フィットネスボクシングに年齢制限はある?一日の練習量は?


痩せるため、筋肉をつけるため、護身のためなど、いろいろな理由からフィットネスクラブに通う人は多いものですよね。

中でもフィットネスボクシングをやると、筋力トレーニングやボクシングのスキルアップにも役立ち、効果的です。

実際にやってみたいと思っても、年齢が若すぎたり高すぎたりすると、残念ながら加入できない場合があります。

また、一日の練習量を考え、健康的にカラダを鍛えるためにはどうすればいいか、ということも考えなくてはなりません。

フィットネスボクシングジムの大まかな年齢制限や、練習量などについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

フィットネスボクシングの気になるところ

フィットネスボクシングジムに年齢制限はある?

こういったジムの場合、年齢制限については事実上「それぞれのジムに寄って全く違うので、問い合わせること」ということしかできません。

これは、それぞれのジムごとに考え方に違いがあり、最低でもこの年齢ではないと体が作られていないのでNGというジムもあれば、子供向けのコースもあるのでぜひ一度来てほしいというジムもあります。

また、場所によっては上の方の年齢制限を設けているところもあり、年齢が高ければ高いほど断られる可能性があるのです。

ただ、楽しむためや健康のためというだけならば、あまり気にすることはありません。

大体の老若男女を対象としているので、何歳でもいくつでも来てほしい、というところが多いのです。

趣味程度ならば、あまり意識する必要はありませんよ。

18歳未満の場合は注意

ただし、これはあくまでもジムを利用する場合に限ります。

ジムを利用する場合、1回毎のスポット利用のような場合なら年齢制限などはない場合が多いのですが、毎月月謝制の利用となると、ちょっと話が変わってきます。

民法という法律上、未成年者の契約の際は、保護者の同意が必要になる場合があるのです。

これは商契約上の問題で、毎月フィットネスボクシングを習う代わりに代金を支払うという契約を、未成年者だけでは結ぶことができない場合が多いのです。

特に最近では、ある程度継続して行う契約の場合、親の許可や同意がないとできないという場合が多くなっています。

また、これは親がきちんと代金を支払うという意味合いもあります。

学生でアルバイトもしていないとなると、月謝は毎月親が支払うことになるでしょう。

このとき、親の同意がないとトラブルになってしまう可能性があります。

とはいえ、保護者の同意があれば問題はありません。

ジムによっては親の契約がなくても良いところもありますから、場所を選べば問題はないのです。

一日の練習量はどのくらい?

このフィットネスボクシングジムの一日の練習量ですが、実際は「それぞれの人によって違う」というのがメインです。

毎日通ってプロを目指す、というのではないのなら、週に数回通う程度で十分です。

この時のメニューとしては、ストレッチに始まり、筋肉トレーニング、シャドーボクシング、パンチボール、ミット打ちなどとなります。
これでだいたい2時間位ですね。

一方、筋肉トレーニングだけの場合ならば、ストレッチに始まり、筋肉トレーニング、ミット打ち数回、というくらいで終わりの場合もあります。
短ければ20分ほどで終わる場合もあるのです。

全く何も知らない初心者の場合、ジムでのメニューの中にルール説明や実践的な要素は少なく、トレーニング時間が長い傾向があります。

一方、経験豊富な人の場合は筋トレにも時間がかかりますが、やりがいのあるメニューとなることが多いでしょう。

この分時間が長くなったりする場合もあります。

ちなみにコースによっては「30分コース」というように、その人に合ったメニューをやるのではなく、最初から一定時間内に一定のコースをこなすというパターンもあります。

この場合はレベルも並行して案内されることが多いので、極端に実力から離れたコースでなければ問題はありません。

ちょっと難しくても上のコースに行く、ということもできるでしょう。

忙しい人やその後の予定がある人、時間制限がある人にとってもありがたいのがこのパターンです。

準備やクールダウンの時間も考慮しよう

ちなみにこの時注意したいのが、時間制限には準備やクールダウンなどの時間は入っていないということです。

準備とは、ジムに入ってから受付の手続きをし、着替えなどで準備をしてから実際に始めるまでの時間です。

また、中には準備運動や準備ストレッチの時間はこれに含まないところもほとんどです。

クールダウンとは、使って疲れた筋肉をケアするためのストレッチやマッサージなどを行うことで、この時間もコースの時間に含まれていません。

また、その後にシャワーを浴びたり、女性ならスキンケアやメイクアップを行う人もほとんどですよね。

このため、時間で決まっているコースでも、実際の時間はもう少しかかると考えたほうがいいでしょう。

入ってから出るまでが30分というわけではありませんから、この点は注意しておきたいところです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

フィギュアスケートの国際大会を知りたい!世界選手権

フィギュアスケートにおいて、世界選手権は、オリンピックと同等の権威がある国際大会です。 オリンピックは、4年に1度行われますが、世界選手権大会は毎年おこなわれます。 フィギュアスケートでの、世界ランキ …

地元愛が熱くする!?ヴィッセル神戸を応援してます!

ヴィッセル神戸は、兵庫県神戸市を本拠地とするプロサッカークラブです。前身の川崎製鉄水島サッカー部は、1966年に創部されました。 1995年に現在のチーム名となり、J1リーグに加盟したのは1997年で …

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最多奪三振

江夏豊は、日本プロ野球史上、伝説的な投手ですが、その残した功績の中で特に大きなものが、シーズン最多奪三振記録です。 年間で401個の奪三振を記録して、これは日本プロ野球だけでなくメジャーリーグをあわせ …

甲子園を目指して!甲子園名勝負TOP10

魔物が棲むと言われる「高校野球の聖地」甲子園球場では、過去に幾多の名勝負が繰り広げられてきました。 その中から10試合、順位と一緒にご紹介したいと思います。

水泳の基礎知識:水泳用品 ~ キャップ ~

水泳を始めるにあたり、キャップを必ず被ってプールに入ることを定めているところがほとんどです。例えば、多くのカップルや、家族連れが行くレジャー施設のプールでは、キャップをかぶる人はむしろ少数派であり、多 …

楽天モーションウィジェット