女性もプロボクサーになれる!


ボクシングと言えば、主に男性がスポーツや趣味として行うものというイメージがありますよね。

しかし、ボクシングは激しい運動を必要とするため、ダイエットや体力アップに役立つことから、女性にも徐々に人気が高まっています。

巷のボクシングジムやスポーツジムでは女性向けのコースが設定されていることも多くなり、若い女性を中心にボクシングに汗を流す人も増えてきています。

このように趣味やダイエットの一環として取り組んでいる人も多いのですが、実は女性でもプロボクサーになることができるのです。

スポンサーリンク

女子プロボクサーについて

日本人で初めて女性プロボクサーになったのは、1970年代にアメリカで資格を取得した女性でした。

それを皮切りに、1990年代になると女性向けのボクササイズが大ブームとなった影響もあって、女性のボクシング人口が増加し、2008年になると日本国内で初めてプロテストが行われるようになりました。

実は日本人女性で世界チャンピオンにまで上りつめた人もいるほどで、2012年のロンドンオリンピックからは競技種目にも加えられています。

プロライセンスの取得について

女性向けのテストも試験内容そのものは男子とほとんど変わらず、テストに合格してライセンスを取得することになります。

受験資格も男性とほとんど同じで、17歳から32歳までで日本のプロボクシング協会に加盟しているジムの練習生となっていることが最低条件です。

プロテストに先立ち、脳に持病や問題が無いかを調べるためのCT検査、MRI検査、妊娠検査などの健康診断に合格する必要もあります。

テスト内容は、ボクシングのルールなどを問われる筆記テストに加え、実技試験として2人1組となってスパークリングを行うことになります。

このスパークリングは勝ち負けは決して重要ではなく、負けても全く構わないので、攻撃と防御の基礎が完璧に身に付いているかをしっかりアピールすることが重要となります。

ボクシングは非常に激しいスポーツなので、これらの基礎が出来ていないと身体に大きなダメージを受けてしまいます。

万が一の事態を防ぐためにも、しっかり攻撃と防御が出来ているかをチェックされるので、勝ち負けよりもこの点に注意しておきましょう。

合格するとライセンスが取得できますが、これも男性と同じくA級B級C級の3クラスに分けられています。

女子ボクシングについて

男子ボクシングとはルールや階級が少々異なっており、女子ボクシングの場合は1ラウンドあたり2分であることに加え、約46キロ以下の人を対象としたアトム級という階級が設けられています。

この階級は主催する団体によって呼び方も異なり、ミニマム級と呼ばれることもあります。

試合前には必ず妊娠検査が義務付けられていることや日本王座戦は8ラウンド制になっていることなど、女子ならではの特徴も存在しています。

このように制度の整備も進んで競技人口も増加してきているのですが、どうしてもプロボクサーの数が少ないため試合数自体も少なく、ファイトマネーも十分にあるとは言えません。

所属しているジムで女性会員向けのトレーナーや指導者として働くことが多く、プロボクサーとして生活を成り立たせている人はほとんどいません。

最低でも日本チャンピオンくらいにまでならないと、生活をしていくのは難しいでしょう。

しかし、ひと昔前までは開かれていなかったプロへの道が女性にも開かれたというのは事実であり、ボクシング好きな女性にとっては非常に大きく魅力的なチャンスだと言えます。

プロボクサーを目指すには

最初は単なるエクササイズのつもりでジムに通っていたとしても、連取を重ねるうちにハマってしまって本格的にプロになりたい、とトレーニングを始める人も多いのです。

女性がプロボクサーを目指す場合、週のうち5日から6日はジムに通って最低でも1時間から3時間程度はトレーニングしていくことになります。

テストは誰でも合格できるといものではないので、趣味の延長ではなく本気でトレーニングを続けていく必要があるのです。

こんなに通うとなるとお金も気になるところですが、毎日利用する場合の月謝は約1万円前後に設定されていることが多いです。

大人だけでなくジュニア会員を募集しているジムも多く、この場合は約5000円ほどになっています。

練習時の服装は特に指定はありませんが、動きやすい服や運動靴の他、タオルやグローブ、縄とびなどトレーニングで必要になる道具も揃えておいた方が良いでしょう。

個人の才能や練習量などによっても異なりますが、ジムに入会してから早い人で約3ヶ月、平均的には約6ヶ月から1年程度でテストに合格できるケースが多いです。

少なくともこの期間はほぼ毎日ジムに通ってトレーニングを重ねていく必要があるので、本気で取り組む強い意志がなければ厳しいでしょう。

ボクシングは本来対戦相手を倒すための格闘技ですが、トレーニングや対戦を通じてストイックに自分を高めたり純粋に強さを追い求めることができ、女性であっても打ち込む価値は十分にあるスポーツだと言えます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-

関連記事

登山のコースの考え方

登山コースを考える時、登山ルートが記されている地図を使って、目的となる場所へのルートを考えるのが一般的です。 登山ルートが記されている地図には幾つかの種類があり、地図を比較すると分かりますが、コースタ …

初心者のための乗馬入門:乗馬でのダイエットや健康について

乗馬を始める人の中には、乗馬の消費カロリーを期待し、ダイエット目的で始めるという人もいます。 以前には家で乗馬運動ができるような健康器具も登場し、人気を集めました。 そうしたこともあり、ダイエット効果 …

スライス対策|スライスの原因は?

ゴルフ初心者というのは、どうしてもスライスよりの球を打ってしまいがちで、真っすぐ飛んでいかずに悩んでいるという人は多いものです。 誰でも最初から上手くいくわけではないのですが、ゴルフというスポーツは、 …

今のJリーグはココがおもしろい!

Jリーグは1993年に10クラブで始まり、現在は53クラブにまで増えて今に至ります。 J1・J2・J3まで拡大し、他の欧米諸国同様、今後はJ4・J5までの拡大も期待されています。 また、J3に参加する …

マスターズ水泳の上達練習メニュー

18歳から参加することのできるマスターズ水泳では5歳ごとに区分され、年齢もかなり幅があり、元選手から還暦近くになって水泳を始めたという人まで、様々な人たちが参加する大会となっています。 そうした経緯も …

楽天モーションウィジェット