貿易事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

求人の広告やサイトでよく目にする、「貿易事務」の文字。

なんとなくふつうの事務より時給も高いし、世界を相手にしていてカッコいいけど、今一つ仕事内容はピンと来ない。

そんな貿易事務のお仕事について、具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

貿易事務とは、その業務内容

貿易事務は、その名の通り貿易、つまり輸出入を行う企業・部門においての、事務全般のことを指します。

大企業であれば、貿易部門といってもその規模が大きいため、そこの事務職全員が特別な仕事をするわけではなく、普通の事務職と変わらない仕事内容の人もいます。

とはいえ、大半の企業では、やはり輸出入に関わる仕事を割り振られるでしょう。

仕事は多岐にわたりますが、基本的には商品の輸出入に関する書類作成や、相手方との電話・メール連絡が主となります。

扱う言語は英語がメインですが、相手国によっては中国語やポルトガル語などが必要となりますし、日本はもちろん相手国の輸出入、関税、検疫等の申請や仕組み、関連法の知識も求められる、非常に専門性の高い事務職です。

資格や業界経験○年といった項目は必須ではありませんが、未経験者にとっては覚えることも多く、ややハードルの高い仕事です。

とはいえ、研修制度がしっかりしていれば、経験と知識を身に着けて、キャリアアップをはかれる仕事でもあります。

語学に自信があったり、主な取引国となる国に滞在経験があったりすれば有利であるため、そういったものを持った人にはおすすめできます。

やはりポイントになるのは語学力

やはり細かい連絡メール、電話対応、相手国への申請書類作成など、事務仕事ながら語学力が必要となる仕事内容です。

ただ、必ずしも「ペラペラ」でないと働けないわけではありません。急を要する場合を除けば、基本的には書面やメールのやり取りですので、「スピーキング・リスニング」よりも「ライティング・リーディング」の能力が、重要となります。

特に重要書面の読み書きに誤解があると、致命的ですから、文法の能力というのがとても大事です。

この点、長い留学や滞在経験で「何となく身につけて」しゃべれる人よりも、会話は苦手ながら文法を「きちんと勉強して身につけた」人の方が、向いているといえるでしょう。

もちろん会話力も必要とはされますので、前者であれば、足りない文法力を学んで補えばいいだけです。

扱う商品や、申請の際の法律用語などは、仕事をしていくうえである程度決まった言葉しか出てこないため、「単語力に不安がある」という人も心配は要りません。

文法は、ビジネス用でも構いませんし、大学受験用の教材でも勉強することが出来ます。

不安な人は、学生時代のテキストをやり直してみると良いでしょう。

輸出入の法律や申請形式を知ることも必要

語学力がないと厳しい貿易事務の仕事ですが、もう一つ必要なのが輸出入に関する知識です。

国内の売買であれば不要な、さまざまの手続きの隅々まで熟知していないと、スムーズな取引が困難になります。

とくに輸出業を主としている場合、船便なら到着まで何か月もかかります。その手続き(通関など)に、不備があって発送できないとなれば、スケジュールが大変なことになってしまいます。

型通りの手続きだけでなく、イレギュラーな事態にもきちんと対応できるよう、周辺の法律や事例についてよく知っておく必要があります。

また、決済のための外国為替や相手国の景気・物価など、素人にはハードルの高い経済関係の知識も要るでしょう。

無論、それぞれ「法律」「会計」等のエキスパートは、各企業分担して存在しており、一人ですべてに精通する必要はありませんが、全く知らないというわけにもいきません。

少しずつで良いので、学び続けるという姿勢が取れる人であれば、この仕事はいくらでも専門性を身につけられますので、新しいことを知りたい、学びたいという人にはおすすめの仕事です。

未経験でもできるけれど

先述のように、学ぶ気があれば、未経験でも貿易事務の仕事はやっていけます。

とはいえ実務経験や、資格があれば最初から優遇してもらえますので、未経験のうちは一つ資格を取っておくのが良いでしょう。

語学であればTOEIC、英検などの高得点や高い級を。

また、「通関士資格」も有効ですし、その名の通り「貿易実務検定」を持っていれば、ちゃんと学ぶ気があるというアピールになります。

最初から難しいものは狙わず、自分の手の届く資格からチャレンジしてみましょう。

これは、語学を学ぶ際にもそうですが、主要取引相手国の文化や宗教などについて学び、理解してリスペクトする姿勢も重要です。

イスラム教の方との会食は、戒律について何も知らない状態で行うわけにはいきませんし、日本では問題にならなくても、国ごとに「やってはいけない行動」「言ってはいけない言葉」なども、存在します。

商習慣や商道徳、倫理観の相違もあるはずですから、そのあたりをしっかり理解したうえで、相手と接するおおらかさ、いわば国際人感覚が求められる仕事と言っていいでしょう。

最後に

単なる入力作業や電話応対以上のものを、いくつも求められる、見方によってはハードな貿易事務の仕事。

でも裏を返せば、成長の余地が非常に大きい仕事とも言えます。

「事務仕事が好きで、でも専門性も欲しい」という方にピッタリのお仕事ですので、気になった方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

将来的に独立ができる国家資格「行政書士」

国家資格にもいろいろありますが、手っ取り早く独立したい、自分の力で仕事を成り立たせたい、と思う人には、行政書士が狙い目です。

豊かな知識が身につく!世界遺産検定とは?

世の中には数多くの資格や検定がありますが、就職や仕事のスキルアップに直結するようなものから、趣味として知識の幅を広げるものまで様々です。 その中の1つに「世界遺産検定」があります。 旅行業界の方は役立 …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:無人航空従事者試験(ドローン検定)

科学技術の革新にともなってドローンと呼ばれる無人航空機が登場したことで、日常生活へ色々な影響を与える可能性が出てきました。 今まで簡単に撮影することができなかった空撮が可能になったりなど、様々な分野で …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「諺能力検定試験・ことわざ検定」

ことわざは、日本の代表的な文化の一つです。 昔の人たちの知恵や、教訓が盛り込まれた日本語であり、小学校の学校教育などで学ぶ機会も少なくありません。

外国語を学ぶ資格:実用フランス語技能検定試験(仏検)

インド・ヨーロッパ語に属する言語の1つにフランス語があります。 英語に次いで世界で2番目に使用されており、国連や欧州連合といった国際機関の公用語としても認められています。 英語とともに世界的な活躍を目 …

楽天モーションウィジェット