高カカオチョコレートの知られざる効果!【善玉コレステロール値を増やす働き】

最近、よく耳にするようになった高カカオチョコレートは、美肌効果や動脈硬化の予防、血圧の低下、疲労回復、ストレスの緩和、便秘の改善、アレルギーの改善などさまざまな効果と効能があります。

スポンサーリンク

高カカオチョコレートの効果と効能

高カカオチョコレートに含まれているカカオポリフェノールには、抗酸化作用があり、シミやしわなどの老化を抑制し、体内の活性酸素を除去する働きがあります。

また、抗酸化作用によって、動脈硬化の原因となるコレステロールの酸化を抑制します。

カカオポリフェノールには、血管を広げて血圧を下げる効果があり、自律神経を調節して疲労回復も促進していきます。

そのほかにも、血中のストレスホルモンの分泌を抑制し、食物繊維が腸内にたまった老廃物を排出するため、便秘や肥満、生活習慣病の予防効果も期待できます。

カカオポリフェノールには、活性酸素を生み出す因子の働きを抑制しますから、アレルギー改善効果もあります。

このように、高カカオチョコレートには、さまざまな効果・効能があり、美容や健康が気になる人には、おすすめの食品といえます。

一般的に、高カカオチョコレートとは、カカオが70%以上あるものがほとんどですが、厳密には何%含まれているかどうかという定義は、はっきりとは決まっていません。

できるだけ効果を期待したいなら、カカオの含有量が高いものを選ぶとよいでしょう。 ただ、気をつけないといけないことは、どんなに効果があるといっても、食べ過ぎはよくありません。

目安としては、1日に25g程度を摂ると良いでしょう。メーカーによって、含まれているポリフェノール含有量は異なりますから、商品の内容表示を見ながら調節してみるとよいでしょう。

腸内の善玉菌を増やして便通を改善

最近は、腸内細菌や腸内フローラなどが注目されていますが、高カカオチョコレートも腸の調子を整える働きが期待できます。

カカオポリフェノールには、動脈硬化のリスクなどを軽減し、認知症の予防にも効果があることが、わかっていますが、それ以外にも、便秘改善効果も期待できるといわれています。

大腸には、500兆個の腸内細菌が生息し、食物繊維などを餌にして腸内環境を整えていますが、善玉菌の数が減り、悪玉菌が増えると便秘などさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

高カカオチョコレートを食べることで、カカオタンパク質が善玉菌の餌になり、腸内環境を改善すると考えられています。

カカオタンパク質には、排便の回数を増加させたり、便量の増加、腸内フローラの変化などの機能があり、カカオポリフェノールには認知症予防や動脈硬化のリスク低減、善玉コレステロール値の上昇、血圧低下などの機能が期待できます。

40代を過ぎると、腸内の善玉菌が低下したり、悪玉菌が増える傾向があるといわれていますから、健康維持のために善玉菌を増やす取り組みを始めることが大切です。

カカオに含まれているポリフェノールは、健康効果があることは昔から知られていましたが、このポリフェノールに含まれているカカオプロテインが、消化され難いタンパク質で、小腸で消化されずに大腸にまで届きます。

カカオプロテインは、腸内の善玉菌の餌となって、どんどん数を増やしていると考えられています。そのため、便秘改善のためには、高カカオチョコレートが有効といえます。

ただ、甘みが少なく苦みがありますから、スイーツ感覚ではなく薬と思って食べると良いでしょう。

高カカオチョコレートの効果的な食べ方

高カカオチョコレートは、健康食品として注目を集めていますが、これは、テオブロミン、ポリフェノール、リグニンという三大機能性成分が、重要な働きをし、便秘を解消したり、血糖値を下げるなどさまざまな効果があるとして、注目されています。

カカオの量を増やすことで、血糖値を下げたり、動脈硬化予防、アレルギーの改善、認知症予防、大腸ガン予防などさまざまなメリットが期待できます。

高カカオの商品というのは、糖質を抑えた物が多く、空腹感や血糖値の上昇を抑えることができると考えられています。

実際に、糖尿病患者や高血圧患者にも症状の改善がみられたという報告もありますから、美容だけではな健康維持にも効果的といえます。

ポリフェノールというと、赤ワインに含まれている成分として有名ですが、高カカオ商品には赤ワインの15倍ものポリフェノールが含まれていますから、効果が高いのは納得です。

こういったさまざまな効果・効能のある高カカオ商品を効果的に摂取するには、1日に25gを目安に摂取するとよいでしょう。

どんなに体に良いといっても、食べ過ぎはよくありませんから、25gを数回に分けて食べるとより効果的です。特に、食前に食べることで空腹感を和らげて、食べ過ぎを防止してくれますから、おすすめです。

糖尿病や高血圧になると、糖質やカロリー、塩分に十分気をつけて、食事制限を行う必要があります。

特に甘いものは厳禁とされていますが、高カカオ商品は、活性酸素を除去し、動脈硬化などの糖尿病合併症の予防にもつながりますから、糖尿病患者でも食べることができます。

ただ、食べ過ぎると症状を悪化させてしまうおそれもありますから、必ず医師に相談して食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

グルテンフリーダイエット:フォーのアレンジレシピ

グルテンフリーダイエットでは、ベトナム食材のフォーをレシピに取り入れることは特におすすめです。 素材としてはタンパクな風味になっていますが、逆の意味では他の素材の旨味を吸収しやすい性質になりますから、 …

肌の老化を防ぐポリフェノールは【生姜】で摂ろう!

シミやしわ、ほうれい線などの肌の老化を防ぎたいときは、ポリフェノールを摂取した方が良いので、この成分を豊富に含んだ生姜を、積極的に食べるようにしてください。 食事だけでは十分な量を摂れない場合は、サプ …

包まない時短レシピ:餃子

餃子を食べるのは美味しいけど、作るのがすごく手間です。 皮に包んだり丸めたりするのにすごく時間がかかってしまうため、他の料理を作る時間がなくなってしまったりします。 そこで、皮に包まないで簡単に作る事 …

トマト鍋に入れると一層美味しくなる具材:シーフード

冷暖房のきいた会社の中にいると、季節の移り変わりは感じにくいものですが、会社から一歩外に出れば、その変化は一瞬にして感じることが出来るでしょう。 寒い季節になってくると、昼間だとしても、寒さに体を震わ …

奈良県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

奈良県は、かつて平城京という都があった県で、現在でも歴史的に価値の高いお寺や、神社などのスポットがたくさん残されているため、多くの人が訪れる人気の高い観光地となっています。 そしてこの県には、言ったら …

楽天モーションウィジェット