肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「シャツ」

ちょっと肌寒いけれど、重ね着をするほどでもないというときもあるでしょう。そういった時に羽織ものとして持ち歩くなら、シャツがおすすめです。

いろいろな使い方ができるので、気温変化が激しい時期に役立つアイテムです。

スポンサーリンク

肌寒い時期に必須の羽織もの

春や秋など、比較的過ごしやすいといわれる時期でも、朝晩は寒いことも多いものです。そういった時にもう一枚重ね着をして来ればよかったと思う事は、多いでしょう。

そういった時に備えて、シャツを一枚カバンに入れておくとよいでしょう。

羽織ものとしては、他にもカーディガンなどが考えられますが、シャツのほうがどのような服装やシーンにも合わせやすくて、日常のなかで使いやすいものです。

特にビジネスシーンでは、あまり砕けすぎた印象にしたくないものです。しっかり襟があり、きちんとした印象を与えられるシャツならば、日常の中で使いやすいといえるでしょう。

カバンに入れておくという事も考えると、しわになりにくい素材のものがおすすめです。薄手でも、着ているものに重ねておくだけで、少し暖かさを感じることができるものです。

ぜひ、しわになりにくいシャツを一枚、ちょっと肌寒いと感じる季節には、いつも持ち歩くアイテムとして入手しておきましょう。

白やグレーなど、オーソドックスな色であれば、どのような服装でも合わせやすくておすすめです。

オールシーズン活躍してくれるアイテム

羽織ものとして大活躍してくれるシャツではありますが、肌寒い春や秋だけではなく、オールシーズン使うことができるという事も魅力といえます。

暑い夏でも、寒い冬でも、他のアイテムと合わせたり、着方を工夫することで活躍してくれます。夏は暑いから、長そでのシャツは不要と思いがちですが、強い紫外線を防ぐのに長袖の羽織ものは有効です。

日焼け止めを肌に塗ることを忘れてしまっても、シャツを羽織れば腕をカバーできます。襟があるので、首物とも紫外線からカバーできるのがうれしいところです。

ついつい紫外線対策を怠りがちなポイントなので、こうした形でカバーしておきましょう。また、冷房がきついときに一枚は羽織ると、楽に過ごせることが多いものです。

冷え症の女性は特に、一枚持っておきましょう。

冬は、羽織ものとしてだけではなく、中に着用してしまうという方法がおすすめです。上にセーターなどを着て活躍させることができるので、あらゆる着方ができます。

首元をカバーすることで、温かさを維持できます。

このように、オールシーズン活用できるアイテムですから、着用しやすいものをぜひ一枚持っておきましょう。

持ち歩くのが面倒でも大丈夫

羽織ものが必要なのはわかっていても、なかなか持ち歩くことができない、バッグが膨らんでしまうということが嫌だという方も多いことでしょう。

そのような方は、わざわざ持ち歩かなくても、身に着けられる方法をとることがオススメです。

長そでのシャツなら、いろいろな形で身に着けることができます。袖を通さず肩にかけてもいいですし、袖の部分を首に回して結んだり、腰に回して結んだりすることで、首や腰に身に着けることができます。

色の合わせ方を考えれば、スカーフやストールのような使い方もできるので、ファッションコーディネートの幅も広げてくれます。

その日着用する服と合わせて、コーディネートするならさし色として華やかな色を取り入れてみてもよいでしょう。いつも着ている、服の印象も大きく変えてくれます。

カジュアルファッションのポイントとして、特におすすめです。

こうした形で身に着けていれば、急に羽織りたいと思った時でも、スムーズに着用できます。男女ともに取り入れられる方法なので、ぜひ外出時にも取り入れていきましょう。

ちょっときちんと見せたいときにもおすすめ

Tシャツは、色もデザインも多様で、どのような季節でも着やすいアイテムですが、ちょっときちんと感が足りなくなりがちなところが、マイナスポイントといえます。

キャラクターのイラストが入ったものなどは、夏のレジャーなら一枚で着用できても、街歩きにはちょっとそぐわないという事もあるはずです。

そういった時に、シャツを羽織ものとして用意しておくと、ちょっときちんとした印象をプラスできるのでお勧めです。

完全にプライベートのお出かけだと思っていても、外出先で仕事上の取引がある人と出会ってしまう事もあるでしょう。そういった時に、派手すぎる色や柄の服を着ていると、ちょっと恥ずかしくなってしまうものです。

その後の仕事にも、影響が出てしまうかもしれません。そういったことを防ぐために、きちんと見えるシャツを一枚羽織れるようにしておくと安心です。

特に社会人ともなると、どこでだれが見ているか気にしなくてはなりません。自分の演出方法の一つとして、きちんと見える便利なアイテムであるシャツを羽織ものとして持っておきましょう。

最後に

室内と室外、一日の間での温度変化など、ちょっとした肌寒さを感じることもあるはずです。そういった時に、きちんと見えて便利な長そでのシャツを一枚、羽織ものとして常備しておきたいものです。

健康にも役立ちますし、ファッションの一部としても生かせます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

ネックレスでコーディネートに遊びを加える♪

ネックレスは、ファッションのワンポイントとして取り入れることで、ちょっとしたアクセントになったり、全体の印象を大きく変える事もできる遊び心のあるアイテムです。 それゆえに、上手く取り入れなければファッ …

シーン別!ショッピングで使える、スニーカーコーデ

たくさん歩くことになるショッピングシーンでは、歩きやすいスニーカーが大活躍します。 おしゃれでありながら、足もとは歩きやすく、両方の希望を叶えてくれるスニーカーを、お出かけシーンに合わせて使いこなしま …

レースアップのビスチェは90年代を感じさせるトレンドアイテム

20代には新鮮なトレンドアイテムでも、大人の女性達には懐かしいビスチェ。 実はこのビスチェ、フランス語(bustier)で肩のない、ウエストまである丈の長いブラジャーのことを意味します。19世紀から2 …

トレンドカラー!マスタードイエローのトップスを使ったコーディネート

明るくハツラツとしていながらも、ビビッドなイエローよりは、落ち着いたこなれ感があるマスタードイエロー。 日本人の肌にも馴染みやすく、大人の方にも似合うトレンドカラーです。 マスタードイエローをトップス …

定番コーデも一気にオシャレになるスカーフの魅力

流行ファッションにしても、定番コーデにしても、やはりファッションには個性が大事です。トレンド感が出るファッションにすると、どこか周りの人と同じような感じに仕上がってしまうということもあります。 もちろ …

楽天モーションウィジェット