季節の変わり目必須アイテム、カーディガン!インナーはシンプルに

どんなファッションにも使える、万能なアイテムカーディガン。

コーディネートによって、様々な取り入れ方ができますね。割と、どんな服にも合わせやすいアイテムですが、中に着るトップスとの相性は大切です。

スポンサーリンク

カーディガンのおすすめスタイリング|インナー

カーディガンとインナートップスの相性

インナー一つで、オシャレにも見えるし、野暮ったくも見える可能性もあるのです。

カーディガンの首元の形には、大きく分けて3種類あります。丸首・Uネック・Vネックです。首の開き具合や形によって、インナーもバランスの良い物を選んでみましょう。

インナートップスに着る物は、基本的にシンプルな形の物が似合います。ジャケットやコートなどの上着と違い、カーディガンは基本的にニット素材のため、インナーをスッキリした物にしないと、着た時の身体のラインが悪くなります。

トップスが、ぼこぼこした形にならないように気を付けてください。

色や柄の組み合わせも、大事です。
カーディガンの色が、モノトーンなどの定番色の時は、インナーに明るい色を持ってくると、地味になりすぎません。

チェックやストライプも良いですね。

逆にカーディガンが明るい色の時は、白などの目立たない単色が合います。どちらも、色バランスを考えると上手にコーディネートできます。

ファッションの必須アイテムであるカーディガンを使いこなせれば、オシャレの幅が広がります。色んな場面で使い勝手が良いので、首元のタイプ別に数枚持っておくととても便利です。

明るい色なら、ポイントとして使えるし、地味目の色なら、学校やオフィスなどでも役立ちます。

インナーを意識して、スッキリしたラインを作る事が綺麗に着こなすコツです。

どんなカーディガンにも合うシャツを着よう

カーディガンのインナーとしておすすめなのは、シャツやブラウスです。

ネルシャツやデニムシャツは、物によって素材が厚いので、インナーにするとゴワゴワした着心地になります。薄手のYシャツやブラウスが適しています。

シャツなどを下に着るだけで、きちんとした印象になります。シャツなら、どんな首の形のカーディガンを重ねても相性が良いです。

女性は、丸首にブラウスを合わせるとガーリーなコーディネートになります。この時、ボタンは一番上まで留めましょう。ピンクなど少し目立つ色でも、中のブラウスを白の丸襟にすると、可愛らしいくまとまります。

Yネックの時に、シャツを合わせると、キリッとした印象になります。ボタンは全部留めると、真面目な感じに、第一ボタンを開けると、こなれたクールな感じになります。

Uネックは、シャツもブラウスも合いますが、どちらにしても、カーディガンのボタンを留めるのをオススメします。Uネックのカーディガンは、丸首と比べると首元の開きが大きいので、ボタンを開けて着ると、少しダラッとして見える事も。

ボタンは全部留めるか、第一ボタンのみを留める事で、締まって見えます。

どのカーディガンも、シャツやブラウスの裾は、ボトムスにインして着ると、スッキリして清潔感が出ます。少しカジュアルにシャツと合わせたい時は、腕を捲るとラフな感じに着こなせます。

カーディガンの袖と一緒に、シャツの袖も見せるように一緒に捲りましょう。どんなテイストの服でも、シャツとブラウスを合わせる事で品良く見えるので、少し綺麗目ファッションの時は、この組み合わせなら間違い無いですね。

カーディガンの種類を選ばないTシャツやカットソー

その他に相性の良いインナーは、Tシャツやカットソーです。

どちらも、形がとにかくシンプルなので、カーディガンを選びません。どんなテイストのコーディネートにも、使える必須アイテムです。

ざっくりした素材のカーディガンには、相性抜群です。ロゴ入りのTシャツをインに来ても可愛いし、ボーダートップスをインにしても、カジュアルさが増します。

多少、ロゴや柄が派手でも、カーディガンを羽織る事で抑えられるので、うるさくなりません。

通勤などで着ていくカーディガンには、薄手のカットソーがオススメです。
特に、テロンとした落ち感のある素材を合わせると、女性らしく大人っぽいコーディネートになります。Tシャツやカットソーの襟元が詰まっている物は、カジュアル感が強く、首の開きが広がるにつれて、女性らしさが増します。

その日に着る服に合わせて、首周りの感じを変えてみましょう。
インナーがシンプルな分、カーディガンを主役にして遊べますね。柄物やビーズや刺繍付の物も、スッキリ決まります。

ストールなどを巻いてもゴワ付かないので、小物をプラスするのも良いですね。

Tシャツワンピースや、ロングTシャツを合わせると、休日感のあるリラックスコーディネートになります。

最後に

何を合わせるにしても、着た時のラインを大事にしてください。

ゴワつきがあると特に、腕のキツさが気になる事が多いです。動かしにくく着ているだけで、ストレスになります。

シンプルな物に合わせる事で、着やせ効果にもつながります。

せっかくのオシャレ必須アイテムです。自分なりに、色々なインナーと組合わせてみて、上手に着こなしてみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

「大人の差し色」の取り入れメソッド:さりげないアクセサリーに

ファッション誌や、コーディネートをレクチャーしているテレビ番組などを見ると、差し色という言葉がよく使われていることに気づきます。ファッションに興味のある人なら既にご存知のことでしょうが、差し色とはその …

ベージュは「華やかな色」と合わせる

ベージュは落ち着きもあり、どのようなファッションでも取り入れやすい色であるといえます。しかし、それゆえ地味になってしまいがちです。 落ち着いた印象に華やかなカラーを加えて、おしゃれに着こなしていきまし …

流行のチェック柄、ボトムスで取り入れよう!

ファッションにおいて、チェック柄は定番ですが、流行で人気が出る機会も多いので、コーディネート方法を知ると楽しめるチャンスが広がります。 上着にもワンポイントでも使えるチェック柄ですが、ボトムスに取り入 …

春一番!雨の日も風の日も乱れないヘアスタイル:ゴールドピンできっちりおしゃれに

ゴールドピンがかわいいですね。今年のラッキーカラーは、ゴールドと赤だと聞きました。ゴールドは華やかで、気持ちがワクワクする色。 良いことがありそうです! 髪の毛を留めるのに黒いアメピンがよく使われるこ …

行事別!おしゃれママのファッション辞典【運動会】

子どもを幼稚園に通わせるママにとって、運動会は子どもの成長を間近で見ることが出来る、楽しみな行事の一つです。 幼稚園くらいの年代ですと、子どもだけでなくママと一緒の競技もたくさんあります。ママ自身も、 …

楽天モーションウィジェット