人気のヘアスタイル「ボブ」のメリット・デメリット

ボブのヘアスタイルは、ここ数年ヘアサロンでオーダーする方が多くなる傾向にあります。

有名人でも、ロングヘアからボブヘアにイメージチェンジする方があとを絶たないほどの人気ですが、その理由としては、多くのメリットがあるのが理由と考えられます。

スポンサーリンク

ボリュームをアップさせる効果も

ボブヘアのメリットは、手入れが楽なことが挙げられます。ロングヘアの場合と比べて、シャンプーやリンス、トリートメントを使う量も少なくて済みますし、ブラッシングも非常に楽です。

ロングからイメージチェンジした場合は、頭が軽くなったと感じることは少なくありません。長かった髪の毛を、ボブスタイルにすることのメリットとしては、髪がボリュームアップしたように見えることです。

ヘアスタイルがロングの場合、髪の毛の重さでボリュームダウンして見えがちですが、ボブヘアの場合には、空気を含んでふんわりするようにカットしてもらうことで、ボリュームがアップしますので、薄毛や抜け毛に悩んでいる方にはおすすめの髪型です。

女性の間でも、近年薄毛に悩んでいる方は若い方でも多い傾向にありますが、そのような場合は、レイヤーを多めに入れたヘアスタイルにすると、ふんわりとボリュームのあるイメージにすることが出来ます。

薄毛が気になるからと言って、髪の毛を切らないでいると、髪の重さで分け目が目立ってしまいますので、思い切って短くしてみてはいかがでしょうか。

スタイリングで小顔効果も期待できます

ボブのヘアスタイルのメリットとしては、若く見える点があります。ロングヘアは、大人っぽく見えるメリットがありますが、逆に肩のあたりで切りそろえたヘアスタイルは若々しく、躍動感があるイメージに見せることが出来ます。

髪の毛の長さは、短いほうが動きをつけやすくなりますので、ヘアアイロンやヘアワックスなどで空気感のあるスタイリングをしやすくなり、小顔効果が期待できるのも魅力です。

スタイリングしやすくするためには、少なくとも2か月に一度くらいはヘアカットをするのがおすすめです。

それほど伸びていないように見えても、少し切ってもらうだけでかなりイメージがかわりますので、定期的なお手入れをおすすめします。

女性に多い抜け毛の悩みは、頭皮のトラブルが原因になることがわかっていますが、頭皮にトラブルが出やすい方は、頭皮のケアをしやすいボブスタイルが最適です。

髪の毛が長いと、ドライヤーで乾かすのも一苦労ですが、髪の毛が短くカットされていると、ドライヤーをかけて隅々まで乾燥させるのにそれほど手間がかからないのも利点です。

メリットだけでなく人によってはデメリットも

ボブスタイルのメリットとしては、カラーリングやパーマをかける時の料金が安い点があります。

一般的にヘアサロンでは、ロングやセミロングは追加料金が取られますが、ボブスタイルの場合、そういった追加の料金が発生しないケースが目立ちますので、コストパフォーマンスに優れた髪型と言えるでしょう。

逆にデメリットといえば、あまり伸ばしっぱなしにしていると、バサバサした感じが目立つケースがあるので注意が必要です。

アレンジを工夫して、毛先が目立たないようにするアイディアもありますが、数か月間放置すると、異なる髪型になってしまいますので、あまり頻繁にサロンに通わない方は長めのボブスタイルにするのがお勧めです。

ボブのヘアスタイルのデメリットというと、髪質によっては、はねやすくスタイリングしにくいというケースがあります。

これは、直毛の方や髪の毛が太い方に多いケースですが、髪の毛が肩に当たることではねてしまい、元に戻りにくくなったり、寝癖がつきやすいといったことが考えられますので、そのような悩みがある方は、スタイリストに相談すると良いでしょう。

パーマをかけると一層扱いやすく

ボブのヘアスタイルは小顔効果が抜群ですので、輪郭に悩みがあったり、少しでも顔を小さく見せたい方はボブのヘアスタイルを選ぶのが良いでしょう。

ヘアアイロンを使えば、以外にもスタイリングは簡単ですし、ドライヤーも短時間で仕上げることが出来ます。小顔効果が絶大ですので、全体のバランスが取り易く、ファッションがおしゃれに見える利点があります。

又、ショートヘアと異なり、ヘアアクセサリーなどを使ったアレンジをしやすいのも魅力です。頭の形が悪い方も、ロングヘアよりボブヘアが適しています。

後頭部がふんわりふくらむようにカットしてもらうことで、頭の形が悪いコンプレックスを解消することができます。

髪質がストレートすぎて、スタイリングがきまらないという方は、緩くパーマをかけるとより扱いやすくなります。

あまり強めにかけなくても、大きなロッドでランダムに巻いてもらうと、最近流行のファッションにも似合いやすくなりますし、扱いも楽です。

パーマをかけておくと、ヘアアイロンでスタイリングする手間も省けますので、忙しい方に適しています。

最後に

人気のヘアスタイルの中でもここ数年、ボブヘアが特に注目を集めています。

若く見える効果や、小顔効果が期待できる上、髪の毛のボリュームを簡単に出すことが出来る点が支持され、ヘアサロンでも多くの方がオーダーしています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ
-, ,

関連記事

ヨガで健康的にダイエット!効果が出る期間は?

ダイエットを行う場合、食事によるカロリーコントロールと運動による脂肪燃焼が基本的なもので、これらを続けていくことによって健康的なダイエットを行うことができます。 食事だけを極端に制限してしまうと、痩せ …

本当にダイエットに効果のあるスーパーフードは?

モデルや芸能人などの間で優れた美容アイテムとして人気を集めているのが、スーパーフードと呼ばれるダイエット食品の数々です。 ここ数年でかなり耳にすることも多くなってきましたが、具体的にどんな食品のことを …

ファスティングダイエットで痩せる?メリット・デメリット

体の中からすっきりして綺麗に痩せたいときには、ファスティングを行うことをおすすめします。 体内に溜まった余計な老廃物をなくせるのでダイエット以外のメリットもありますが、デメリットもあるので行うときは十 …

マンネリを脱出!寒い冬でもあったかい重ね着コーデ♪シャツワンピース×ロング丈ニット

寒い冬の季節になると コーディネートはワンパターンになりがちです。 いつも同じような組み合わせで 人から新鮮味がないと思われているのではないかと不安になるものです。 スポンサーリンク 冬は防寒重視? …

気になるおしりを部分痩せする方法

下半身太りはスタイルも決まらず格好のいいものではありません。 ボリュームのあるおしりが美しいとされる欧米とは違い、日本では小尻がもてはやされています。 きゅっと上がった小さいお尻を目指すための部分痩せ …

楽天モーションウィジェット