2~6人、プレイ時間は30分ほどです。

プレイヤーは多い方が盛り上がれますし楽しいでしょう。

パッケージに入っているアイテムは、ボード1枚、小さめのダイスカップ6こ、大量の黄色いダイスと1個だけ赤いダイスです。

各プレイヤーにダイスカップ1個と黄色いダイス5個を配ります。

ブラフのダイスには1~5と「☆」のマークが書かれています。
この☆マークはオールマイティと言って、必ず予想する数字に含めてカウントしなければなりません。

中央にボードと赤いダイス1個を置き、ゲームがスタートします。

カップにダイス5個を入れ、全員が一斉にカップを振って机に伏せます。

各人は他人に見られないように、自分のカップの中身だけを確認します。

他の人のカップの中身は見ることが出来ません。

自分のダイスの出方を見て、全体で特定のダイスの目がいくつ出ているかを予想します。

例えば3人でプレイしている場合、自分のカップに1が2個出ていて、他の人に1が最低でも1個ずつあるだろうと予想したら、「1が4個」というように宣言します。

そして中央のボードの4のマスに赤いダイスの目を1に合わせて置きます。

次の順番の人は、必ず前の人よりも多い数を予想しなければなりません。

例えば「2が5個」と言えばokです。

宣言したら赤いダイスを自分の宣言通りの場所に進めます。

もしも、次の人がそんなにその目は出ていないと思ったら「ブラフ」を宣言して、全員のカップを公開して確認します。

実際の個数が予想の数より少なかった場合はブラフをかけた人の勝ちとなり、予想した人は実際の数と予想数との差の分だけダイスを返上します。

実際の数が予想より多ければブラフは失敗で、ブラフをかけた人が差を返上します。

これを繰り返し、ダイスが無くなった人から抜けていき、最後に残った人が勝者となります。

ハッタリが勝敗を分ける!

ブラフに勝つには、その目が全体で平均どれくらい出るはずだという知識が必要ですが、ハッタリも大きな要素になります。

いつも正直に平均値を考えてばかりでは勝つことは出来ません。

例えば、最初にダイスを振った時、自分の手の中に1が全く出ていない場合でも「1が3個」と宣言したとしましょう。

すると、プレイヤーの中には「あの人は手の中に1が3個あるから最低でも3個と予想できたのだ」と考える人がいるでしょう。

もしも、その人が自分の手の中にも1が2個あって、前の人と合わせると5個になると思って「1が5個」と予想したとします。

ここでブラフを掛けられると、実際には初めの人は1が全くないため予想が外れてしまい、ダイスを返上しなければならなくなってしまいます。

このように、確実に自分の手の内容を踏まえてゲームを進めるだけでは、とんだハッタリに引っかかってしまうことになるのです。

ブラフは誰が本当のことを言っているのか、ハッタリを言っているのは誰かなど、人間間の観察や騙しあいも大変重要なポイントになるゲームです。

返上したサイコロはボードの中央部にきちんと並べて置かれますが、このボードを見ると、現在の目の出る平均値がいかほどなのかを一目で把握できる仕組みになっているため、確率の分からない小さなお子様でも、それだけを知っていれば難しいことを考えなくても大丈夫です。

簡単なルールでとっつきやすいけれども奥が深いボードゲーム「ブラフ」は手軽に遊べるため、いろいろなシーンで楽しむことが出来るでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

Blue Fairyのドールの魅力!お迎え方法は?

韓国のドールメーカー、Blue Fairyのドールについて紹介します。

プラモデルやフィギュアの塗装に!タミヤ ウェザリングマスターの特徴と使い方

プラモデルやフィギュアを作る時、塗装は仕上がりを左右する重要な工程で、追求を始めると奥深い世界です。 塗装で一手間を加えれば、作品は説得力のある魅力的な仕上がりになるので、そうした塗装に関する商品への …

当たった人は幸せになれる?海外の食玩文化

食玩というと、子供の頃に買ってもらったおまけ付きのキャラメルやガムを思い出しますね。 食玩は食品におまけとしておもちゃを付け添えた物の総称で、お菓子業界では玩菓とも呼ばれています。 食べられるおもちゃ …

フィギュアの塗装に!ソフビカラーの特徴と使い方

ソフビカラーは、ナガシマが販売しているPVC(塩化ビニル)用塗料です。

トレーディングカードゲーム「ヴァイスシュヴァルツ」の魅力とは?

ヴァイスシュヴァルツは、アニメやゲーム製作会社の垣根を取り払い、多数の作品が参戦しオールスターバトルを繰り広げます。

楽天モーションウィジェット