ニッチな外国語の資格:カタルーニャ語検定試験


スペインのカタルーニャ地方で話される言語の検定試験があります。

スポンサーリンク

スペインで使われるカタルーニャ語

カタルーニャ語とは、スペイン東部のカタルーニャ州に住む人の言語で、地方名の英語読みのカタロニア語と呼ばれることもあります。

インド・ヨーロッパ族イタリック語派に属し、複数中心地言語のひとつとして数えられます。

カタルーニャ地方のほか、バレンシア州・バレアレス諸島州・アラゴン州のカタルーニャ州との境地域・南フランスのルシヨン地方・イタリアのサルデーニャ州アルゲーロ市などニッチな場所で話されています。

アンドラ公国では公用語として、またスペインではガリシア語・バスク語と並び地方公用語として使用されている場合もあります。

歴史上ではピレネー山脈の東部、南北両側麓で話されていました。

俗ラテン語から派生したガロ=ロマンス語・イベロ=ロマンス語・北イタリアで話されていたガロ=イタリア語の特徴と原点を同じにしています。

アラゴン連合王国のレコンキスタによってカタルーニャ語は南と西へ広がり、バレンシア州やバレアレス諸島で使われるようになります。

15世紀のバレンシア黄金時代に文学は頂点を迎えますが、その後ピレネー条約によりフランスに割譲されたルシヨンでは外国語として使用が禁止されます。

スペイン継承戦争で敗者となったカタルーニャ地方ではフェリペ5世が布告した新国家基本法によって、行政及び教育においての使用が禁止されてしまいます。

1936年のスペイン内戦中や後フランシス・フランコによる独裁政権下では、著しい弾圧を受けます。

フランコの死後、ファン・カルロス国王の治世において民主化が進められ、40年近く使えずにいたカタルーニャ語が復権します。

カタルーニャ語の特徴

カタルーニャ語の歴史は古く、ラテン語(俗ラテン語)から変化したロマンス語のひとつです。

歴史的関係によって南フランス(オクシタニア)の地方言語であるオクシタニア語に近い言葉といわれます。

カタルーニャ語検定試験でも必要となる言語の特徴は、スペイン語よりも多い母音の数が8つあることでしょう。

さらに人名の前置する人称冠詞があります。

他のイベロ・ロマンス語同様、英語のbe動詞に相当する繫辞動詞としてserを持っています。

その使い方はカスティーリャ語と少し異なっていますので、カタルーニャ検定試験では注意が必要となります。

フランス語のenやイタリア語のne、または現在使われているスペイン語には存在しない、フランス語のyやイタリア語のciに相当する副詞的代名詞のen・hiがあります。

殆どのロマンス語で「行く」を意味する動詞と動詞不定詞で近接未来を表す動詞迂言形を構成するのですが、カタルーニャ語ではanarプラス動詞の不定詞で過去を表します。

またカタルーニャ語検定試験でも覚えておくべきですが、人称代名詞がmeやteでなく、emやet(またはmや’t’)というやや特徴的な形で表わされます。

カタルーニャ州政府が認定したカタルーニャ語検定試験

カタルーニャ語検定試験には、それぞれ資格のレベルが定められていますので、自分にあった検定試験を受けることが可能です。

検定試験のレベルは入門・初級・中級・上級・最上級の5つがあります。

検定試験が実施されるのは11月です。
申し込みは4月に行われ、受験料はユーロですので注意が必要となります。

入門では、カタルーニャ語がはじめてで、挨拶や自己紹介などすぐに日常生活をする上で必要となる簡単な表現ができるくらいのレベルになっています。

初級は簡単な既知の内容や習慣の会話、そして自分の過去の出来事や身の回りの出来事の描写など、必要に応じて表現できるレベルになります。

中級は学習や仕事に関する既知の内容が理解でき、大抵の状況で適した対応が可能となるくらい話せて読めるとされます。
自分の経験や出来事・希望・計画・意見などを簡潔に表現できることが望まれます。

上級ではある程度広い分野の文章や会話を展開するなかで、言外の意味や相手の態度・意図までを読み取り自在に言葉を操れることが必要です。
流暢に且つ臨機応変、無理なく自分の考えを伝えられ、社会的にもビジネス・学術の分野など状況を文脈に対応した表現が求められます。

最上級では文章の長さ・複雑さ・抽象的表現など、内容の認知度に関わらず日常に入って来る情報が理解可能で、多様性や言外の意味をも必要に応じて推測できることが必要です。
学術やビジネスの分野など、高度で複雑な状況においてもニュアンスによって使い分けられることが出来るレベルとされます。

最後に

実施元の関西カタルーニャセンターで、試験対策の集中講座が受講できます。

カタルーニャ語を学べる語学学校もあります。

関西カタルーニャセンター

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

美容やファッションに関わる資格:理容師国家試験

理容師は国家資格の1つで、理容師国家試験に合格しないと働くことができません。 以前は理容師=男性の仕事というイメージが強かったですが、最近では女性理容師も当然のように働くことができる職場になっています …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:運動療法士

理学療法による治療と一言で言ってもその種類は様々ですが、その中でも良く行われている治療の一つに運動療法と呼ばれる治療方法があります。 これは身体の運動を他動的に行ったり自動的に行うもので、健康を維持し …

イベント好き必見!作品作りの関わる資格「Pro Tools技術認定試験」

Pro Tools技術認定試験とは、2005年より開始された、音楽作品を制作するためのソフト「Pro Tools」にまつわる操作・知識を検定する試験です。 プロユースのスタジオには必ず導入されている、 …

女性に役立つ資格:リテールマーケティング(販売士)検定

現在の流通業界を取り巻く環境は、少子高齢化やライフスタイルの変化をはじめ、情報技術の急速な進展、流通外貨の相次ぐ参入などで、急激かつ大きく変化しています。 このような状況のもとで必要とされているのが” …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「ビジネス著作権検定」

著作権に関する話は、テレビなどでも頻繁に出てきます。日常生活でも、テレビの違法アップロードや、確認もせずに写真をコピーし印刷したなど、下手をすれば著作権の侵害になってしまうような場面に遭遇しています。 …

楽天モーションウィジェット