高カカオチョコレートの知られざる効果!【肥満抑制効果】

最近、テレビや雑誌などでも取り上げられている高カカオチョコレートには、ポリフェノールのほかにも、マグネシウムやカルシウム、鉄、亜鉛などのミネラル分や、食物繊維が豊富に含まれています。

特に、カカオ分が70パーセント以上含まれているものに多く含まれ、動脈硬化を防いで、善玉コレステロールを増やす効果があることが認められています。

また、カカオポリフェノールには、抗酸化作用があり、活性酸素を抑制する効果があるため、ガン予防に期待されている成分でもあります。

そのほかにも、認知症の予防や紫外線から肌を守るなど、さまざまな効果・効能があります。

スポンサーリンク

肥満抑制効果のある高カカオチョコレートとは

一般的に、チョコレートというと高カロリーで、ダイエットには大敵だと思っている人も少なくありませんが、高カカオチョコレートは、腸の働きを促進する食物繊維が豊富に含まれていますから、便秘を解消し、食前に食べることで食欲を抑え、食べ過ぎを防ぐことができるため、ダイエットには効果的といえます。

さらに、カカオポリフェノールには、体内のストレスを緩和する働きがあるため、ストレスに耐性がつき抵抗力を高める効果があります。

ストレスというのは、肌荒れやニキビの原因にもなりますから、ストレスを緩和させる働きは、美容にも有効といえます。

そのほかにも、チョコレートにはフラボノイドと呼ばれる成分が含まれていますが、このフラボノイドは、皮膚の血行を促進する効果があるため、紫外線での肌ダメージを受けにくくしてくれます。

このように、高カカオチョコレートには、さまざまな効果・効能があり、注目の成分といえます。

糖尿病や肥満を解消する効果が期待できる

チョコレートにはリフレッシュ効果がありますが、それ以外にも健康効果があり、最近注目されています。

特に、高カカオ商品には、動脈硬化の予防や便秘解消、アンチエイジング、血圧の低下、アレルギーの改善、認知症予防などのさまざまな効果が期待できますが、食前に摂取することで、食欲を抑えることができるため、ダイエット効果も期待できます。

そのため、肥満で悩んでいる人にはおすすめです。ただ、さまざまな効果・効能がある高カカオチョコレートですが、食べ過ぎには注意が必要です。高カカオ商品は、カカオの含有量が多く、そのため脂質も多くなっています。

一般的なものと比較すると、1.2~1.5倍ほどの脂質が含まれ、高カロリーとなっています。また、カフェインやテオブロミンが多く含まれていますから、食べ過ぎると不眠や頭痛をまねく可能性があります。

そのほかにも、高カカオ商品には、ニッケルが2~4倍程度含まれていますから、金属アレルギーを引き起こす可能性も高くなってしまいます。

どんなに体に良い成分といっても、たくさんの量を食べ過ぎるとよくありません。 高カカオチョコレートの摂取量は、1日に25g程度を目安にし、バランスのよい食事を心がけるようにすることが大切です。

最近では、コンビニなどでも手軽に購入することができますから、特徴を理解して適量を摂取するようにするとよいでしょう。

高カカオ商品は、甘みは少なく苦みが強いのが特徴ですから、スイーツとしてではなく、薬として摂取するようにすると、食べ過ぎも防ぎ、効果的に摂取することができます。

糖尿病や肥満を解消する高カカオチョコレート

カカオポリフェノールには、抗酸化作用があるため、満腹中枢を刺激して、食欲を抑制する効果があります。またそれだけではなく、血中の脂肪を分解して脂肪を血液中に残さないという働きもあります。

そのほかにも、苦みの成分でもあるテオブロミンは、自律神経を調整し、脂肪燃焼を促進する効果も期待できます。

また、カカオに含まれているリグニンは、腸内にたまった老廃物を排出して、腸内環境を整えてくれますから、便秘だけではなく肥満解消も期待することができます。

このように、さまざまな効果・効能がある高カカオ商品は、食前20分前に食べることで、満腹中枢を刺激して、食べ過ぎを抑えることができます。

1日の摂取量は、25g程度だといわれていますが、これは一度に食べるのではなく、朝・昼・晩に分けて食べるのがおすすめです。

高カカオ商品は、美容や健康効果が期待できるといわれていますが、最近では毎日食べることで、脳が若返る可能性があるともいわれています。

認知症の人の数は年々増加し、2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるといわれています。 特に、近年スマートフォンの普及にともない、常に脳に刺激を受けているため、脳が疲労してしまい、40代などの若い世代のもの忘れが増えています。

65歳を超えた人の場合、脳由来神経栄養因子と呼ばれるタンパク質の一種が、年々減少してしまいます。これを増やすためには、運動と抗酸化物質が有効だといわれています。

高カカオ商品には、高濃度のカカオポリフェノールが含まれ、脳由来神経栄養因子を増やして、血流を増やすことができますから、認知症予防にも効果的です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

  • Title

    […]just beneath, are various completely not connected web pages to ours, nonetheless, they are surely worth going over[…]

  • -->

    関連記事

    豚肉ダイエットにおすすめの食材:レモン

    スーパーで鶏肉や牛肉と並んでポピュラーな肉類なのが、豚肉です。 食用の家畜として育てられた豚の肉はとても口当たりが良く、価格が牛肉よりも安いこともあり、購入者が多い肉類として君臨しています。

    味噌で菌活しよう!

    菌活をすることを決意したら、身近にある発酵食品といえば、日本人が愛する味噌もそのひとつです。

    炊飯器で作れる時短レシピ「ホットケーキ」

    家事や育児に介護などに忙しい女性にとって、今流行りの時短レシピの存在は嬉しいものです。いかに時間をかけずに、美味しい料理を作るかが重要であり、簡単に利用出来るかどうかがカギとなります。 そんな時短レシ …

    花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「青魚」

    そもそも、花粉は人間の体にとって悪いものではありません。昔の人が花粉症で苦しんだという話は聞きませんしね。 では、なぜ私達現代人は苦しんでいるか、そこから話し始めたいと思います。

    グルテンフリーで食べていい食品:卵のレシピ

    グルテンフリーで食べてよい食材として、卵を取り入れてみましょう。

    楽天モーションウィジェット