超高齢化社会突入!社会福祉士の試験対策


超高齢化社会となっている現代の日本においては、高齢者の生活や健康面でのケアを行ってくれる様々な医療従事者のニーズが年々高まりつつあります。

病院で治療にあたる医師や看護師だけではなく、普段の生活の中でサービスやサポートを行う社会福祉士も非常に重要な役割を果たしているのです。

スポンサーリンク

社会福祉士とは?

社会福祉士は、ソーシャルワーカーという仕事を行うために必要となる国家資格のことで、高齢者に限らず、自分一人で日常生活を送るのが難しい人に対して福祉に関連する様々な相談に応じ、アドバイスなどを行っていくことになります。

身体的な障害だけでなく、精神的、経済的な問題を抱える人に対してもサポートを行っていくため、仕事の幅はかなり広くなります。

人に対する直接的なサポート以外にも、他の分野の専門職と一緒に連携して総合的なサポートを行ったり社会資源を開発するなど、地域に密着した様々な働き方をすることができます。

社会福祉士の資格は1987年に制定された法律をもとに誕生し、超高齢化社会が進んで様々な問題が表面化しつつある日本で大きな期待を寄せられています。

今後も更に超高齢化社会や少子化が進むと見られており、将来的にもニーズがどんどん高くなっていくため、就職にはまず困らない有意義な資格だとも言えます。

社会福祉士の資格で出来る仕事

社会福祉士の具体的な仕事の内容は、実に多岐にわたっています。

高齢者や障碍者はもちろん、ひとり親家庭など経済的にサポートが必要な人に対しても相談に乗り、個別の状況などを鑑みたうえで必要なサポートを行っていきます。

この他、病院や行政などといった施設とも連携し、よりサポートやサービスを充実させていく役割も担っています。

社会福祉士は主に社会福祉施設などで勤務することが多いですが、他にも医療機関や行政機関など様々な場所で活躍しています。

社会福祉士の試験対策

社会福祉士は国家資格なので、当然、国が行っている試験に合格しなければ資格を取得することはできません。

専門学校や養成学校に通って計画的に勉強を進めている人もいるでしょうが、そうでない場合は試験対策を全て自分でやらなければなりません。

中には他の仕事を続けながら勉強している人もおり、そのような場合は時間がないため、1~2ヶ月程度の短期間だけ勉強して試験を受けざるを得ない人もいます。

もちろん時間を十分にとって知識を積み重ねていく方が合格率もアップするのですが、そうも言っていられない場合は、効率の良い試験対策を行う必要があります。

出来れば国家試験の3ヶ月前からは少しずつでも勉強を始めるようにし、勉強する範囲などスケジュールも立てておいた方が賢明です。

社会福祉士の国家試験合格率は平成27年度で約26%となっており、勉強しなくても合格できるという甘いものではありません。

社会福祉士の試験対策は、やはり効率の良い勉強をやってくということに尽きます。

テキストと問題集を繰り返そう

おすすめの勉強法としては、まず一般的なものでも良いのでテキストを購入し、ひたすらそれを繰り返し勉強します。

ある程度知識が頭に入ったら、次は問題集を同じように何度も繰り返し解いていきましょう。

短期間で合格したい場合は、あれもこれも教材に手を出すのではなく、厳選したテキストや問題集を徹底的に解いて頭に染みつかせることが大切です。

特に過去問題集は必須で、最低でも過去3年分の問題は解いておきましょう。

こうすることで、社会福祉士の国家試験に出題されやすい問題や試験構成、出題範囲などがある程度分かってきます。

その部分を再度テキストで重点的に勉強したり、繰り返し例題を解くことで情報のインプットとアウトプットを行い、自分の知識として蓄えていけるようになるのです。

ここで使用するテキストや問題集は、できれば大手出版社が販売しているものを選ぶのがおすすめです。

大手出版社の場合、長年の実績もありますし、様々な専門家の意見などを参考にして内容を作り上げているため、問題集の内容が実際に試験に出題されることも多いのです。

もちろん中小の出版社でも優れたものは数多くありますが、初めて勉強するような場合は大手のものを選んでおいた方が安心です。

解説をしっかり読んで知識を付ける

このように、社会福祉士の試験対策は何よりもテキストと問題集を繰り返すということが重要になります。

どちらも試験までに最低でも3回は最初から最後まで繰り返し行い、内容をしっかり頭に入れることが大切です。

ただ、いくら問題を解いても丸付けだけして解説をチェックしないのでは意味がありません。

例え正解した問題でも、解説を読むことでより一層納得することもできますし、まぐれで正解していた場合も知識を付け直すことができます。

試験対策として重要なのは、限られた時間の中で正しい情報をいかに頭に入れることができるかということです。

テキストを読み込み、過去問題集を徹底して解いていくという勉強をしておけば自然と知識を身に付けることができるので、積極的に取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-

関連記事

ニッチな外国語の資格:ロシア語能力検定試験

英語や中国語はメジャーで広く知られている言語です。 しかし世界は広く、私たちの知らない言葉や文字がたくさんあるのも事実です。 そんなニッチな外国語の中から、大きくて未知の国、ロシア語をチョイスしてみて …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自家用操縦士(飛行機・回転翼航空機)

旅行などで飛行機を利用することもありますが、そのような大型のもの等を操縦するには選ばれた人しか行えません。 しかし、自家用操縦士の資格を取得すれば、小型の航空機を操縦することができます。

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:認定心理カウンセラー2級

職場や学校での問題、人間関係など悩みの多い現代社会で、傷ついた人に寄り添い、話を聞き、癒す仕事としてカウンセラーが人気です。 心理学を学ぶ方法はたくさんありますが、専門知識と技術をしっかり身に付けたい …

おもてなしの心が身につく!ホテル・ブライダルの資格「レストランサービス技能士」

「レストランサービス技能士」は、「(社)日本ホテル・レストランサービス技能協会」が実施する試験で、おもてなしの心が身に付く、厚生労働省が認定する国家資格になります。 ホテルのフード&ビバレッジといわれ …

専門職には欠かせない!技術系の資格「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者」

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者は、法律(労働安全衛生法)で酸素濃度が低くなるような場所(タンク内や窒素などの不活性ガスが充満した所など)、または酸欠の可能性と共に硫化水素中毒の恐れもある場所(下水道 …

楽天モーションウィジェット