女の子でも可愛く見える!おすすめのキャップのかぶり方:髪を耳にかける

キャップをかぶる女の子が増えており、どのようにかぶるか、そのかぶり方を研究する女の子が多くいます。

そんな中、髪をかけるというかぶり方が人気を集めており、多くのモデルやアイドルが実践し、インスタグラムなどでその姿を見ることができます。髪をかけるという仕草は、以前から行われており、男性はその姿にドキッとさせられます。

ただ、その理由の多くは、髪の毛が邪魔だからというものであり、髪の毛が顔に触れてうっとうしいから、かけるということが行われています。

スポンサーリンク

キャップをもっと可愛くかぶりたい!

髪を耳にかけると魅力が増す女の子が急増

一方、髪の毛を結ぶのが嫌だからという理由で、髪を耳にかける人もいます。結ぶことで、髪の毛に癖がついてしまうのを嫌う女性が多くいるため、そういうことをするということも考えられます。

そんな中、深層心理としてそういう行為をする理由も存在し、真剣に話を聞くという心理が含まれています。一種の気合の表れでもあり、あなたの話を聞きますよという気持ちが出ていると、そうした行動に出ることがあります。

中にはその仕草が可愛いと思われることを知っててやる女性もいるなど、うまく利用している人もいます。

キャップのかぶり方として、髪を耳にかけることは、女性の中でもよく行われていますが、この心理もまた先ほどの理由と近いものがあります。髪の毛をそのままにしていると、髪型を決める際に邪魔になりやすいことから、キャップをかぶる際、最初からそれを出すかぶり方をし、て髪形を決めるということが行われます。

また、このほかにも髪を耳にかける理由が存在し、キャップの種類によっても耳を出した方がいい場合などがあります。

ニット帽のキャップの場合は、むしろ耳出しが普通

ニット帽のキャップはここ数年、キャップの中でもトレンドになっています。髪形をそこまでセットする必要がなく、可愛らしさを演出することができるためです。

そのかぶり方としては、いくつかの種類がありますが、基本的には髪をかけるようなかぶり方が主流であり、基本的なスタイルとなります。ニット帽は、髪全体を包むような形になります。

もし耳を出さないとなると、ニット帽の中に髪の毛がすっぽり入り、給食のおばさんのような状態になり、可愛さよりも少しダサさが出てしまいます。ロングヘアの場合には、覆ってしまうことはあるにしても、ショートヘア、ミドルヘアの場合には、そこまで深くかぶらず、それでいて耳を出すのが一般的です。

特にショートヘアは、髪の毛を多く見えると可愛く見えるため、そのために耳を出すようなかぶり方が多くなっていきます。

また、一方の耳にだけ髪をかけるというやり方もおすすめです。

そうすることで小顔効果が期待でき、写真写りが劇的に良くなるようになるため、インスタグラムで自分を撮影するときなどに、実践している女性も多くいます。ニット帽は可愛らしく見せる一方、下手に被ると可愛らしさよりも、子供っぽさが出てしまい、まるで雪国の子供のような姿になってしまいます。

雪国の子供っぽさが出てくる原因が、すっぽり被っていることであり、寒さ対策として耳まで覆ってしまうことから、そのように見えてしまいます。

可愛さを引き立たせることが目的であることから、もはや耳出しは必須と考えたほうがよく、それを前提にしたかぶり方、髪型が求められています。

耳を少しだけ出す効果的なかぶり方

耳が大きな人は髪の毛で隠し、その大きさをごまかすということがよく行われています。

しかし、その耳を少しだけ出すことで、可愛さを高めるということが可能です。それをするには、キャップで髪の毛を集めることが必要になります。

髪の毛が、上からかかるような形になると、なかなかそこから耳だけを出すというのはできません。そうなると、耳の部分だけ髪の毛がふくらみ、顔が大きく見えてしまうということにつながります。

そのため、少しだけ見せることで、可愛さをアピールするだけでなく、顔が大きいわけではないということを見せることができます。

軽く髪の毛をまとめ、そこで浅めにかぶるというやり方もあれば、横から見える姿を想像し、最初はボブなどですっぽり隠し、事あるごとに髪に耳をかけるというのもあります。

少しだけ出すのは、髪を耳にかける仕草を想定せず、その姿の可愛さをアピールするために行われるという計算も含まれています。いわば髪型におけるアクセサリー、装飾と考えたほうが自然であり、さらに引き立たせることにもつながります。

うっとうしいからという理由や、顔を小さく見せたい、さらに可愛く見せたい、その仕草が男性にとっては魅力的など様々な理由があり、それを元にかぶり方も決まっていくというのが一般的ですが、避けたいかぶり方は子供っぽさ、男の子っぽさなどが出るかぶり方です。

最後に

野球帽ひとつとっても、人によって可愛く被る人、そうでない人とはっきり分かれます。

その違いは、耳を効果的に使っているかどうかに出てきます。

全体で可愛さを表現できている人、単に暑さ対策で被っている人では全くかぶり方が違います。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

マンネリを脱出!寒い冬でもあったかい重ね着コーデ♪シャツワンピース×ロング丈ニット

寒い冬の季節になると コーディネートはワンパターンになりがちです。 いつも同じような組み合わせで 人から新鮮味がないと思われているのではないかと不安になるものです。 スポンサーリンク 冬は防寒重視? …

「大人の差し色」の取り入れメソッド:さりげないアクセサリーに

ファッション誌や、コーディネートをレクチャーしているテレビ番組などを見ると、差し色という言葉がよく使われていることに気づきます。ファッションに興味のある人なら既にご存知のことでしょうが、差し色とはその …

いつものコーデにオンするだけでおしゃれになるアイテム:スニーカー

スポンサーリンク まずはコンバースを1足ゲットしよう 空前のスニーカーブームが続いている中でも、断然人気があるのがコンバースのスニーカーです。 誰もが1度は履いたことがあるというぐらい、日本人に馴染み …

女の子でも可愛く見える!おすすめのキャップのかぶり方:ロング

キャップが好きな女の子は、意外と多いのではないでしょうか? キャップは、スポーティーでカジュアルなアイテムです。オシャレが好きな人は、一つは持っているかもしれませんね。使い方によって、コーディネートの …

女性らしさをUPするキレイめカジュアルを作る方法:ボディラインが見えるものを着る

女性らしさをUPするにキレイめカジュアルを作る方法は、ボディラインが見えるものを着ることです。カジュアルでも美しくいこなすことができますし、少し恥ずかしいと思う人も、思い切ってボディラインを強調するフ …

楽天モーションウィジェット