ボクシングジムでダイエットを始めてみよう

ボクシングをしている女性
巷には沢山のダイエット方法がありますが、女性からも人気となっているのがボクシングです。

ボクシングというと男性がやるイメージが強いかもしれませんが、女性がダイエットのためにボクシングジムに通っている姿もよく見られます。

また、ボクシングジムの方でもダイエットメニューを用意して女性会員を増やそうと努力しているのです。

ですから、女性でもウェルカムな姿勢がありますし、気軽に見学にでも訪れてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

ボクシングはダイエットにおすすめ

ボクシングジムというと、男性が沢山いて汗臭そうだったり、怖い人がいて不安と思う方もいるかもしれません。

確かにボクシングは殴り合いのスポーツでもありますから、そういったイメージを持たれてしまうのも無理はなく、ウェルカムと言われてもプロを目指すわけでもない人からしたら躊躇するものです。

中にはストイックな雰囲気のジムもあってイメージ通りのところもありますが、ただジム側としては沢山の会員が集まってくれた方が現実問題として経営も成り立つわけですから工夫を凝らしています。

例えば、汗臭いイメージを払拭するために一般的なスポーツジムのように清潔感のある環境を整備していたり、雰囲気も明るく利用しやすくなっています。

もちろん指導を受ける時にも、プロを育成している時のような厳しい檄が飛ぶようなこともないです。

トレーナーも優しく指導をしてくれますし、女性でも安心して利用できることでしょう。

ボクシングダイエットのメニューは?

ボクシングダイエットではどのようなメニューをこなすのでしょうか。

例えば、メニューのひとつとして、サンドバッグを叩くといったものが挙げられます。

ボクシングらしく3分を1セットにして、リズム良く叩いて体を動かします。

短時間に集中して取り組むことができますので、ダラダラとしてしまう運動になりにくく、メリハリのある運動ができるのです。

他にも、腹筋やスクワット、縄跳びなどなど、プロもやっている運動メニューと同じものも多数行います。

ボクシングはハードなスポーツでもありますので、最初は厳しく感じられるかもしれませんが、ジムの方でも体力に合わせてメニューを考えてくれますので、徐々に体を慣らしていくことができます。

そして慣れてくると、ボクサーのようにきびきびと動けるようになるはずですし、生まれ変わった自分と出会えることでしょう。

ボクシングダイエットの効果は?

ボクシングダイエットで気になるのが、どのような効果があるのかについてでしょう。

まず、脂肪を落とす効果に期待ができます。

ボクシングは有酸素運動であり、酸素を多く取り入れて体を動かすことで脂肪の燃焼が促進されます。

筋トレメニューもありますので、ボディラインをしっかりと引き締められるのも魅力と言えるでしょう。

引き締め効果をアップさせるには、脂肪を落としながら筋力をつけることが大切ですが、それを同時に行えるのがボクシングダイエットの良さです。

いかに効果が高いかは、プロボクサーの体を見れば分かるように、無駄な贅肉のない引き締まったボディです。

有酸素運動と筋トレを行った賜物でもあり、頑張ればボクサーのような引き締まった体型になれます。

なお、筋肉量が増えることで体質も変化しますから、太りにくくなり、リバウンドのリスクも軽減します。

ですから体型の維持もしやすくダイエットとして最適です。

また、女性に嬉しい効果として、バストアップにもなるという良さもあります。

胸のサイズに悩める女性は多いかと思われますが、パンチを打つ時にも胸の筋肉を使っていますから、自然とバストアップに良い運動をすることができるのです。

ダイエットだけでなくストレス発散にもおすすめ

ボクシングダイエットはストレスの発散になるという点も魅力です。

現代人はストレスを抱えていることが多いと言われていますし、普段からイライラしてしまう人も多いのはないでしょうか。

そしてストレスは代謝を悪くする要因ですので、ダイエットの大敵です。

そこでも対策としておすすめなのがボクシングであり、体全体を使うことでリフレッシュができますし、パンチを打つことでスカッとできるはずです。

中にはストレス発散を目的に利用される方もいるようですから、イライラのはけ口としてトライしてみるのもおすすめです。

怪我には注意しよう

様々な魅力があるボクシングダイエットですが、実際にやってみる際に注意しなければいけないのがケガです。

慣れていない時にサンドバッグを思い切り殴ってしまうと、時には思わぬケガをしてしまうこともあります。

手首をひねってしまうということもありますし、それではダイエットどころではありません。

安全のためにも、まずはトレーナーの言うことを聞いて、正しいフォームをマスターすることに注力しつつ、安全に行うことを意識して取り組むようにしましょう。

最後に

ダイエット目的でもウェルカムのボクシングジムは増えていますが、自分に合う合わないもあるかと思われますので、いろいろなところに見学へ行ってみるのがおすすめです。
ジムの雰囲気やトレーナーの人柄、年齢層、料金など、いろいろと比較をしてベストなところを見つけ出すようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

初心者でも楽しめるアウトドアスポーツ!ラフティングとは?

日々のストレスを発散する方法には色々なやり方がありますが、自然の中で何かを楽しむことはストレスを発散するのに最適です。

心と体を鍛えて護身術にもなる?空手で学ぶ武道の世界

空手は日本の武道として古くから親しまれている格闘技の1つです。

プロ野球・不滅の記録は?|1試合最多奪三振

1936年に、日本プロ野球が発足してから、数多くの名ピッチャーが輩出されてきました。 野球は、打率3割を打てば良いバッターと呼ばれることからわかるように、基本的には、ピッチャーの方が優位に立って試合を …

水泳の悩み…平泳ぎのタイムが伸びない

一言に、平泳ぎと言うと恐らく誰もが連想するのは「カエルみたい(実際のカエルの泳ぎ方とは少々異なります)」や「クロールより遅い」ではないでしょうか。 確かに真実、平泳ぎはクロールより遅く、見てくれも派手 …

登山の必需用品リスト一覧

山道を歩いていると、強い日差しに晒されることが多いです。 そのため、日光への対策が重要になります。持ち物のリストに、帽子やサングラスを加えておきましょう。

楽天モーションウィジェット