車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:中古自動車査定士

中古自動車販売店やディーラーなどで働く場合、取得しておいた方が良い資格として、中古自動車査定士というものが挙げられます。

取得しておくと仕事の幅も広がり、就職や昇進にも有利となるので自動車業界に関わりたい場合は知識を付けておきましょう。

スポンサーリンク

中古自動車査定士はどんな仕事?

自動車の販売店や買取店、レンタカーショップなど自動車に関わる仕事において、重要な役割を果たすのが中古自動車査定士という仕事です。

個人や法人との中古車の取引において、その車がどれくらいの価値があるかを正しく判断して、取引を成立させる根幹を担う仕事となっています。

査定する際には、本体のダメージや使用年数だけでなく、走行距離や状態などを正しく判断する観察眼と知識が求められます。

近年では自動車の耐用年数も年々上昇しており、寿命が来る前に乗り換え目的で売却を希望する人も増加しているので、査定士の人手不足に陥っている店舗も少なくありません。

中古市場も盛況なので、この資格のニーズも高まっていると言えるでしょう。

顧客としても自分の愛車にどの程度の価値が付くのかは非常に気になるポイントですし、査定士には無意識に満足できる査定結果を望んでいます。

そんな中で、確かな知識と経験を持ち合わせた有資格者が査定を行ってくれれば、安心して任せることができますし、査定結果に納得しやすくなります。

これは採用する店舗や企業にとってもメリットとなるので、資格を取得しておいて損はありません。

中古自動車査定士の資格試験

この資格は詳しく見ると、「小型車査定士」と「大型車査定士」という2つの種類に分けることができます。

小型が査定できるのは一般的な車や最大積載量が4トン未満のものであり、大型の場合は小型に該当する以外のバスなどの大型車となっています。

資格試験を受験できるのは、どちらの種類でも整備や販売の実務経験が6ヶ月以上あること、さらに所定の研修を修了していることという条件を満たした人だけです。

これに加えて、小型の場合は普通運転免許以上の運転資格を持っている人、大型の場合は大型第1種運転免許以上の資格を持っている人という条件があります。

どちらを受験するかによって必要となる条件が微妙に異なるので、事前によく確認しておきましょう。

実際の試験は学科試験と実技試験が存在し、学科試験は中古の査定制度や査定基準、加減点基準などの知識が問われます。

さらに構造や法律関係、保安基準に機能や構造などの工学的な基礎知識も欠かせません。

様々な分野から出題されるのでしっかり勉強する必要がありますが、特定の資格を既に持っている人などは学科試験が一部免除されることもあります。

資格試験は難しいのか?

中古自動車査定士資格の難易度は、他の資格と比較しても概ね取得しやすいとされています。

実務経験や所定の研修を3日間受講する必要はありますが、受験資格としては比較的ハードルが低く、それさえクリアできれば知識としては難しい勉強は必要ありません。

実務経験や講習をこなしておけば、試験に出題される内容の知識は既に身に着けているものが多く、実際に毎年試験の合格率は実に80%から90%にも達しています。

試験としての難易度は決して高くありませんし、講習などで必要とされる知識は得ることができるので特別な試験対策はしなくても構わないでしょう。

教科書などから得られる知識ではなく、実務経験から得られる経験や査定能力などの方が重要となってくるため、日々の仕事をいかに真面目に行っていくかがポイントと言えます。

将来的に査定士の資格取得を目指したいのであれば、毎日の仕事に大切に取り組み、全て試験合格のための勉強だという意識を持つことが大切です。

難しい試験ではありませんが、油断していれば落ちてしまうこともあるので注意しておきましょう。

中古自動車査定士の試験情報

中古自動車査定士資格は、小型か大型かという種類に応じて試験の内容も異なります。

小型の試験は1年に2回行われており、1回目は毎年6月中旬ごろ、2回目は12月中旬ごろに実施されます。

1回目の試験は4月上旬から下旬にかけて申し込み受付期間になっており、2回目は9月中旬から10月中旬が受付期間なので忘れずに申し込みを行いましょう。

一方、大型の試験は1年に1回のみとなっており、毎年6月中旬ごろに試験が行われます。

受付は小型と同じく4月上旬から下旬ごろになるので、しっかり日にちを確認しておきましょう。

受験するには受験料も必要で、小型の場合は17,280円、大型だと18,090円を事前に支払っておく必要があります。

納付後に受験票などが送付されてくるので、指定された納付期間内に所定の方法で支払いましょう。

試験に合格できた場合は査定士証が発行されますが、小型も大型も3年間という有効期間が設定されています。

3年ごとに所定の技能能向上研修を受講し、業務を行っている店舗に勤務していることの確認をクリアしなければ更新できないので、計画だてて準備しておく必要があります。

最後に

中古自動車査定士はより専門性を持った査定の専門家として信頼を得るために欠かせない資格です。
試験そのものは簡単なので、今後も自動車業界で活躍していきたいなら積極的に取得しておくようにしましょう。

日本自動車査定協会

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:日本カウンセラー協会認定カウンセラー

日本カウンセラー協会認定カウンセラーは、心に関する資格の一つです。 この種の資格はいくつかありますが、その中で民間の資格の一つになります。 日本カウンセラー協会認定カウンセラーになると、心の悩みを抱え …

年齢・性別関係なし!転職に使えるファイナンシャルプランナー資格

日本は高齢化社会となったこともあり、働き手である若い世代を中心に、雇用や社会保障についての不安が日に日に増しています。 そんな中、様々な資格や検定などを通じてスキルアップを図り、自分のキャリア形成をし …

「会計ソフト実務能力試験」に代わる資格とは

次々に、新しい資格が生まれる現代では、残念ながら廃止になってしまう資格もあります。 その一つが、会計ソフト実務能力試験です。

家電販売のプロ!家電製品アドバイザーとは?

家電製品アドバイザーの資格は、仕事や転職の際に役立ちますし、趣味としても有用です。 スポンサーリンク 家電製品アドバイザーとは? 家電製品アドバイザーの役割は、主に家電製品やAV機器の販売、営業や接客 …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「衣料管理士」

衣料管理士は英語ではTextilesAdvisorで、テキスタイルアドバイザーとカタカナ読みで呼ばれることが多くなっています。略称の、TAと呼ばれることもあります。 衣料品の品質の管理と合理的な消費の …

楽天モーションウィジェット