肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「ロングカーディガン」

肌寒い日には、厚着をするよりも羽織ものを持ち歩くことで、温度調節がしやすくなります。

肌寒い日だけでなく、夏の暑い日も、スーパーマーケットやレストランなどの冷房対策などで持ち歩いていると、便利なアイテムです。

スポンサーリンク

ロングカーディガンの魅力

ロングカーディガンの魅力は、防寒対策としての羽織ものとしてだけでなく、羽織るだけでおしゃれに見えるというところです。

丈が長いので、スカートスタイルでもパンツスタイルでもコーディネートしやすく、使いやすいというのも魅力です。ショート丈のカーディガンよりも、腰元やお尻まで隠れる丈であれば、スタイルカバーにもなります。

上手に使うことで、おしゃれに防寒対策を行うことができます。

きちんと着るだけでなく、袖を通さずに、肩にかけておいたり、両袖を胸元で結んでマントのようなスタイルでコーディネートをしても、おしゃれでかわいいスタイリングが出来るでしょう。

使いまわしのしやすい、無地のものだけでなく、花柄や幾何柄などの柄物もシンプルなコーディネートのポイントとして取り入れると、いつものコーディネートがガラッと雰囲気を変えて楽しむことが出来るでしょう。

その日の気分や、行く場所など、同じコーディネートに羽織を変えるだけで、スタイリングの雰囲気を変えられるので、いろいろなタイプを持っておくと便利です。

羽織ものは使い分ける

羽織ものを使うときには、素材や丈、柄などを、その日のファッションのコーディネートや気分、行く場所などによって使い分けることによって、よりおしゃれを楽しむことができます。

通常の着丈のカーディガンだけでなく、ロングカーディガンを取り入れることで、よりおしゃれな雰囲気のコーディネートを楽しむことができます。

ロングカーディガンでも、柄物や無地などによって、着た時の雰囲気が異なります。また、素材も色々あります。 透け感を出して、ガーリーな雰囲気にしたいときにはシフォン素材などの軽い素材がおすすめです。

夏の冷房対策などにも、使いやすいものです。しっかりと防寒をしたい場合には、綿素材やニットなどがおすすめです。 薄手の綿素材であれば、通気性や吸水性にも優れているので、通年素材として活用することができます。

ニットのロングカーディガンは、肌寒いときにはぴったりの素材です。 見た目にも温かみがあるデザインが多いので、寒い日には最適の羽織りとなるでしょう。

いろいろなタイプを持っておくことで、選択の幅が広がります。

素材選びが大切なポイント

ロングカーディガンは、使用している素材によって、着た時の雰囲気が異なったり、防寒のレベルが異なっていたりします。目的に合わせて、いろいろな素材のカーディガンを比較検討してみると良いでしょう。

また、持ち運ぶことを目的としている場合には、コンパクトになることや、しわになりにくい素材を選ぶと良いでしょう。

小さく丸めても、しわになりにくい素材であれば、バッグの中にしまって持ち歩くことが出来るので、肌寒いときにすぐに使うことが出来ます。

薄手の綿素材や、ポリエステル素材のものであれば、ロングカーディガンでも軽く、またコンパクトにまとめることが出来ます。

ポリエステルが入っているものであれば、しわになりにくく、柔らかい素材なので、着心地も良いものが多いです。シフォン素材などの、透け感のある素材は、持ち運びは簡単ですがしわになりやすいので注意しましょう。

もともとしわ加工がされているものであれば、しわを気にすることなく使うことが出来るというメリットもあります。 用途に合わせて、素材選びをしましょう。

正しいケアでキレイに

羽織ものは、たまにしか着ないということも多く、正しいケアを行っていない人も多いものです。 正しいケアを行わないと、においや汚れが取れなくなってしまったり、素材を痛めてしまう可能性もあります。

まず、羽織ものであっても、こまめの洗濯をしましょう。特にロングカーディガンの場合、気が付かないうちに裾元が汚れてしまっていたりします。

ついてしまった汚れは、放置してしまうと落ちにくくなってしまうので、早めに対応することが大切です。

また、干すときにも、干し方をきちんと守ることが大切です。ニットなどの編み目の荒い素材は、濡れたまま吊るし干しをしてしまうと、重さによって伸びてしまったり、型崩れをしてしまう原因にもなります。

洗濯機で洗う場合には、コースの選択も慎重に行いましょう。型崩れを防ぐためにも、平干しなど、素材に合った干し方をしましょう。

正しいケアを行うことで、きれいな状態をキープすることが出来るので、より長く使うことが出来るようになります。洗濯をするときには品質表示を確認して正しい方法で行いましょう。

最後に

ロングカーディガンは、肌寒い時の防寒具としてだけでなく、おしゃれを楽しむことが出来るアイテムでもあります。

人気もあるものなので、素材や柄なども豊富にあるので、自分の好みに合ったものを選ぶことも出来ます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

色や柄でアクセントにするリュックのコーデ術!

いつの時代にも、人気の上下モノトーンのコーディネート。 クールで大人っぽい雰囲気になりますが、それだけだと、のっぺりとした印象になりがちです。リュックなどの小物を上手に使い、コーディネートにアクセント …

レトロスタイルが流行り!レトロの取り入れ方【パンツスタイル編】

流行りのレトロスタイルのパンツを使って、ファッションを楽しむには、コーディネートのコツを上手く利用するのが大切です。 流行りを取り入れつつ綺麗に見せる方法は、様々なやり方がありますが、要点を押さえれば …

2017年トレンドになりそうなバッグは?『マイクロサイズバッグ』

2017年春夏になり、トレンドアイテムもある程度そろってきました。その中でも注目したいのが、マイクロサイズバッグというバッグです。 このバッグの特徴は、とにかくサイズが小さいこと。名前に「マイクロサイ …

行事別!おしゃれママのファッション辞典【親子遠足】

数多くある行事の中でも、子どもが幼稚園に通う間だけ楽しめるのが「親子遠足」です。 子どもが小学校に上がると、親子で一緒に遠足に行く機会はまずありませんので、ママとしては大切にしたい行事と言えます。

ベージュコートの着回し方!チェックスカートで”クラシック”に

近年ファッションの世界においても、ファストファッションなどの台頭で、コートでありながら、一万円をきったりするプチプライスで展開される洋服があります。 ファストファッションだからといって、すぐに傷んでし …

楽天モーションウィジェット