身体を温める野菜【ふき】

山ふき
積極的に身体を温める野菜として取り入れたいのは「ふき」もその一つになります。

健康を考えると身体を温めることが良いとされていますし、それは多くの人も情報として知っています。
身体を温める方法にはいろいろありますが、食べ物で体の中から温めることができるのは、とても健康的なことです。

スポンサーリンク

食事に蕗を取り入れよう

キク科フキ属の多年草植物であるふきは、ミネラル成分やビタミンなどをたっぷりと含みます。

海外からの輸入品種ではなく、日本が原産国となります。

独特の苦味を持ちますが、栽培品種の場合は苦味と香りがそれほど強くはないです。
なので栽培品種として市場に出回っているものはかなり食べやすいですし、食用での市販野菜としては葉柄が出回っています。

春の味覚の一つにもなっている野菜ですので、春の訪れとともに食材で春を感じることができます。

ふきは煮物などで食べることの多い食材ですが、天ぷらなどにしても美味しくいただくことができます。

ふきの効果

ふきはささやかな食材のひとつに感じられますが、その中には豊富な栄養を忍ばせています。

ふきは見た目によらず底力が素晴らしく、その栄養は皮膚細胞における新陳代謝までも促す働きがあります。

ビタミンB2の栄養も含みますので、粘膜や皮膚を正常に維持するためにもなります。

ナイアシンを含有しており、正常に脳神経を働かせるためにも作用します。

葉酸のビタミンも含有するために、細胞の新陳代謝をよくしますし、新しい血液を作るためにも役立ちます。
それに葉酸は、女性が悩みやすい貧血の予防にもなります。

マグネシウムにリン、カルシウム等も含みますので、歯や骨を構成して丈夫に維持するために、必須のミネラルもたっぷりです。

フキノール酸
フキノール酸という、ポリフェノールの一種を含んでいますが、これは特有の苦味の成分です。

フキノール酸には抗酸化作用がありますので、体内での活性酸素を抑える働きをします。

活性酸素は老化の元であるために、フキノールの成分は体内細胞の若返りを促進させる期待がもたれています。

フキノール酸の成分は、体内で活性酸素によってダメージを受けてしまった細胞を、丁寧に修復させるためにも仕事をしてくれます。

動脈硬化やガンの予防にもなりますし、健康維持に必要な免疫力を高める働きもしてくれます。

日本人の多くは花粉症に悩まされていますが、花粉症アレルギーや、咳止めとしても効果がある成分です。

フキノリド
ふきには特別な香りがありますが、その香りの成分はフキノリドになります。

フキノリドの効能は、体内へ入ることで消化液がたくさん出るようにするので、食事の消化を助けることになります。

クロロゲン酸
ポリフェノールの一種でもある、クロロゲン酸も含有しています。

抗酸化作用が高い成分であり、茶褐色をしている色素成分です。

体内での酸化力を抑えたり、活性酸素が発生するのを抑える働きをしてくれます。

クロロゲン酸もポリフェノールですから、細胞修復に長けていますし、免疫力を高めるためにも活躍をします。

βカロテン
ふきには強い抗酸化作用のある、βカロテンも含みます。

酸化力を抑えてくれますし、病気の下にもなる活性酸素を抑制してくれます。

細胞ダメージがあったとしても、βカロテンの栄養は弱った組織を修復するために活躍をします。

βカロテンの一部は体の中でビタミンAの栄養素として活躍をします。

そのため、βカロテンは夜盲症を防いでくれますし、人間の視力を正常に保つために役立ちます。

ビタミンB2
粘膜や皮膚における機能を正常に維持するビタミンB2の栄養成分も含みます。

タンパク質と脂質に糖質の炭水化物は、三大栄養素と呼ばれています。

体内でこの三大栄養素を効率的にエネルギーへと変換するのもビタミンB2の栄養であり、体内の新陳代謝を支える仕事をしてくれます。

成長にも関連するのがビタミンB2であるために、キッズの成長にも欠かせはしないですし、女子たちの美容にも必要です。

ナイアシン
水溶性ビタミンのナイアシンも含みますので、酵素補助に助けになるビタミン成分です。

脳神経が正常に働くのも、粘膜の健康維持ができるのも、ナイアシンの栄養があってこそです。

ビタミンB6
ふきの野菜にはビタミンB6の栄養も含有しており、体内の代謝を支えてくれます。

発見されたのは、皮膚を予防することからでした。

そのため粘膜の維持や皮膚の健康にも、ビタミンB6の栄養は役立ちます。

カルシウム
必須ミネラルでもあるカルシウムも含みますので、骨の健康を長く維持するためにも味方になります。

骨だけではなく、歯もいつまでも丈夫にすこやかに保つためにも、カルシウムの栄養は非常に重要なものです。

最後に

ふきは様々な栄養が含まれていますので、まさに自然界の栄養素を補給するにはもってこいです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-

関連記事

カレーが一段と美味しくなる隠し味:バター

カレーをさらにおいしくさせる隠し味として、バターがあります。 バターカレーがあるように、相性が良い組み合わせです。

栽培しやすいハーブの種類:ペパーミント

ハーブティーには様々な種類がありますが、毎日の健康にとって優れた効果を持っています。

忙しい朝にぴったり!卵を使った朝ご飯レシピ

平日の朝はとても忙しくて、朝ご飯をつくるのも大変ですよね。 そんな忙しい朝にぴったりな、卵を使った朝ご飯レシピを紹介します。

ベトナムのコーヒーを楽しもう

コーヒーは世界でも多くの人に愛されていて、色々な樹類があり、各国の豆や焙煎等で香りも味も様々。 コーヒー好きであれば、色々な国のものを試してお気に入りの1杯もあるはず。

豚肉ダイエットにおすすめの食材:グレープフルーツ

美への探求心が強い女性を中心に、美容・ダイエットに関する情報は日々進化しています。 様々なダイエット方法がある中でも、今注目を集めているのが豚肉ダイエットです。

楽天モーションウィジェット