ボルダリング上達への道:必要な筋力をつけるトレーニング方法

ボルダリングをしている女性
ボルダリングは用意する物も少なく、実際にボルダリングを行えるジムも都心だけでなく地方にも多く存在しています。

また、山々に囲まれているような場所であれば、ジムとは違った大自然の中でのボルダリングを楽しむことが出来ます。

人気もかなり伸びてきていて、中にはご自宅に設置しているご家庭もあるようです。
小さなお子様向けに設置されている場合もあり、子供の頃から遊びならが体力を付けることになります。

最近では、あまり外で遊ぶ機会が減っているお子様でも、体力を効率よくつけることが出来るでしょう。
一度設置してしまえば、後は自分の感性によって様々な遊び方も出来ます。

また、お子様だけでなく、大人からお年寄りまで幅広い年代から支持されています。

壁についている石を己の体のみで登るボルダリングを上達させる為には、やる気はもちろんですが、やはり筋肉が大切です。

ボルダリングを上達する為の筋肉をつけるトレーニング方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ボルダリングのためのトレーニング方法

腕の筋肉のトレーニング

まずは、ボルダリングに欠かせない筋肉と言えば、腕の筋肉です。

これがなければ、岩を掴んだ時に上手く上に登っていくことが出来ません。

腕を鍛える方法と言えば、やっぱり腕立て伏せは非常に有効でしょう。

中には1回も出来ません、なんて方もいらっしゃいますが、継続して行うことでかなりの回数を行えるようになって来ます。

まずは、1回からでも初めていきましょう。

ある程度上達してきたら、回数を少しずつでも増やしていきましょう。

実際にプロの方は毎日100回行っているなど、腕の筋力トレーニングは欠かしていません。

足の筋肉のトレーニング

腕だけでなく、足の筋肉ももちろん必要です。

腕が疲れてきたときには、足を小さな岩に乗せて少し休憩を取ることも出来ます。

しかし、足の筋肉が全くない状態だと、上手く体を支えることが出来ません。

その為、しっかりとした足の筋肉をつけましょう。

足の筋肉を効率よくつけるトレーニング方法は、ボルダリングの場合はスクワットになります。

足を思いっきりふんばり、上半身を持ち上げるようなイメージで行うようにしましょう。

足だけでなく、腰の筋肉をつけるのに効果があります。

しっかりとつけていきましょう。

また、マラソンなどの瞬発力をつけておくことも、登る時に勢いをつけることが出来て効果があります。

たまにはマラソンなどもして気分転換を行いながら、効率よくトレーニングを行っていきましょう。

指先のトレーニング

そして、指先を鍛えるのを忘れてはいけません。

握力をつけることによって、岩をしっかりと握ることが出来ますので、日頃から握力をつけるようにしておきましょう。

握力をつけるのに効率の良いトレーニング方法は、ぶら下がることによってついていきます。

もちろん、専用のトレーニング器具を使うことで効率よくトレーニングを行うことも出来ますが、ボルダリングの場合は、ただ力があればいいだけではありません。

時には片手で全身を支えなければなりませんから、握力だけでなく手首や二の腕、そして、手で体を支える力をつけることができます。

足の指のトレーニング

また、足の指も鍛えるようにしましょう。

ボルダリング専用の靴を履きますが、指先を鍛えることによっても、足全体の筋肉を鍛えることに繋がります。

足の指を鍛える方法と言ったら、つま先立ちです。

踵を浮かして歩くようにしましょう。

或いは、バレリーナが使う足の指を鍛えるトレーニング器具があります。

そういった物を使うことで、指先が鍛えられていきます。

足の指しか置く場所がないような岩の上でも、指先で踏ん張ることが出来てボルダリングの登り方の工夫が出来ます。

インナーマッスルのトレーニング

そして、意外かもしれませんが、上に上るのに必要な筋肉と言えば、インナーマッスルです。

この筋肉なくしてボルダリングを行うことは出来ないと言っても良いでしょう。

内側の姿勢を正すのに必要な筋肉ですが、このインナーマッスルを使うことによって、上半身が上に上げる力や、足を上げる力がついてきます。

インナーマッスルを鍛える方法は、単純な方法ではお腹を凹ませることです。

そして、日常生活でも出来るだけ姿勢の正しい状態を保つようにしましょう。

トレーニングで言えば、ヨガピラティスを行うようにすると良いでしょう。

ヨガやピラティスなら、全身をストレッチすることにもなるので、筋肉を鍛えると同時に、全身の筋肉を伸ばして怪我をしにくい柔らかい筋肉が出来上がります。

最後に

上達する為には、筋力トレーニングは欠かせません。
小さな積み重ねが上達の秘訣です。

しっかりと筋力をつけることによって、登るスピードが上がったり、登れなかった場所もすいすいと登れるようになってきます。

実際に、上達していると実感出来るようになってくると、よりボルダリングを楽しむことが出来るでしょう。

登った時の達成感や、上から見下ろす風景、全身を使ったことによって得られる運動後の気持ち良さ、それら全てをボルダリングが上達していくことによって、満足感を得てより楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-

関連記事

プロ野球選手に憧れる!ドラフト会議とは何?

プロ野球が創設されてから、新人を獲得するためには、当時プロ野球に在籍していた選手と、大学や高校などのコネがメインとなっていました。 ルールはないため、お金で大学の有望選手を引き抜くということも何度も行 …

アウトドアウェアの選び方

週末や長期休暇。 お家でのんびり過ごすのもいいけれど、やっぱり外に出て思いっきり体を動かしたい!という方も多いでしょう。 ハイキングやピクニック、海水浴、キャンプと楽しみは尽きません。家族や友達、恋人 …

サッカーの基本ルール : 得点

サッカーでは、ゴールにボールが入れば得点となり、それが味方によるオウンゴールであっても、同じことです。 バスケットボールのように、遠いところから決めたら3点ということはなく、どこから決めても1点という …

山の食事|ご飯の美味しい炊き方

登山は、山あり谷ありの連続で結構疲労していき、人によっては登山はやりたくない、もうこれで終わりにしたいと思いながらやっている人もいるほど、精神的にも追い込まれていきます。 そんな人たちが、何をモチベー …

甲子園を目指して!甲子園大会は春と夏でどう違う?

野球観戦が好きな人にとっては、毎年テレビで放映されている高校野球を見るのも、季節ごとの楽しみなのではないでしょうか。 日本各地の高校生が参加できる硬式野球の大会は、毎年春と夏の二回開催されています。 …

楽天モーションウィジェット