女の子もキャップを可愛くかぶる!【ざっくりポニーテール×キャプ】

ラフで健康的な印象を与えてくれるファッションアイテム、キャップ。

近年、女の子でも可愛くかぶっている人を多く見かけます。キャップをかぶると、不思議とボーイッシュなイメージになりがちですよね。

きっちりとポニーテールにしてしまうと、その印象は一層強くなってしまいます。ここでは、可愛らしさを残しつつ、ラフに仕上げるキャップのかぶり方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

キャップ女子のスタイリング

ゆる巻きポニーテールでトレンドスタイルに

可愛い印象を与えつつ、トレンド感を出したいときは、一度髪全体をゆる巻きにしてから結ぶのがおすすめです。

コテは、なるべく太めのものを使用するようにしましょう。細すぎるコテでは、きついイメージに仕上がってしまうことがあります。

ロングヘアなら、32ミリくらいのコテがおすすめですよ。ショートヘアやミディアムヘアの人は、もう少し細めのコテを使用しても、違和感はありません。

柔らかい印象を目指すなら、ふんわりと巻くようにしましょう。

ここでのポイントは、トップからざっくりと巻いていくことです。特に後頭部やサイドの髪は巻きにくいのですが、ここをしっかりとカールさせることが大切です。

巻き終わった髪を結ぶときは、なるべく太さのあるゴムを使用しましょう。結んだあとで、多少遅れ毛を引き出しても可愛らしいですね。

遅れ毛がふんわりカールしていると、よりトレンド感を印象付けられますよ。キャップをかぶるため、あまり高い位置には結ばないよう気を付けてくださいね。

かぶり方は、よりおしゃれに見せたい人は、斜めにかぶってみましょう。ポニーテールの位置も、真後ろではなく少しサイドに寄せてみても良いですね。

キャップにポニーテールを通すかぶり方

可愛らしい髪型にキャップを合わせるのも良いですが、たまにはBガールのように、かっこいいかぶり方に挑戦してみましょう。

ざっくりポニーテールを、より印象的に見せる髪型がおすすめです。
後ろに、サイズ調節用に隙間のあるキャップでできるヘアスタイルです。これはダンサーの人がよくしているヘアスタイルなのですが、後ろのホールに髪を通す、動きやすいボーイッシュなスタイルです。

このヘアスタイルは、キャップが脱げにくくなるメリットもあるので、ダンスやスポーツをしている人にもおすすめですよ。

まず、髪全体を緩く巻くあるいは、あえてドライしたままの髪をそのまま後ろで結びます。あえて髪を巻かないヘアスタイルは、よりボーイッシュで健康的なイメージを目指している人におすすめです。

ハードな印象を与えたい人は、髪全体を強めに巻くのも良いでしょう。ヘアスタイルをキープするために、スーパーハード系のスプレーも忘れずにしてくださいね。

このヘアスタイルでは、ホールに髪を通すため、かぶり方は途中で変えられません。
最初に、ホールの位置を合わせてから、髪を結ぶようにしましょう。比較的ショートヘアの人でも挑戦しやすい髪型なので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ただ、帽子を脱いだりかぶったりするのが多少面倒な点がマイナスポイント。
一日中外にいるアウトドア派の人や、スポーツ・レジャーのときに特におすすめの髪型です。

ファッションは、ラフなTシャツやオーバーサイズパーカー、ヘルシーなデニムなどがおすすめ。ボーイッシュなパンツスタイルとの相性もばっちりですよ。

髪を切らなくてもできる、なんちゃってショートヘア

キャップのラフな雰囲気に惹かれる女性は、ショートヘアやミディアムヘアの人が多いのも事実。

しかし、ロングヘアの人も爽やかで健康的な印象にチャレンジしてみたいですよね。髪を切るのは嫌だけれど、少しだけショートヘアを体験してみたい、という人にもおすすめなこのスタイル。

キャップに髪を入れこんで、なんちゃってショートヘアに挑戦してみましょう。
ショートヘアの軽快でスポーティーな雰囲気は、レジャーなどのアクティブなシーンにぴったり合いますよね。

まずは、髪全体をコテで緩く巻きます。次に、ハーフアップにするのですが、この際、少し緩めに結んでください。ハーフアップにした髪で、くるりんぱをします。

次に、残りの髪を含め、全ての髪をひとつにまとめます。
この髪をさらにくるりんぱします。何回かくるりんぱすることで、髪が短くなったような印象を持たせることができますよ。

最後に、くるりんぱした髪をみつあみしましょう。
みつあみした髪の先がゆるく巻かれていると、よりおしゃれな印象になります。

みつあみの先は、モチーフ付のヘアゴムやバレッタを使用して、トレンド感を出すことも大切です。ヘアアイテムは、ファッションに合わせた雰囲気のものを選ぶと良いですね。

このヘアスタイルは、ハットやニット帽などの帽子でも再現できます。みつあみを終えたら、帽子の中にみつあみ部分をおさめ、必要に応じてピンなどで整えたら完成です。

髪を入れるので、髪が多い人ほど余裕のある帽子を選ぶことが大切ですよ。

イメージががらりと変わるので、たまに気分転換するのにちょうどいいですね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , ,

関連記事

服の色の合わせ方の基本をマスター

自分が着る服のコーディネートをするときに、最も気にかけているところは何でしょうか。 やせて見えること、雰囲気を作ることなど様々なことがあげられるでしょう。 だれがどんな服を好むかということは人それぞれ …

この冬1つは取り入れたいシルバーアイテム!「ネイル」

女性の美容の1つに 欠かせなくなったのが 「ネイル」 です。 手元をきれいに見せるだけでなく、ハンドケアやネイルケアによって肌の状態をキレイに整えることができます。 また、手元をキレイに見せることで所 …

小顔に見せる!トップスの選び方:引き締め色を選ぶ

小顔に見せるトップスの選び方は、引き締め色を選ぶことで決まりだといえます。 引き締めカラーの代名詞的な色は、やはり断然のブラックカラー!これはもはや、スリムに見せたい女子が、迷うことなく選ぶカラーだか …

いつものコーデにオンするだけでおしゃれになるアイテム:スカーフ

シンプルにまとめたファッションも素敵ではありますが、あまりにもシンプルにしすぎると、女性らしい華やかさに欠けてしまったり、部屋着のように見えてしまったりするものです。 特に着やせをしようとして濃いめの …

春夏の万能アイテム「ポロシャツ」は赤ポロシャツでレトロガーリーに

ファッションセンスというのは、身に備わったものではなく、むしろ経験によって積み重ねられていくものです。 誰でも、最初はどうしたらいいのか分からなく、少しずつイメージを膨らませて、ブームを取り入れて、自 …

楽天モーションウィジェット