肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「ジャケット」

肌寒い時期でも、肌を露出した装いが必要になるときがあります。

例えば結婚式のように、ドレスを着る際には肩を出したドレスが多い為、肌寒い時期でも肩を出した装いをする必要がありますが、そのような場合には、羽織ものとしてジャケットを取り入れてみてはいかがですか。

スポンサーリンク

ジャケットの基本的な選び方

肌寒い時には、ジャケットなどを羽織ものとして使用するのは有効ですが、やはりファッションとしてのコーディネートにも気を配りながら、合わせた方が良いでしょう。

結婚式などで、ドレスを着ているときには特に組み合わせに注意が必要です。まず、ファッションにメリハリをつける為には、羽織るジャケットと、洋服の色を違うトーンを組み合わせると、メリハリがついて良いでしょう。

例えば、濃い色の洋服には淡い色を合わせて、淡い色の洋服には濃い色を合わせると、全体のコーディネートが引き締まった印象になります。

もちろん同系色を合わせるのでも良く、その場合には、落ち着いた優しい印象を周囲に与えることができるようになります。

このようにして、全体の印象をどのような印象にしたいかによって、洋服と羽織もののカラーを変えていくと良いでしょう。

また、出かける場所によっても変化を付けると良く、例えば結婚式のようなお祝いの場であれば、明るめの印象でも良いですし、そのような場合にドレスが黒色の場合には、ジャケットは明るいものを選びましょう。

逆に、落ち着いた場所に出向く場合には、同系色で合わせると良いでしょう。

着丈と袖丈にも気を配りましょう

下に来ている洋服に対して、あまりにも着丈と袖丈が長すぎる羽織ものは、バランスが悪くなりますし、カジュアルな印象が強過ぎてしまう事があります。

その為、羽織ものを選ぶ際には、下に着ている洋服と着丈、袖丈のバランスを合わせるように意識してください。例えば、着丈が腰よりも下にきてしまったり、袖丈が手首まできてしまうとバランスが悪くなってしまいます。

その為、着丈は腰よりも上にくるようなジャケットを、加えて袖丈も七分丈程度のものを合わせるようにするとスッキリとして、スタイルも良く見せることができます。

もしも、持っている羽織ものの袖丈が、手首まであるものだった場合には、折り返して長さを調節すれば良いので、そのようにして対処しましょう。

また着丈に関しても、どうしても着丈が長いものを着たい方や、長いものしか持っていない場合には、下に着ている洋服をタイトなものにすることで、スッキリとした印象を演出することができます。

このように、普段あまり意識をしない着丈と袖丈に気を配るだけでも、全体のコーディネートを引き締めることができますので、意識するようにしてください。

結婚式の時には特に注意が必要

肌寒いに日に、薄着をしなければならないシーンの定番としては結婚式がありますが、結婚式の際には特に羽織ものには注意が必要です。

まず、これは羽織ものだけに特化した考え方ではありませんが、白いジャケットは使わないように心掛けましょう。

結婚式において、白は主役である花嫁の色になりますので、羽織ものだけではなくドレスでも白は避けた方が無難でしょう。

次に、ジャケットと言えば革製品が人気ですが、当然普段着としてであれば何の問題もない羽織ものですが結婚式となると話は別で、動物の毛や革を使ったものは「殺生」をイメージさせる為、あまり良くないとされています。

近年では、気にしないという方も増えてはいますが、それでも避けておいた方が無難でしょう。

革のジャケットと同様に人気が高いのがデニム素材のものですが、これも革と同様に普段着としてであれば羽織ものとして重宝しますが、結婚式のようなきれいな装いが必要になるシーンでは、カジュアルすぎるデニムは不向きですので、避けるようにしてください。

このように、普段着であれば何の問題もないジャケットでも、フォーマルなシーンではNGになる場合がありますので、羽織ものを選ぶ際には、どのような場面で使用するのかも考えながら、コーディネートするようにしてください。

具体的なコーディネート

ジャケットを、羽織ものとして活用する為の考え方を色々と見てきましたが、やはりどんな組み合わせをしたら良いのか、分からないという方もいるかと思いますので、ここでは具体的なコーディネートをご紹介していきます。

まず、どのような色を合わせれば良いのか分からないという方におすすめなのが、ブラックとベージュの2色は、どんな洋服に合わせても相性が良いカラーになります。

加えて、洋服と異なるカラーでメリハリをつけるのか、それとも同系色で落ち着いた印象を演出するのかによって、どちらを選べば良いのか決めることができます。

例えば、甘めのカラーワンピースを下に着ている場合には、ブラックのジャケットを羽織ると、ワンピースの甘さが抑えられて引き締まった印象を演出することができます。

その他に相性が良い組み合わせとしては、ベージュのジャケットとネイビーのドレスは相性が抜群に良いです。加えて、バッグや靴もベージュで統一すれば、女性らしい印象を生み出すことができますのでおすすめの組み合わせです。

このように、何を組み合わせたら良いのか分からない方は、基本的な組み合わせを知っておくだけでも、様々なシーンで活用することができますので参考にしてみてください。

最後に

肌寒い日でも薄着をしなければならないときや、日中と夜の寒暖差が激しい季節には、羽織もとしてジャケットを活用することは有効ですが、その為にはある程度全体のバランスに気を配る必要があります。

加えて、どのようなシーンで着用するのかも、気を配る必要がありますので、どちらの視点から見てもおかしくないコーディネートを、心掛けるようにしてください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , ,

関連記事

オフィスコードをワンランクアップしてくれるバッグ【レザー素材で通勤クラッチ】

かつて人気だったセカンドバッグ。 今はクラッチバッグと呼ばれています。サラリーマンがオフィスに持っていくカバンと言えば、ちょっと前まで「セカンドバッグ」が定番でした。

ベージュコートの着回し方!同系色のニットワンピで”ワントーンコーデ”

コートというと、どうしても無難に黒やグレーを選んでしまいがちですが、ダークなカラーに偏りがちな冬だからこそ、お勧めしたいのが明るいベージュ色です。 デザインはできるだけシンプルなものを選ぶと、インナー …

季節の変わり目必須アイテム、カーディガン!ざっくりロングカーデ

冬から春にかけての季節の変わり目は、日によって暖かかったり寒かったりと、気温の予測がとても難しく、日々のファッションコーディネートにも頭を悩ませる事が多いものです。 またジャケットを1枚羽織るにしても …

春の気持ちを盛り上げてくれるアイテム「ゴツめで太めのシルバーアクセサリー」

最新のファッションコーディネートで、最も注目を浴びるのはもちろん洋服ですが、そのコーディネートに華を添えるのが靴やネイル、ヘアスタイルなどの小物、そしてアクセサリーも、とても大切な役割を担う存在です。 …

トレンドカラー!モスグリーンのトップスを使ったコーディネート

流行のモスグリーンは、深みがあるカラーが魅力で、上品さとおしゃれさを兼ね備えており、おしゃれに見えるトレンドカラーです。 モスグリーンをトップスに取り入れることで、流行のファッションを楽しむことができ …

楽天モーションウィジェット