Brownieのドールの魅力!お迎え方法は?

Brownieのドールについて紹介します。

スポンサーリンク

繊細な美しさが魅力のBrownie

日本製のドールも魅力的なものが沢山ありますが、海外製のキャストドールにも美しいものが多く揃っています。

そんな海外製のドールの中で、手のひらサイズの可愛らしさで人気になっているのがBrownie(ブラウニー)です。

Brownieはもともとは韓国のドールメーカーが取り扱っていたシリーズでしたが、現在では代理店であるドールメーカーDOLKが、オリジナルブランドという形でリニューアルしています。

Brownieの最も大きな魅力は、何と言ってもその小さなサイズです。

11cmほどの身長という、手のひらサイズのキュートさが、数多くのファンを魅了し続けています。

ドールメーカーは世界各地に存在しますが、まるで妖精のような小さなドールを購入したいと考えている方に、Brownieはとてもオススメです。

実際に、このドールシリーズでは設定が「妖精」になっているものがあります。

Brownieをお迎えしたい方は、先程触れましたが韓国のドールメーカーの公式サイトは既に閉鎖されており、現在は代理店のDOLKや国内ショップ、あるいはネットショップなどで取り扱っていますので、そちらからお迎えすることができます。

また、このシリーズは小さなサイズで、ドールとしては価格も比較的リーズナブルに購入できるという点も魅力になっています。

ドールに興味はあるものの、高価なものが多くて購入しようか迷っていた方にもオススメなドールです。

今までドールメーカーには興味がなかった、という方も、最初のドールとしてお迎えするのに丁度良いシリーズと言えるでしょう。

Brownieにはどんな種類があるの?

Brownieは、およそ11cmという小さい球体関節人形です。

見た目のサイズがとても小さいため、一見するとあまり動きが出せないように思われがちですが、実際はそうではありません。

Brownieのボディはキャスト製、つまりレジン素材になっていますので、可動範囲が広いボディになっています。

そのため、色々なポージングができるという魅力も備えています。

机の上やテーブルの上で、Brownieにポーズを取らせておいておけば、まるで手のひらサイズの妖精がいるような雰囲気になります。

また、アイ(瞳)やウィッグ(桂)、あるいは衣装を取り替えれば、自分だけのオリジナルのドールを作ることができるのも特徴です。

ヘッドのパーツには蓋が取り付けられていて、開ければアイの交換をすることができるようになっています。

お好みのパーツを選んで、ドールを作り上げていく楽しみもあります。

蓋には磁石が付いていて、ウィッグは金具で落ちないように工夫されています。

他のシリーズのドールをお持ちの方は、一緒に並べてBrownieの小さなサイズ感を楽しむこともできます。

手や足のパーツもとても小さく、繊細につくられていますが、取り外すのは簡単なので、他のパーツに変えれば色々な表情を味わえます。

さらに、Brownieシリーズには「妖精」という設定もあるので、耳の部分が妖精のように尖っているタイプも存在します。

サラサラな髪と透き通った瞳で、今にも動き出してしまいそうな存在感があります。

ちなみに、箱にも可愛いデザインが採用されています。

Brownieはヘッドパーツも豊富

Brownieのヘッドパーツやメイクなどによってそれぞれ名前が分かれ、いくつかの種類に分かれています。

現時点ではヘッドパーツは10種類存在しています。

例えば、「MOMO」と名付けられている種類は、尖った妖精の耳が特徴で、パッチリした瞳が印象的です。
Brownieシリーズの中でも最も人気が高いスタンダードなタイプです。
人形には細かい設定があり、例えば性別は「中性」で、年齢は「105歳(これは妖精の国では3歳)」といったように、メルヘンな雰囲気になっています。

また、「MOMO」のヒューマンバージョンが「NENE」です。
人間の耳が付いており、「MOMO」と同じぱっちりした瞳になっています。

そして「NENE」が目を閉じているタイプが「Sleeping Human」です。
こちらのタイプは眠っている顔が愛らしい感じになっています。

一方、「MOMO」が目を閉じているタイプは「Sleeping Fairy」です。

たれ目でおとなしそうな印象があるのが、妖精タイプの「GOGO」です。
口はオープンマウスになっているのが特徴です。

同じように、たれ目の妖精タイプに「HAHA」がありますが、こちらのタイプは優しく笑っているような雰囲気。

逆に、切れ長の尖った瞳になっているのが「PEPE」で、端正な顔立ちをしています。

そして、このシリーズの中でも一番幼い雰囲気になっているのが「YOYO」です。
目意外は「HAHA」のヘッドパーツに似ています。

この他に、無邪気な雰囲気の「RURU」や、シャープな印象の「PIPI」があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

ねんどろいどの魅力を語る

「ねんどろいど」は、アニメやゲーム、ボーカロイドのキャラクターや、実在の人物をデフォルメした、2.5頭身ほどのフィギュアシリーズのことで、販売元はグッドスマイルカンパニーです。 10cmほどの大きさで …

ボードゲーム「ワードバスケット」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ワードバスケットはどんなゲーム? ワードバスケットとは、簡単に言えばしりとりをボードゲーム化したものになります。

C3AFA TOKYOに参加してフィギュアや模型の魅力に触れよう!

C3AFA TOKYOはガレージキットやキャラクターグッズに関する総合イベントのことで、日本でも最大級の規模を誇っています。

プラモデルやフィギュアの塗装に!アメリカーナの特徴と使い方

プラモデルやフィギュアの塗装に使えるコストパフォーマンスに優れた塗料をお探しの場合、注目を集めているアメリカーナについてはチェックしておきましょう。 使い勝手がよく、独特の魅力があります。その特徴をま …

ボードゲーム「WOCHA」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク WOCHAはどんなゲーム? WOCHA(ウォッチャ)は絵が描かれたカードを使い、しりとりを行っていくという新感覚のボードゲームです。

楽天モーションウィジェット