仕事に役立つ英語の資格:日商ビジネス英語検定

日商ビジネス英語検定は、海外取引を行う企業などビジネスで使える英語力を証明することができます。

海外取引に関する実務的な内容などの理解度が問われる資格です。

スポンサーリンク

日商ビジネス英語検定について

日商ビジネス英語検定は、英語の文章で自分の意図していることを相手に正確に分かりやすく伝えることができる能力に重点をおいている試験です。

そして、企業で日常的に使用する英語のビジネス文書の作成や、海外との取引に関する実務的な内容について、具体的な場面設定に基づいて出題されていますので、ビジネスにおいて求められる英語力の育成に最適な資格です。

また、日商ビジネス英語検定試験は、英語力を測定するTOEICとは異なり海外取引の力とビジネス・コミュニケージョンの能力を磨くことができます。

昨今の経済社会はグローバル化が進展しており、ビジネス社会にでの英語能力は一部の人だけの専門能力ではなく、誰もが避けて通れないコミュニケージョン・ツールとなっています。

それは、ITという情報技術の進展に伴ってインターネットが普及し、相手が海外にいても距離や通話料金、時差を気にすることなく連絡することが可能になっています。

例えば、電子メールの場合は、文章が英語で書かれていても、手元で辞書を引きながら文章の内容を理解できるメリットがありますが、相手に分かりやすく伝わるように正確な文章の作成能力が必要となります。

また、レターや英文による企画書、海外取引の書類を作成する能力といったビジネスシーンに応じた英語と海外取引の知識が必要とされています。

海外取引におけるビジネスシーンでは、それに適した表現や海外取引に必要な知識を同時に習得することが求められています。

このような能力を習得するために、日商ビジネス英語検定試験は、電子メールやレター、企画書などの英文や海外取引の書類を題材にした具体的な設定に基づいた題材が出題されている資格です。

日商ビジネス英語検定の試験について

日商ビジネス英語検定の受験資格は、学歴や年齢、性別、国籍は一切問われることはありません。

小学生から大学生、社会人、主婦、そして高齢の方まで幅広い方が専門知識やスキルを身につけて活躍するために活用することができる資格です。

受験の申し込みは、原則、商工会議所の窓口で申し込みの受付がおこなわれています。

商工会議所は地域に根ざした総合経済団体で、業種や業態、規模の大小を問わず、商工業の振興と経済の発展に寄与するために商工業に関する経営の相談や指導を行っている施設です。

商工会議所によっては、郵送による受験申し込みを受け付けていることもあります。

また、書店などで申し込み用紙を配布している商工会議所もあり、申込期間も商工会議所によって異なっていますので、受験希望地の商工会議所に直接問い合わせをすることが望ましいです。

ネット受験を希望する場合は、ネット試験施行機関に直接申し込みを行うこともできます。

日商ビジネス英語検定は、すべての級において、パソコンを使用して設問に解答するネット試験という形式でも行われています。

2級と3級は試験終了後に受験者の答案がインターネットを通じて採点が行われますので、即時に結果が通知されます。

一方、1級は、答案がインターネットを通して回収され、その後に専門家による採点が行われますので、合否の結果発表は数カ月後になります。

日商ビジネス英語検定の級について

1級から3級まで、ビジネスの現場で役立つ実務的な内容や、貿易取引や企業で日常的に使用される計画書や企画書、報告書、契約書、提案書、電子メールなどの英語のビジネス文書の作成、海外取引に関することが出題され、特にライティングの能力が重視されている資格です。

3級

就職前に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーションの基礎的な能力を有することが求められます。
また、英語でのビジネス文書の作成や海外取引を行ううえで最低限身につけておくことが望ましいとされる内容が出題され、公式テキストに記載されている内容が中心に出題されます。

2級

就職前あるいは就職後1~2年以内に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーション能力を有することが求められます。
また、海外の企業や外資系企業との取引で実際に使用されている英文による電子メールや英文レター、企画書や報告書の作成、国際マーケティングなどに関する問題が出題されます。
3級と同様に公式テキストに記載されている内容が中心に出題されます。

1級

海外取引の豊富な実務経験があり、英語による十分なビジネスコミュニケーション能力を有していることが求められます。
また、英語力とビジネス知識を合わせた合同力が判定されます。
市況レポートに基づく状況の分析や、契約書の作成、プレゼンテーションやネゴシエーションの方法なども出題されます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 公的資格
-,

関連記事

医療系の資格:歯科技工士になるには

歯科技工士は、患者さんのための人工の歯を専門としてつくる医療技術職です。 歯は体の一部であり、歯の健康のためにも必要な仕事です。

就活で持っていたい資格「FP(ファイナンシャルプランナー)」のアピールできるポイント

就活では、他の就活生より優れているという事を、わかりやすい形で示していかなくてはなりません。 しかし、学生の場合、仕事に役立つスキルなどを身に付けていることは稀ですし、他の人とそれほど違う点がないとい …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「ファッションアドバイザー」

ファッションアドバイザーが扱うのは、子供服、紳士服、婦人服まで幅広いです。ファッション商品をコーディネートして販売するのが仕事で、お客様の趣味嗜好に合わせたファッションを提案します。 ファッションは、 …

海技士はどんな仕事?適正や収入など

海技士は別名航海士とも呼ばれる職業で、船舶などが安全に海を航行するために重要な役割を担っています。 知識や体力が求められるハードな仕事ですが、その分やりがいを感じられるので海や船が好きな人にはお勧めの …

主婦にオススメの資格「整理収納アドバイザー」

整理収納アドバイザーとは、なぜ部屋が片付かないのか、その原因や問題点を見つけ出して、根本から問題を解決する、片付けや整理収納のプロフェッショナルと言えます。 比較的簡単に取得することができる資格であり …

楽天モーションウィジェット