季節の変わり目に必須アイテムのカーディガンの着方!冬はコートの下に

ほとんどの方が、1枚はカーディガンを持っているはずです。

しかし、合わせ方と言うとサッと羽織るだけといった方がほとんどではないでしょうか?
確かに、サッと羽織れるカーディガンは、肌寒さを感じた時に便利なアウターとして、必須アイテムと言えます。

しかも折り畳んで持ち運べるとあって、季節の変わり目などには重宝する事でしょう。

ただし、カーディガンの着方はこれだけではありません。実は1枚で、何通りもの着方を楽しむ事が出来ます。

そこで、カーディガンの着回し術を覚える事によって、いつものコーディネートを格上げしましょう。

スポンサーリンク

カーディガンのおすすめスタイリング|インナーとして合わせる

1枚で着こなしの幅が広がるカーディガン

まず、サッと羽織るだけでも、ボタンを留めない場合と留めた場合で、印象が変わります。ボタンを留めない場合は、インナーを袖口から覗かせる着こなしがオススメです。
それだけでぐっと、きちんと感が高まります。

特に、シャツの上から羽織る際には、カフスを見せるだけで、大人の女性らしい着こなしに仕上がるのでオススメです。

ボタンを留めた場合、裾をそのままボトムスにインすると、きれいめなコーディネートに仕上がります。ボトムスはスカートでも、パンツでもどちらでも構いません。

ボタンの留め具合によって、まるでカシュクールデザインのトップスを合わせているような、仕上がりになります。また、ボトムスにインした上から、ベルトでウエストマークすると、脚長効果に繋がります。

そこで、スタイルアップを実現したい!という女性には、この着こなしがオススメです。

このように、カーディガンはサッと羽織る際にも、一工夫するだけで、着こなしの幅が広がります。

コートやジャケットのインナーにも

寒い季節になると、さすがにアウターがカーディガンだけでは厳しいでしょう。ジャケットやコートなどを羽織るのが、一般的です。
そんなジャケットやコートのインナーとしても、カーディガンはオススメです。

ついジャケットやコートは、シックなカラーを選んでしまいがちです。
そんな時に、鮮やかなカラーのカーディガンをインナーとして着ていれば、ちらりと覗かせるだけで、コーディネートの差し色になります。

しかも、コーディネート全体の重さを軽減する役割も果たしてくれるので、シックなカラーのアウターばかりという方にオススメの着こなしです。

ただし、ジャケットやコートのインナーとしてカーディガンを着る場合、丈感に注意しましょう。
ジャケットやコートより長いものを選んでしまうと、どうしても着こなしがダサく見えてしまいます。

そこで、ジャケットやコートよりも短い丈のものを選んで着るようにしましょう。

最近では、ロングカーディガンも人気を集めています。もし、このロングカーディガンをジャケットやコートのインナーとして活用したい!と考えているのであれば、ロングカーディガンよりも長い着丈のジャケットやコートを選びましょう。

そうする事で、トレンドライクな、ゆるっとしたコーディネートに仕上がります。
また、ジャケットやコートのインナーにカーディガンを使用すれば、わざわざインナーダウンを購入する必要がありません。

インナーダウンの購入を悩んでいる方は、まず手持ちのカーディガンで対応してみてから、購入すべきかどうかを再度検討すると良いでしょう。

着こなしのアクセントにも使える

カーディガンは、着こなしのアクセントとしても必須アイテムです。

例えば腰に巻くと、ウエストマークが行え、脚長効果を発揮してくれます。肩に巻くと、視線が上がるので身長が高く見せられるほか、斜めに崩して巻く事で、こなれ感も演出出来ます。

肩に袖をかけると、縦のラインを強調する事が出来るので、着痩せに繋がります。

このように、羽織る以外の方法でもカーディガンは非常に役立つアイテムです。また、羽織り方も一工夫すれば、大人の着こなしが楽しめます。
その羽織り方とは、前後を逆にして羽織るというものです。

正面から見ると一見普通のトップスですが、後ろを見ると背中が開いたトップスになります。

特に深めVネックのカーディガンを前後逆にして着ると、大きく背中が開いて、とてもSEXYな印象に仕上がります。さらに、ボタンがアクセントを効かせてくれるので、後姿もオシャレに見えます。

その為、後姿も女性らしくオシャレに決めたい!といった時に、前後を逆にする着方はオススメです。

ちなみにロングカーディガンの場合は、チュニックやミニ丈のワンピースのような着こなしが楽しめます。

最後に

このように、季節を問わず様々な着こなしが出来るというのは、カーディガンの大きな魅力です。その為、ワードローブの必須アイテムとして、1枚は押さえておく事をオススメします。

既に1枚は押さえているという方は、是非既に押さえているカラーとは真逆のものを、もう1枚ワードローブに追加すると良いでしょう。

シックなカラーと鮮やかなカラーの2枚があれば、どんな着こなしにも対応する事が出来ます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , ,

関連記事

トレンドカラー!ネイビーのアウターを使ったコーディネート

ネイビー(紺)は、制服でもよく使われている色ですが、落ち着きや気品のある色です。 そんなネイビーのアウターは、色々な場面で活かせる万能アイテムです。 ワントーンにまとめるも良し、モノトーンにまとめるも …

ホワイトスニーカーを使った、おすすめコーディネート

ホワイトスニーカーは、注目のトレンドアイテムですが、カジュアルになりすぎてしまいそうで、敬遠されている方も多いのではないでしょうか。 他のアイテムの選び方や、コーディネートによって、キレイ目にもカジュ …

マンネリを脱出!寒い冬でもあったかい重ね着コーデ♪ライダース×コーディガン

スリムでかっこよさげなライダースジャケットは何年も前から定番で、女性の間でも人気のアイテム。 ライダースという名前でも、バイクに乗るときにしか着られないなどの法則はありません。自転車でもOKです。 か …

トレンドカラー!マスタードイエローの小物を使ったコーディネート

マスタードイエローは、毎年秋冬のシーズンになると注目される、おしゃれな色ですが、今年は特にトレンドのカラーとして挙げられています。 コーディネートの差し色として使える、取り入れるだけでおしゃれになれる …

シーン別!通勤で使える、スニーカーコーデ

ここ数年、大ブームを起こしているスニーカーですが、カジュアルなコーディネートだけでなく、キレイ目な通勤スタイルにも合わせる人が増えています。 一見、職場にはちょっと合わないイメージですが、どのように合 …

楽天モーションウィジェット