いま住んでいる部屋はペット可物件ですか?

ペットを飼いたいと家族みんなで盛り上がり、知識を得たり、餌や道具の準備を整えて、さあいざペットを迎え入れようとしたところで、実は住んでいる物件が「ペット禁止」だったという方もいらっしゃるかもしれません。
普段は意識しませんが、物件はそれぞれにペット禁止だったり、飼育可だったりと差があるんです。

スポンサーリンク

賃貸住宅の場合は、契約書を確認

この差は大家さんなどによって決められるもので、優しい大家さんならばペットぐらいは気にしないという場合もありますが、逆に厳しい大家さんはハムスターや小鳥などの小動物であってもお断りとなります。
禁止されている飼育を続けながら入居していては規約違反になってしまいます。

「見つからなければ問題ない」ということではなく、場合によっては早急な退去を促されたり、高いルームクリーニング代金を請求されることも充分に有り得ますので、ペットを飼う前にまずは自分の入居してる物件で飼育可能かどうかを確認してみましょう。

ペット可物件の部屋は、賃貸でもたくさん見つけることができます。
1人暮らし用の部屋であってもペット可であったり、一軒家タイプの貸家の場合は、庭で動物を飼えるという嬉しい物件も見つけられるでしょう。

飼育できる動物が限定されている場合も

しかしペット可物件の多くは、敷金や礼金に上乗せ金額が設定されています。
特に敷金は通常の場合よりも増額されていることが多いのが現状です。また、一口にペット可物件といっても内容がそれぞれ異なっており、たとえばペットとして動物の種類を限定されていたり、ハムスターは良くても小鳥はだめ、猫はOKでも犬はNGなど、細かな条件は随時確認する必要があります。

昨今では借り手の不足によってペットを飼うことを前提とした物件も増加傾向にあるため、どうしてもペットと一緒に部屋に入りたい場合には、こういった飼育をあらかじめ前提とした部屋を探すのも良い方法となっています。

大家さん側のデメリット

部屋を貸し出す側である大家さん側にとっても、ペットの禁止は致し方ない面があります。
鳴き声や足音などの騒音は、ほかの入居者とのトラブルになりやすいものですし、フンや餌の始末を怠るタイプの飼い主だと悪臭も発生します。

動物はどうしても抜け毛が落ちるもの。
季節ごとの抜け毛のケアや掃除をしないタイプの飼い主だと、ゴミや埃も酷くなって虫が発生するかもしれません。こういった近隣に迷惑をかける飼い主を部屋に入居させては後々大変なことになりかねないため、大家さんも警戒せざるを得ないのです。

動物を飼うことによる室内の変化も、大家さんにとっては大きな悩みの種でしょう。
動物に種類によっては壁紙やコードをかじってしまいますし、おしっこをかけるかもしれません。賃貸物件はあくまで借りているもので、元の持ち主である大家さんや管理会社が許可を出さなければ動物の飼育をすることはできません。

持ち家でもペット飼育不可の場合も

では賃貸以外の物件はどうでしょうか。
物件を購入すれば大丈夫かと言えばそうでもなく、たとえばマンションや団地などの集合住宅は、入居者が加入する管理組合の規約によって、ペット飼育が禁止されている場合があります。

マンションなどの部屋を所有する区分所有者ならば、基本的にはマンションの維持や管理を行う管理組合に加入することになります。購入時の条件として提示された規約の中に飼育禁止が盛り込まれている場合は、これを破ってペットを飼うと規約違反になってしまいます。
購入タイプの部屋である以上、賃貸タイプとは違ってすぐに退去とはならないかもしれません。しかし規約を守って生活している近隣住民が許容できるかというと、また別の問題です。

ちょっとした引っかかりが住民同士の険悪なトラブルにもなりかねないため、購入したマンションでペットを飼いたい場合にも、まずは規約を確認してみましょう。特に鳴き声が出る犬などの大型動物は注意が必要です。

最後に

ペットと気持ちよく暮らすためには、やはりあらかじめペットの飼育を受け入れている部屋への入居が一番の方法です。
そういう物件ならば、もしかしたらお隣さんや下の階の人もペットを飼っているかもしれません。ペットの飼育が禁止されている賃貸物件に住んでいる場合は、いっそのこと思い切って引っ越しすのも良い手段でしょう。
この機会に、会社や学校に近い場所に引っ越すも良し、家族の職場に近い場所に越せば、通勤時間も短くなります。賃貸物件は手軽に引っ越しが決意できるのがメリットのひとつ。

周囲に迷惑をかけずにペットを飼うためには、このメリットを存分に生かしましょう。
動物はどうしても騒音や臭いが発生するものであり、鳴き声などを可愛いと思っているのは飼い主である自分達だけかもしれません。近隣とのトラブルは人間関係だけではなく、動物にも嫌な思いをさせてしまう可能性がありえます。
自分自身や家族だけではなく、何も知らずにやってきたペットが嫌なめや怖いめに遭わないためにも、住んでいる部屋の規約についてはきちんと把握しておくことが大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

冷蔵庫掃除のコツ

冷蔵庫は毎日使いますから、定期的に掃除をしてキレイに保ちたいものです。 掃除の仕方と道具と紹介します。

節約に使える便利なアプリ10種類

スマートフォンやタブレットでは、様々なアプリをインストールして使うことができます。 その中でも、節約にもつながるアプリを紹介します。 スポンサーリンク あると便利なアプリ 1.獲得ポイント表示アプリ …

フリマアプリ「ゴルフポット」の特徴や使い方

ゴルフポットは、スマートフォンを使って簡単に、ゴルフ用品を売買することができる、フリマアプリです。 クラブやウェア、パーツなどのさまざまなアイテムがたくさん、商品として出品されていて、気軽に購入するこ …

いまさら聞けない年金入門|厚生年金保険料の計算方法

将来、退職後の安定した生活のために、サラリーマンは厚生年金に加入しています。退職後は、納めた額に従って、死ぬまで年金が支給されます。 ところで、毎月の給料から厚生年金保険料が天引きされていますが、これ …

DIYでキッチンの雰囲気を変える!タイルを使う

最近はDIYが流行っているので、本格的なものもあれば、簡単なものもあります。 本格的なDIYの場合は、立体的なものを作るのですが、簡単DIYでキッチンにタイルを貼るというのもあります。

楽天モーションウィジェット