忙しい朝にぴったり!卵を使った朝ご飯レシピ

卵
平日の朝はとても忙しくて、朝ご飯をつくるのも大変ですよね。

そんな忙しい朝にぴったりな、卵を使った朝ご飯レシピを紹介します。

スポンサーリンク

卵を使った朝ご飯レシピ

目玉焼き

まず王道なのが、目玉焼き。

フライパンひとつで作ることができ、非常に重宝します。

ベーコンも一緒に焼けば、ベーコンエッグになります。

油をひき、中火で熱したフライパンに、卵を落とします。

水を適量入れ、フタをしたならば放置!

3分ほどで黄身が半熟の目玉焼きが完成します。

放置している3分の間にトーストを焼く、コーヒーを入れるなどして忙しいと言う間もなく朝ご飯のできあがりです。

ハムエッグトースト

ハムエッグトーストもフライパンひとつでできます。

まず食パンをみみにそって中をくりぬいておきます。

油をひいて熱したフライパンにハムを入れ、その上に卵をのせます。

そのまわりを囲むように、中身をくりぬいたパンのみみを置きます。

卵がまだ固まりきらないうちに、くりぬいた中身の部分を上からかぶせます。

目玉焼きと同様に適量の水を入れ、蓋をします。

2分ほどたったら、ひっくり返します。

あとはパンが十分に焼けたら完成です。

手間がかかりそうですが、10分かからずに作れます。

スクランブルエッグ

次に簡単なのは、スクランブルエッグ。

もしチーズなどがあれば、溶き卵と一緒に入れるとトロりとしておいしくなります。

もちろんなくても大丈夫。

ボウルに卵をわりいれ、黄身と白身を混ぜます。

お好みで砂糖を加えれば甘くなりますし、塩コショウを入れてもいいです。

油をひいて中火で熱したフライパンに、一気に流し込みます。

半熟の状態で、お箸でかき混ぜます。

フライ返しなどでまとめれば、もう完成です。

フライパンに入れてからは1分もかかりません。

ほうれん草などの残った野菜があれば、一緒に入れてしまってもおいしくいただけます。
スクランブルエッグの良いところは混ぜるだけで様々なアレンジができるところです。

フライパンはじゅうっと音がするくらいに熱しておいてください。
もし熱し方が足りないと、油をひいていても、卵がフライパンに汚くこびりついてしまいます。

エッグトースト

忙しい朝にフライパンを使うのも嫌、と言う方は前日の準備やトースターを使うことで、簡単に朝ご飯を作る方法もありあります。

食パンのみみにそってマヨネーズを土手のようにしてのせます。

中央部分を手で少しへこませ、そこへ卵をうまく割り入れます。

好みでベーコンなどを下にしいてもいいでしょう。

上にはとろけるチーズなどをのせると美味しいかもしれません。

そして15~20分ほどトーストします。

焼ければ完成です。

時々焼き加減を見る以外は、基本的に放置してかまいません。

放置している間は他の朝の支度などができます。

ゆで卵のエッグトースト

準備が苦にはならなければ、前日や暇な時にゆで卵を作っておくと重宝します。

沸騰したお湯に6~8分で完熟ゆで卵が完成します。

卵をお湯に入れる時は、お鍋の底にあてないように気をつけましょう。

強く打ってしまうと殻が壊れて、中身がでてきてしまうことがありあます。

不安な場合はお酢をスプーン1杯入れておくと、割れた殻からもれた白身を固めてくれます。

お湯からあげたゆで卵はすぐに水で冷やし、殻をむいておきましょう。

ラップして冷蔵庫で3~4日は保存ができます。

ゆで卵をフォークやスプーンで適当な大きさに砕き、マヨネーズであえます。

食パンにのせて、トーストすれば、ふんわり温かいエッグトーストがすぐに食べられます。

お好みで春にはアスパラを薄く切って混ぜてもおいしいです。

ベーコンや薄く切ったウィンナー、とろけるチーズをのせてもおいしいです。

フレンチトースト

前日に卵1個、牛乳100cc、砂糖大さじ1を混ぜた卵液に食パンを浸しておきましょう。

翌朝にフライパンで両面を焼くだけで、5分でフレンチトーストが食べられます。

前日の準備を忘れてしまっていても、大丈夫。

8枚切りの食パンであれば、両面それぞれ1分30秒で卵液が食パンに浸透します。

その際は必ず食パンを横半分に切りましょう。

食パンの繊維を横に切って断つことで、卵液が浸透しやすくなります。

たまごかけご飯

忙しい朝のご飯準備は、放置して完成させることができるか、調理時間を短くするか、前日の準備で当日を楽にするかのどれかをポイントとすると良いかと思います。

それでも無理、と言う方には時間も手間も準備もいらない究極の卵料理があります。

それは、たまごかけご飯(TKG)です。

卵と醤油、ご飯があれば完成です。

ご飯にといて醤油を混ぜた卵をかければいいだけです。

しかしこのたまごかけご飯、栄養面からみるとパーフェクト朝ご飯だそうです。

たんぱく質もとれ、腹持ちのいい炭水化物も摂取ができます。

寝坊してしまった朝には、臨機応変にたまごかけご飯のような、究極簡単レシピを使うのも忙しい朝をのりきる知恵かもしれませんね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

身近にある発酵食品:納豆で菌活しよう!

現代日本でのブームは菌活であり、腸内環境を良くすることで、美容と健康への切符を手に入れることにもなります。 菌活は難しいのではという不安などは全く心配はなく、身近にある食材として、日本人がこよなく愛す …

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【わかめ】

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐は、入れると美味しくなる薬味として、海藻のわかめがあります。 意外と感じるかもしれませんが、程よい塩加減と味わいは薬味として、立派にお豆腐を美味しくさせる格上げ要素となり …

肌の老化を防ぐポリフェノールは【赤ワイン】で摂ろう!

赤ワインは、ブドウにある成分をワインの中にほとんど取り入れているので、たくさんのミネラルやビタミン、ポリフェノールなどの栄養素が含まれていて、抗酸化作用や血圧降下に効果があったり、肌をきれいにしたりと …

肌の潤いを保つビタミンB6は【かつお】で摂ろう!

かつおといえば叩き、生のお刺身、かつお節など日本人の身近な食材になっています。最近では、冷凍したかつおの刺身が流通することもありますが、最も美味しいのは生の刺身です。 さらに、肌に嬉しい栄養素がたっぷ …

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「亜鉛」

お味噌汁の栄養成分の中には、人間の成長機能に影響を与える亜鉛も非常に多く含まれていますから、成長期の子供にも食べさせることは理にかなっています。 原料の味噌に含まれるだけでなく、具材になる魚介類や海藻 …

楽天モーションウィジェット