ケアマネージャーになるには?資格を取得するきっかけ


世界に類を見ないスピードで超高齢化社会へと突き進んできた日本は、今や世界一の長寿国になりました。

そして、それと同時にこれから先どんどん増え続けてゆくことが予想される高齢者を支えるための仕組みをどうやって作り上げればいいのかが大きな課題となっています。

超高齢化社会になること自体はもう何年も前から予想されていながら、現実的で効果的な手段を確実に実施できているとはいえないまま高齢化の波はひたひたととどまることなく押し寄せているのが今の日本の社会だといえます。

介護分野の仕事は常に人手不足で、介護職にとっては超売り手市場だと言われますが、介護の担い手が不足している原因のひとつに介護士の給料の安さをあげる人が少なくありません。

スポンサーリンク

ケアマネージャーを目指す人に

ケアマネージャーの役割と仕事内容

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、高齢者と介護保険サービスをつなぐ役割を担う仕事です。

超高齢化社会に突入するための備えとして、高齢者福祉サービスを充実させることを目的に出来た介護保険制度を、介護を必要としている人が必要な介護サービスを受けられるようにするのがその主な仕事です。

高齢者やその家族からの介護に関する相談を受けたり、実際にどんな介護サービスを受けるのが最善かを考えてケアプランを立てたり、要介護認定に際しての書類作成の代行をしたりするのが仕事内容です。

高齢者と言っても、その人が必要としている介護サービスの内容は人によって異なり、ケアマネージャーは利用者やその家族からの相談を基に、希望にあったサービスを受けられるように手助けする役割を担います。

介護職の平均的な給与面での待遇など

介護の仕事は力仕事も多く、ハードな割りに給料が安いとよくいわれます。

今後、労働力として支え手になれる人々の人口はどんどん減ってゆくことが見込まれるのに、一方では介護を必要とする人が確実に年々増えてゆくという、いわば逆ザヤ現象が起こっていることになります。

介護職の給料は安いといわれますが、同じ介護職であっても、勤務する事業所の規模などによって給与の水準や待遇などは大きな差が有ります。

また、介護職が慢性的に人手不足状態が続いているのは、その離職率の高さにも原因があるともいわれますが、慢性的な人手不足の原因は、やはり人材不足によって採用が難しい状況にあることです。

採用したくても人が集まらない理由が賃金の低さだといわれるのですが、性別に関係なく30代以降の給与水準がほぼ横ばいという状態が続くため、年齢に伴う昇給が見込めず、生活のために離職するキッカケとなっているケースもあるようです。

ケアマネージャーの資格を取得するキッカケ

年齢による昇給がほとんど期待できないとき、資格を取得してスキルアップすることで自分の価値を高め、給料アップを狙うという方法もあります。

その1つがケアマネージャーの資格で、ケアマネージャーは給与水準が低いといわれる介護職の中では最も給与の額が高くなります。

しかし介護職の中では給与水準が高いとはいえ、それでも全体的な産業の平均給与と比較すると低い額だといわれています。

でも、仕事というのは給与水準が高ければやりがいも仕事の喜びもある、というものではありません。

高水準の給与が期待できる仕事が、必ずしも仕事のやりがいと結びついているとは言えない現実があります。

介護の仕事はきつくて大変なイメージがありますが、サービス利用者やその家族から感謝されることももちろんあり、決して大変なだけの仕事ではなく、仕事をする喜びを感じられる瞬間があります。

せっかく介護の仕事が好きで、超高齢化社会が進む中で求められて仕事についたのなら、頑張って経験を積んでケアマネージャーを目指し、少しでも待遇の良い職を得るというのも資格取得を目指すキッカケになります。

ケアマネージャーになることのメリットとその現実

ケアマネージャーは介護職の仕事のキャリアアップへの道として位置づけされることが多いです。

実際に資格取得を目指すキッカケは給料などの待遇面での向上に加え、必要とされる現場が多く転職の際にも有利になる、というところも多くの人が資格取得を目指すキッカケのひとつです。

確かに資格を取得することで転職がしやすくなったり、給与などの待遇面が向上することは大きな魅力です。

けれど、それと同時にたびたび見直しが行われる介護保険制度の内容に敏感に対応し、どうすれば利用者の希望や目的に沿った介護サービスを提供できるかを常に考慮することが求められます。

ケアマネージャーの資格取得のキッカケが、独立したいというケースもあります。

確かに自分の理想とする介護を実現するためには、大きな事務所の一員として働いていると、個人の理想を実現するのは難しいかもしれません。

でも独立して自分の事業所を立ち上げて運営していくということは、決して簡単なことではなく、せっかく独立を目指しても最低限の利用者を確保するのが難しいといった現実に直面するケースもあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-

関連記事

がっかり?役に立たない資格

何かを行う際に専門的な知識あるいは能力が必要となる場合、それを取り扱う事の出来る人間を有資格者と言います。 資格には様々な分類がありますが、最も分かりやすい分類として2つあります。 1つは、国家資格で …

美容やファッションに関わる資格:洋裁技術検定試験

これまで自分が親しんできた洋裁について、どんな知識を持っているのか、実際に洋裁を行った時に技術はどれぐらいなのかを判定できます。 それを資格として認定してくれるのですから、きちんと自分の学んだ事を形に …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「ファッション色彩能力検定」

今では染色の技術が発達して、様々な色の服があふれています。同じ種類の服でも、色が違えば全く違う服に見えることもあります。自分の好きな色が青色だとすると、トップスもパンツも、靴も鞄も全て青一色になってし …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「手話技能検定」

手話技能検定とは、特定非営利活動法人として運営されている、手話技能検定協会が認定している資格で、手話のスキルレベルを評価するために利用されています。 そのため、手話を勉強している人は勿論ですが、すでに …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:航空機関士

航空機への憧れを持つ人は多くいますが、仕事として携わるためには様々な資格が必要になります。 中でも航空機関士という仕事は機長や副操縦士と同じく、航空機の運航に大きな役割を果たす重大な仕事となっており、 …

楽天モーションウィジェット