車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自動車検査員

日本では道路運送車両法と呼ばれる法律によって、保安基準をクリアしていない自動車は公道上を走行することができないルールになっています。

この基準の適合性をひとつひとつ確認しているのは自動車検査員と呼ばれる人々ですが、この仕事に就くためには、一定の資格要件が定められています。

スポンサーリンク

自動車検査員はどのような仕事をしているのか

自動車検査員の資格要件を説明するにあたっては、まずは検査員の普段の仕事内容について知ることが大切です。

検査員の最も重要な仕事は、資格名が示しているように、車両が保安基準に適合しているかどうかを検査することです。

検査員は、普段は国土交通省から指定工場として認定を受けた自動車整備工場で勤務しています。

多くの指定工場では、検査員は他の従業員とともに車両の分解整備やメンテナンスなどを行っていますが、検査の依頼を受けた場合は、工場内にある設備を使って対象車両が保安基準を満たしているかどうかの確認を行います。

また、検査にあたって必要な書類の作成も検査員の仕事であり、検査に合格した場合は保安基準適合証を作成し、車両を持ちこんだ人に交付します。

車両の所有者は、この適合証を持って運輸支局等に行って手続きを行えば、新しい車検証が交付される仕組みになっています。

自動車検査員の業務は、この資格を保有している者にしか実施することが許されていません。

法令に基づいて実施しなければならず、違反行為があった場合は行政処分や刑事処分の対象となる責任の重い仕事ですが、その分大きなやりがいを感じることができるでしょう。

自動車検査員と運輸支局等で働く検査官の違いとは?

自動車検査員とよく間違えられやすい職業に、「自動車検査官」と呼ばれるものがあります。

これらは名称はよく似ていますが、普段の仕事内容はまったく異なっています。

検査員は前述の通り、指定工場で車両の分解整備をしながら、顧客からの依頼に応じて検査を行っています。

この点は検査官もほぼ同様ですが、検査官は自動車技術総合機構と呼ばれる独立行政法人の職員の業務の一つとして行っており、検査登録事務所に配属された職員がほぼこの業務に専念しています。

これが指定工場で働く検査員と、独立行政法人で働く検査官の大きな違いといえます。

この独立行政法人では検査業務以外にも数々の試験を実施して、車両および構成装置が基準に適合しているかどうかを審査する業務や、自動車や交通システムに関する研究業務、リコールに関して技術的な検証を行う業務も行っています。

検査員は一度資格をとってしまえば指定工場内に勤務している限り検査業務に携わることができますが、検査官の場合は人事異動によって業務から離れなければならなくなる可能性があります。

自動車検査員になるための資格要件を知ろう

自動車検査員になることができるのは、検査員教習を修了した人か、運輸支局や軽自動車検査協会で検査官をつとめた経験がある人だけです。

後者は経験があればほぼ無条件で資格を取得することができますが、前者の場合は教習にも受講資格が定められている点に注意が必要です。

検査員教習を受けるためには、1年以上の自動車整備主任者としての実務経験があり、なおかつ受講が義務付けられている研修にすべて参加していなければなりません。

整備主任者は、選任された後に新規整備主任者特別研修を受け、その後は定期的に研修を受ける義務があり、これを怠ると実務経験の期間が要件を満たしていても教習を受けることができません。

なお、整備主任者になるには、一級もしくは二級の自動車整備士の資格が必要です。

そのため、何も知識や技能が無い状態から検査員を目指す場合、まずは整備工場に就職して働きながら知識や技能を高めるか、車の整備について学ぶことができる学校に入って勉強をするかのいずれかの方法を用いて、整備士の資格を取得することが最初の目標となるでしょう。

自動車検査員はみなし公務員の規定に要注意

指定工場で検査員として勤務するにあたり、最も注意しなければならないのは、業務に関してみなし公務員の規定が適用されるということです。

これは、検査員が本来国が行わなければならない業務を代行している立場であるためで、道路運送車両法にみなし公務員の根拠となる規定が明記されています。

みなし公務員の規定が適用される人は、正規の公務員と同じ刑罰が適用されます。

そのため、通常の法令違反を犯した場合より量刑が重くなる可能性があります。

例えば、業務中に知るところとなった秘密を外部の人間に漏らした場合は守秘義務違反となり、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。

守秘義務は公務員をやめた後も適用され続けるため、検査員を辞めた場合であっても業務中に知った秘密事項の取り扱いには注意が必要です。

また、顧客から金銭などを受け取り、その見返りとして検査を合格させ、記名押印をした保安基準適合証を交付した場合は収賄罪に問われます。

収賄罪は通常は5年以下の懲役ですが、受託収賄罪とみなされた場合は7年以下の懲役となって罪が重くなります。

最後に

自動車検査員の資格は、整備主任者となった自動車整備士が1年以上の実務経験を積み、その後受けられるようになる検査員教習を修了すれば取得することができます。
この資格を取れば指定工場で保安基準の適合性を検査する業務に携われるようになりますが、みなし公務員の規定が適用される点には十分に注意しましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格

関連記事

住宅建築・販売に携わる資格「商業施設士」

商業施設士は、デパートやショッピングモールなどの商業施設全体のプランニングやコンサルティング、設計や施工、管理を行うスペシャリストです。 安全で快適な商業空間を設計して、お店づくりや街づくりに貢献でき …

女性に役立つ資格:アロマテラピー検定

アロマテラピーは日常生活の中に取り入れることができて、香りや目的によって使い分けることで様々な効果が期待できます。 アロマテラピー検定は人を癒したい、日常の中に癒しの空間を作りたいを考えている女性にと …

公務員になるための試験:海上保安学校

海の平和を守る海上保安官になるためには、海上保安学校へ入学して学ぶ必要があります。 海上保安大学校は幹部職員を、海上保安学校は一般職員を目指す場所となります。

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「貿易実務検定」

貿易実務検定とは、日本貿易実務検定協会が実施している検定試験のことをいいます。貿易実務検定は、貿易実務に関する能力や知識を、客観的に測定することができる民間の資格です。 主催者である、日本貿易実務検定 …

成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「こども音楽療育士」

こども音楽療育士とは、音楽療法士に関連する資格のひとつで、主に心身に何らかの障がいを抱えている子どもに対して、音楽の力で発達や成長を促す事ができるものとされています。 そのため、心身の発達と音楽的発達 …

楽天モーションウィジェット