手ぶらでOK!江東区立若洲公園キャンプ場で楽しもう

東京は生活をするには何でもあって便利な街ですが、アウトドアを楽しもうとすると不向きな場所です。

都心は自然があるような場所はありませんし、キャンプをすることができるようなところもありません。

アウトドアを使用となれば東京から出て自然あふれる近隣の場所まで行かなければなりませんが、それはそれで手間がかかってしまいます。

しかし、江東区立若洲公園キャンプ場であれば、東京都内でありながらアウトドアを満喫することができます。

スポンサーリンク

東京で楽しむことができるアウトドア

江東区立若洲公園キャンプ場の便利なところというのは、完全に手ぶらでキャンプをすることができ、バーベキューの機材などアウトドアに必要なものは何でも貸し出してもらうことができるので、必要な道具を自ら揃える必要がありません。

東京で生活をしているとアウトドアをする機会というのはそれほど多いものではありませんから、余程のアウトドア好きでなければ道具を一式揃えているという人は少ないものですし、そもそも運ぶための車を持っていないという人も多いので道具があっても持ち運ぶのに苦労をしてしまうということになります。

江東区立若洲公園キャンプ場であれば、道具がなくても手ぶらで楽しむことができるので別途道具を用意する必要もなければ、道具はあるけれども持ち運ぶのが大変という人も手間をかけずに楽しむことができます。

立地に関しても江東区という非常にアクセスのいい場所にあるので、週末にすぐに遊びに行くことができ、すぐに帰ってくることができるので、とにかく気軽にアウトドアを満喫することができるのが魅力となっています。

何も持たずに手ぶらでアウトドアができる

江東区立若洲公園キャンプ場では手ぶらでキャンプやバーベキューをすることができるのが魅力ですが、食材までも用意をする必要が無いので、本当に何も持たずに遊びに来ることができます。

貸し出して貰うことができるものは様々で、キャンプセットからバーベキューセット、食材も購入をすることができるので何かを用意して来る必要はありません。

もちろん、貸出や販売されている食材を絶対に購入をしなければならないということはないので、自分たちの好きなものを買ってきて焼いて食べたいと思えばそれも可能ですし、バーベキューセットはあるけれどもテントがないのでテントだけ借りたいという場合でも対応をしてもらうことができます。

また、釣りのセットも貸し出されているので、それだけ借りるということもできるようになっています。

そのため、できるだけ節約をしたいという人は必要なものだけを借りてお金を節約をすることもできれば、重たいものは持ち運びたくないという人は手ぶらでやってきて現地で全てを揃えるということもできます。

選択肢は利用者側にあるので、費用をできるだけ抑えようと思えば最小限に抑えることができますし、多少お金がかかっても利便性を重視したいというのであれば手ぶらで楽しむことができるので便利です。

いざという時には現地で調達できるというのも、足りないものがあったときにも安心であるため余計なことを考えずに楽しむことができるキャンプ場となっています。

東京で自然に触れ合うことができるのが魅力

江東区立若洲公園キャンプ場の魅力は東京という場所にありながら、自然と触れ合うことができるという点にあります。

東京は巨大なビルや最新の設備などは数多くありますが、自然というのはそれほど多いものではありません。

江東区立若洲公園キャンプ場は、そのような東京にあって緑溢れる自然に囲まれて美味しいバーベキューを楽しんだり、キャンプファイヤーなどを行なうことができるようになっています。

かまどなども設置をされているので、昔ながらの方法でご飯や味噌汁などを煮炊きするというのはとても新鮮なものであり、手間ひまかけて作った食事というのは普段食べているものよりもずっと美味しく感じられるものです。

また、炊飯器のスイッチを入れるだけでご飯ができるわけではない不便さというのは、日頃どれだけ自分達が便利な生活をしているのかということを再認識させてくれるものとなっているので、日頃の生活を見直すきっかけとしても非常に優れたものとなっています。

共有の設備を譲り合って使用をすることによって、忘れがちな譲り合いの精神を身につけることもできるため、普段とは違った経験をすることによって忘れていたものを思い出させてくれます。

東京は便利な街ではありますが、自然に触れ合う機会が少ないので知らず知らずのうちにストレスが溜まっているということも少なくありません。

江東区立若洲公園キャンプ場で自然と触れ合うことによって日頃の嫌なこともきれいに忘れることができてリフレッシュをすることができるので、東京で生活をしているからこそたまにはアウトドアをしてみてもよいのではないでしょうか。

江東区立若洲公園キャンプ場公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-,

関連記事

6月におすすめの国内旅行先3選

6月といえば梅雨の時期であり、毎日のようにあまり芳しくない天気が続くこともあります。 一方、そうした天気だからこそ、魅力的に感じる場所というのも多くあるため、国内旅行をする場合には、そうしたところに行 …

「マリンハウスシーサー那覇店」でマリンスポーツを楽しむ!

マリンハウスシーサー那覇店は、1993年創業で24年もの歴史をもつマリンスポーツショップです。沖縄の那覇から、日帰りで慶良間の海を思い切り楽しむことができることが特徴です。 アクセスが便利なので、無駄 …

地元民おすすめ!愛知県旅行の穴場スポット3選

愛知県には、多くの人が旅行の際に訪れる定番のスポットが、中部地方を代表する大都市である名古屋を始めとして、それ以外の地域にもいくつもあります。 しかしそういったスポットではなく、地元民がおすすめする穴 …

岩手県のおすすめ旅行スポット

岩手県は、東北地方にあり、日本の中で、北海道についで、2番目に広い県となります。 そんな岩手のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。

自然の芸術!蔵王連峰の樹氷

蔵王連峰の樹氷は幻想的な美しさで知られています。 冬の東北を旅行するには外せないスポットの一つです。 蔵王連峰は宮城県と山形県の間に位置し、両県からアクセスが可能です。 冬場は蔵王を通っての両県の通り …

楽天モーションウィジェット