身体を温める野菜【にんじん】

にんじん
温かい食事を取れば体は温まり、冷たい食事を取ると冷えます。
あまりにも当たり前のことで、生活をしてて感覚的にも分かっていることだと思います。

例えば、冬に温まったスープを飲むとぽかぽかしたり、夏の暑い日に冷やしそうめんを食べるとひんやりして涼しくなります。
これらは調理方法によって物理的に料理そのものの温度が高いということが主に関係しています。

しかし実際には、調理方法以外に食材そのものによる効果で人間の体は温められたり逆に冷えたりもします。

今回は数ある食材の中でも特に「にんじん」に焦点を当てて説明をしていきます。

スポンサーリンク

食事に人参を取り入れよう

体を温める野菜とは?

体を温める野菜には、にんじんの他にも、カボチャ、にんにく、大根、イモなどがあります。

基本的に体を温める効能のある野菜には、いくつかの共通点があります。

・気温の低い地域でよく採れる
これは寒い地域で暮らす人たちが、より温まる食材を取り入れる必要があったため産出されるようになったとも考えられています。

・色
食材の色がオレンジであったり、赤や黒のものも体を温める食材である傾向があります。

・育つ場所
土に埋もれて育つ根菜類はその性質を持つ傾向があります。

逆に体を冷やす効果のある食材にはナス、きゅうり、もやし、トマトなどがあります。
その特徴はおおむね温める効果のある食材と反対で、暖かい地域で産出されるもの、青や白、緑といった色合いで地上で育つものが多いです。

また、硬くて水分が少ないものも体を温めると言われています。
柔らかいものは内部に水分を比較的多く含んでおり冷えの原因になり得ます。

寒い地域で育つ野菜と由来は似ていますが、冬に旬を迎える野菜には「ビタミンC」や「ビタミンE」等のミネラルが多く含まれており、体を温める作用があります。

にんじんの効果

これらを踏まえると、やはり根菜類がこの点については優秀で、にんじんについても同じことが言えます。

上で述べたビタミンCやビタミンEはなぜ温める作用があるかと言うと、ビタミンCには鉄分の吸収を促進したり、ビタミンEには血行を良くする働きがあるためです。
鉄分は血液の材料のようなもので、これが不足すると貧血になったりもします。

多くの成分を含んでいるためバランスが良く、健康促進のためには効率のいい食材です。

ビタミンE
ビタミンEは血流の改善の他に、ホルモン分泌を調整してくれるといった仕事もこなしてくれます。

こういったこともあり、ビタミンEは老化防止ビタミンとも呼ばれ、強い抗酸化力もあります。

これも血流の促進にいい働きをしてくれます。

さらにビタミンCと一緒に摂ると抗酸化力が増すことも分かっています。

βカロテン
抗酸化力で言うとにんじんが強い効能を持っています。

にんじんには強い抗酸化力を持ったβカロテンが多く含まれています。

このβカロチンがにんじんをオレンジ色に見せている要因になっています。

そしてこの抗酸化力によって心筋梗塞や動脈硬化を防ぐとも言われており、βカロチンを摂取することで血液中のコレステロールが酸化して血の巡りを良くしてくれます。

血流が良くなるということは体が温められ、冷え性を改善することに繋がります。

ビタミンA
βカロチンは体内でビタミンAに変換されます。

ビタミンAは目や鼻、口等の粘膜を正常に保ち、髪や爪などの機能を保持する役割があります。

目の角質の再生に力を発揮するため視界がかすんだり、目の疲れ、視力の低下などの回復に非常に良いとされています。

にんじんにはこのように粘膜や肌に関して免疫力を保持してくれて風の予防になったり、美肌の効果もあります。

にんじんのおすすめの調理方法

これらの効能を得るためには、やはり多く摂取することが大事ですが、がむしゃらに食べていたのでは効率が悪いです。

どのようにすれば効率よくにんじんを食べることができるのでしょうか。

様々な調理方法や他の食材との組み合わせによって、その効果をより発揮することが可能です。

調理方法について一つ言えることは「油で調理する」ことです。

にんじんは生で食べるよりも、油を使用して調理するほうが人間の体はカロテンをより吸収率を高めることができるためです。

にんじんは生で食べても甘く、おいしく食べられるのですが、「温める」ことによって甘みはより高められます。

その調理例に、ごぼうとにんじんを使った「きんぴら」が挙げられます。

ごぼうもにんじんと同様に根菜類であり、体を温めてくれる効果を持っているということもあって、より冷え性の改善に繋がることだと思います。

ごぼうとにんじんを千切りにしてオリーブオイルを使って炒めると良いでしょう。

味付けには塩や醬油を少々使用し、生姜を入れるとより風味が出てくるのでおススメです。

ごぼうとにんじんを使ったきんぴらのような料理だと簡単で短時間にさっと作ることもできるので時間的にも効率がいいと思います。

この他にもにんじんと他の根菜類を活かした炒め料理を自分なりに考えてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-

関連記事

静岡県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

静岡県には、ご当地グルメがたくさんあって、ご当地グルメのために、静岡県を訪れる人も少なくありません。 具体的には何が人気なのか、静岡グルメのオススメを紹介していきます。 とても美味しいご当地グルメの為 …

肌にいいビタミンCは【ブロッコリー】で摂ろう!

肌にいいビタミンCをブロッコリーで摂りたいのは、数多く含まれる栄養の中でも、ビタミンCが突発して多く含まれるためです。 ビタミンやミネラル、食物繊維など多くの栄養がある野菜であり、水溶性という特徴があ …

【アボカド】には食物繊維が豊富に含まれている!

ヘルシーで、栄養価の高い果物として認知されているアボカドですが、一昔前は、その名前すら一般的ではありませんでした。 その栄養素の中でも、第6の栄養素といわれる食物繊維が、アボカドには非常にたくさん、し …

ヘルシーなバター「ギー」の健康効果!【アンチエイジングと病気予防】

最近では、アマニ油やココナッツ油など、油の従来のイメージを覆すような、健康に良いオイルが話題になり、定着してきています。 最近注目されている、無塩バターから作られるという「ギー(ghee)」というオイ …

花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「しそ」

花粉症の季節に備えて、しそを食べるのがよいと、昔から言われてきました。 しそには、αリノレン酸という成分が含まれており、花粉症の原因となる、アレルゲンをブロックしてくれるのです。また、ルテオリンも含ま …

楽天モーションウィジェット