季節の変わり目必須アイテム、カーディガン!ベルトでウエストマーク

カーディガンは、季節の変わり目に重宝する便利なアイテムです。

素材や大きさがさまざまで、いろいろなバリエーションのものが存在します。そのため、誰であっても使用しやすいメリットがあります。

スポンサーリンク

カーディガンのおススメスタイリング|ベルトを合わせる

カーディガンを着るならベルトが必須!

ただし着方を誤ってしまうと、見た目が悪くなります。たとえば垢ぬけない感じがしたり、太って見えたりするケースなどが多いです。

そのため、着方には注意をする必要があります。何も考えずに着てしまうと、平凡な雰囲気になってしまい、オシャレから、かけ離れてしまうかもしれません。

田舎者のようなルックスになったり、老けて見えたりすることも少なくありません。そのような事態を避ける方法として有効なのは、ベルトを着用することです。

ウエストの高さでベルトを締めることによって、腰の位置が高く見えるようになります。
これによって、スタイルが良くなったような印象を与えられるでしょう。

脚が長く見えますし、身長も高くなったように見えるからです。目の錯覚を利用した、高度なファッションのテクニックといえます。

またコーディネートの方法によって、いろいろな印象を与えられるメリットがあります。

たとえばエレガントな雰囲気を感じさせたり、カジュアルな印象を与えたりすることも可能です。

そのため、カーディガンとベルトの組み合わせを変えることによって、いろいろなシーンに対応できます。

カーディガンがシンプルすぎたり、地味すぎたりする場合でも、ベルトを工夫することで、華やかな印象も与えられます。組み合わせによって、与える印象を微調整できるようになると、オシャレの上級者といえるでしょう。

カーディガンの長さを考慮したコーディネート!

カーディガンとベルトを合わせるときは、カーディガンの長さを考慮することが大切です。

オシャレの初心者の場合は、長い丈のカーディガンから挑戦すると、感覚を掴みやすいでしょう。長い丈のカーディガンに、ベルトを使用すると、ワンピースのようなシルエットになることが多いです。

普段ワンピースをよく着ている人であれば、どうのようなコーディネートになるのか、イメージしやすいと考えられます。

長いカーディガンを着るときは、ベルトも長めに垂らすと良いでしょう。
結ぶタイプのベルトを選び、結び目から先に長めに垂らすのがおすすめです。そうすると、カーディガンとベルトの垂れ具合によって、縦のラインが強調されます。

その作用によって、すっきりした印象になって、身長が高くなったように見えます。背が低くて悩んでいる人には、必須のコーディネートといえるでしょう。

短い丈のカーディガンを選ぶ場合は、なるべくカーディガンのボタンを閉めるのがポイントです。全部ボタンを閉めると、シルエットが引き締まって見えるからです。

そしてウエストにベルトをすることにより、胴体が短く見えるようになります。
つまり上半身が、コンパクトに感じられて、脚が長く見える効果があるのです。特にベルトを太くすると、その効果はさらに高くなります。

なぜなら、上半身と下半身の境界を太いベルトで隠すと、ベルトの面積によって、上半身がさらにコンパクトに見えるからです。また太いベルトが目立つので、視線を上半身に集めることになります。

それによって、さらに背が高く見えるので、スタイルを気にしている人におすすめです。

素材や色の組み合わせも重要なポイント!

カーディガンとベルトの組み合わせによって、良い効果が生まれますが、注意が必要な点もあります。

それは、両者の素材の相性を考える必要があるということです。

カーディガンの素材は、一般的にウールですが、カシミヤやモヘアなどの柔らかい素材のものも存在します。カシミヤやモヘアは、膨らみやすいので、太ってみえやすいデメリットがあります。

そのような素材のカーディガンを着用するときは、ベルトは必須だと考えましょう。着用するだけでも引き締まって見えますが、素材にこだわると、その効果を高めることが可能です。

この場合、素材としておすすめなのはレザーです。レザーは、素材として一般的ですが、柔らかいタイプや硬いタイプなどがあります。
カーディガンの着膨れの印象を減らしたいなら、硬いレザーのタイプを選ぶのが無難です。

また色を考慮して合わせることも、おしゃれなコーディネートには必須といえます。
たとえば、カーディガンがダークグレーやネイビーなどの暗い色の場合、重苦しい雰囲気になってしまいます。そのような場合でも、ベルトの色をキャメルやホワイトなどにすれば、雰囲気を明るくすることが可能です。

ワンポイントの差し色として、活用する意識を持つことが大切です。

最後に

一般的にカーディガンは、落ちつきのある、使いやすい色の方が人気があります。
そのためベルトの選択によって、個性を出すことを考えましょう。

個性を出すアイテムとしては、アクセサリーやバッグなどもあります。しかしカーディガンとの相性の良さでは、ベルトには敵いません。

両者をセットにしてコーディネートを考える習慣をつけましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

トレンドカラー!ネイビーのアウターを使ったコーディネート

ネイビー(紺)は、制服でもよく使われている色ですが、落ち着きや気品のある色です。 そんなネイビーのアウターは、色々な場面で活かせる万能アイテムです。 ワントーンにまとめるも良し、モノトーンにまとめるも …

レトロスタイルが流行り!レトロの取り入れ方【ワンピーススタイル編】

レトロ柄と呼ばれるものは、ペイズリー柄や大きな花柄、ドット柄などが主に当てはまります。 シルエットはどことなくクラシックなものであれば、レトロといえるでしょうが、ふんわりしたフレアータイプのワンピース …

買った靴が大きすぎた時の対処法:スニーカーの場合

せっかく購入したスニーカーのサイズが合わないと、がっかりではないでしょうか。 そんな時にできる対処法もありますが、スニーカーの場合は、ヒモをきつめに縛ることによって穿けるようになることがあります。その …

時計のベルトにスカーフを巻いてエレガントに!

手首のオシャレは、コーディネートのキーポイントです。 ブレスレットやバングルなどの重ね付けはゴージャスですが、じゃらじゃら感が強いと、オフィスや改まった場には向いていません。 仕事中にデスクの上にバン …

フェイクファーのメリット・デメリット

コートやマフラーなどの冬物のファッションアイテムには、ファーが使用されているものがたくさんあります。 ファーには温かさが感じられたり、見た目が華やかになるといった魅力があるからです。 そんなファーには …

楽天モーションウィジェット