季節の変わり目必須アイテム、カーディガン!ストールで着痩せ効果

寒すぎず暑くない季節にピッタリで、また着こなしも自由に広がって、便利なのがカーディガンです。

オフィススタイルにも、カジュアルにも着られるので、一枚持っておくと、季節の変わり目にとても重宝します。

しかし、脱ぎ着しやすいように重ね着で使うことも多いので、着ぶくれしてしまう恐れがあります。それを解消してくれるのが、これまた季節の変わり目には必須アイテムのストールです。

カーディガンと合わせることで、コーディネートの印象も変わり、着痩せ効果まで出せるのです。

スポンサーリンク

カーディガンのおすすめスタイリング

流行りのロングカーディガンには、ストールを合わせてIライン作り

カーディガンの近年の流行と言えば、ロング丈のものです。

一枚でトレンド感も出せて、それでいてスタイルも良く見せる万能アイテムです。そして、これにストールを合わせることで、更なるオシャレ感と、着痩せ効果が出せるのです。

ロングカーデに合うストールの巻き方は主に二つあり、一つ目はIライン、縦長を強調する巻き方です。

ストールをざっくりと首の後ろを通し、ストンと前に垂らすだけで良いのです。この時注意することは、厚手のカーディガンには薄目、細めのボリュームのないものを巻くことです。

厚手に厚手を巻いてしまうと、どうしてももっさり見えてしまいます。

もう一つは、ストールを首の周りにグルグルっと巻きつけ、カーディガンの長さとの対比を作って、縦長を強調する方法です。この時は、色味を濃いものや華やかなものにすると、目線がより上に行き、スラっと見えます。

Iラインを作るロングカーデは、着痩せ効果を出すのにぴったりなアイテムですが、それをよりオシャレに、こなれた印象に見せるのに、ストールは必須アイテムと言えるでしょう。

カーディガンのボタンを留めてセーター風にして、ストールを巻く

カーディガンは、前のボタンを留めて着るのと、ボタンを開けて着るのとでは、印象がずいぶん変わります。ボタンをすべて留めてセーターのようにしてストールを合わせると、上半身がとてもコンパクトに見えます。

カーディガン自体の色味が柔らかく淡い時は、濃いめや柄物のストールが良く合い、逆に色味が濃い時には、優しい色や小さい柄のものを巻くと、顔映りも良く、華やかになります。

ストールは、高い目の位置ででクルっとひと巻きでも良いし、首もとで少しアレンジすると小顔効果が出ます。

ボタンの上の方だけを外して、ストールの裾を中に入れると、また雰囲気も変わります。
男性にもお勧めのコーディネートです。この時は、カーディガンの中で、ストールがもたつかないような素材や丈選びが肝心です。

カーディガンをセーター風に着た時のもう一つのお勧めは、大判のストールとの合わせ技です。ボタンを留めたカーディガン姿は、それだけでもコンパクトに見えますが、大判サイズを羽織ることで、体はより華奢に見えて、着痩せの効果が出ます。

チェックや大柄のストールは、シンプルなカーディガンコーデを一気にハイセンスにします。柄物を選ぶのは躊躇しますが、驚くほど使いやすく、重宝します。

特にチェック柄は、流行り廃りもなく長く使え、パンツやスカート、またその丈感も気にせず、どんなシンプルな服装にも合うので、一枚持っておくと便利です。

カーディガン自体がシンプルな時こそ、ストール使いが必須です。
素材、大きさ、柄に注目して、季節の変わり目をオシャレに温かく楽しみましょう。着るものに困る時期こそ、重ね技、合わせ技が生きる季節でもあります。

カジュアルにも、シックにも、カーディガンとストールの黄金コンビ

普段の装いがカジュアルでも、またシンプルやシックであっても、どちらのスタイルにも季節の変わり目に必須であるのが、カーディガンです。

パンツであってもスカート、またワンピースにさえ気軽に合わせられるという特徴があります。ボトムの素材や、形をも選ばず、使える黄金コンビですが、色々な組み合わせで、手持ちの一枚の違う表情が見せられます。

まず、代表的なカジュアルスタイル、デニムとの相性です。
デニムパンツであれ、デニムスカートであれ、カーディガンは短め丈でもロング丈でもよく合います。しかし、ストールの合わせ方は、ひと工夫すると良いでしょう。

パンツでもスカートでも、タイトなものであれば大判なもので、ボリュームがあるものであれば小さめ、薄めがバランスよく仕上がります。デニム以外のアイテムに、ひとつ柄やポイントとなる、きれいめカラーを使うと良いでしょう。

大人らしくシックに見せるのにお勧めなのが、ワンピースに黄金コンビを合わせる方法です。

ワンピースとカーディガンを近い色でまとめて、流行りのワントーンコーデにし、そこに差し色となるストールをひと巻きすれば、ワンピースの縦ラインを強調し、着痩せ効果も出ます。

ワントーンと言えば、カーディガンと同色、同素材のボトムを合わせて、セットアップにしたところに、ストールを合わせる上級者コーデもあります。

普段のカジュアルなコーディネートが一気に垢抜けして、都会的なスタイルに仕上がります。

最後に

黄金コンビは、組み合わせや巻き方によって、印象や雰囲気をがらりと変えます。

バランスを重視して、オフィスコーデから、休日、またデートスタイル、着痩せコーデまで、幅広く活躍させましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

トレンドカラー!マスタードイエローのトップスを使ったコーディネート

明るくハツラツとしていながらも、ビビッドなイエローよりは、落ち着いたこなれ感があるマスタードイエロー。 日本人の肌にも馴染みやすく、大人の方にも似合うトレンドカラーです。 マスタードイエローをトップス …

オフィスコードをワンランクアップしてくれるバッグ【レトロなビジネスリュック】

今は、街に出ると老いも若きもリュックを背負った人たちが多くなりました。 アウトドアブランドのものや、有名ブランドのリュックが多いのも事実です。なぜ、こんなにリュックが普及したかと言えば、やはり両手が空 …

ブラウンベースのファーストールコーデ

スポンサーリンク 何にでも合わせやすいブラウンファーストール 冬のコーデに欠かせない、というより、冬ならではのコーデとしてはファーがありますね。 ファーは冬場専用の特別なアイテムで、おしゃれのポイント …

もう失敗しない!プチプラコーデの注意点5つ

プチプラアイテムは上手にコーディネートを整えれば、お財布にも優しくていいですね。 その一方で、すぐに安っぽいと見破られたり、なんだかイケてないファッションになってしまうこともあります。 そんなプチプラ …

リブニットセーターの魅せ方「サイズをワンサイズ下げてぴったり」

女性の間で、数年前から定番アイテムになっているリブニットですが、デザイン全体がリブになっているので、体にフィットするトップスです。あまりフィットするのが好きではないという人は、サイズを上げるのもいいで …

楽天モーションウィジェット