クリエイティブなセンスを活かす!ゲームに関する資格「CGアニメーター」

CGアニメーターは、ゲームの分野などでよく耳にする職業です。

コンピュータグラフィックスを駆使して、キャラクターやオブジェクトなどに動きを与え、表現の幅を持たせたり、臨場感を高めたりするのが主な役割となります。

スポンサーリンク

CGアニメーターの仕事内容を知る

CGは、2Dと3Dの分野があり、キーフレームアニメーション、モデリング、モーションキャプチャなど、異なる技術を用いて制作を行います。それぞれ得意な分野の知識や技術を追及し、スペシャリストとして活動していくか、必要とされる分野を幅広く吸収し、マルチに活動していくなど、クリエーターによって多くの選択肢が用意されています。

よって、CGアニメーターを目指すのであれば、自分がどういった分野で活躍したいかをあらかじめ想定して、それに応じた準備をしておく必要があります。CGアニメをどう作るかによって、必要な技術と必要なソフトなど、環境が異なるので、まずそれを把握し、それらを最低限使いこなせるようにしておく事が、この分野で働く為の第一条件と言えるでしょう。

ただし、それぞれ希望分野があったとしても、求人の状況やその会社の方針など、必ずしもすぐ希望の仕事を任されるとは限りません。まずCGアニメーターという世界に飛び込む事が大切なので、自分の得意な分野にプラスアルファしたものも身に付けておくと、就職や案件を取る上で役立ちます。

準備する上で、業界の動向や世間の流行など、変化に対して敏感になっておくことも、こういったクリエイティブな仕事に携わる上では、必要な事となってきます。

今このゲームが人気であるなど、常にアンテナを張り巡らし、トレンドをおさえておきたい所です

実際にCGアニメーターの求人や案件を探す

CGアニメーターの仕事は多く、現在主流の3Dアニメーションの仕事、従来からの2Dアニメーションの仕事、ゲームやウェブサイトでの使用など多くの求人や案件があります。これらの仕事は需要も高く、案件の単価、求人の待遇なども比較的良いものとなっています。

求人等で主に要求されるのは経験の他に、使用出来るソフトやツールなどです。例えば3Dであれば、3dsMaxやMotionBuilder、画像処理やデザインであればPhotoshopなど、必要とされるものは案件ごとに異なります。

それらのソフトを使った実務経験があれば、有効なアピールになります。実務経験をこれから積みたい場合は、そのソフトの知識や技術がある場合は、実際の制作物を用意してプレゼンや面接時に役立てる事が出来ます。

会社に就職を希望する場合はもちろんですが、案件を受ける場合は、競合相手などもいる場合が想定されるので、より高い知識と技術が求められます。求人の仕事でも経験者が優遇されますが、人材育成や社員教育に力を入れている会社もあるので、これからこの分野に飛び込もうという人は、未経験でも採用してくれる会社でキャリアを積み、一人前になったら、その後の自分のさらなる進路を決めるのが良いでしょう。

会社としても長く勤めて、自社に貢献してくれる人材を求めているという事、全く何も知らない人より、最低限の知識を有しており、さらに色々なものを吸収しようとする意欲のある人を求めているという事も、頭の片隅に留めておく必要があります。

企業が採用したい、育てたいと思わせる人材になる為には、相応の準備が必要なのです。

CGアニメーターに役立つ資格について

CGアニメーターになる為に、これが必須という資格はありません。ただ実際に初めて出会う会社の担当者やクライアントに対して、有資格は最低限の技能を有しているというアピールにもなるので、できるだけ所持しておきたい所です。

具体的には、デジタルの映像やウェブデザインに関する知識が必要なCGクリエイター検定、画像処理などもCGアニメーションを作る上では重要なので、画像処理エンジニア検定などもアピールする上で有効ですし、その後の実務でも役立ちます。

実際のCGアニメーションに間接的に関わるデザインの知識、色彩の知識、ウェブの知識や、3Dを扱うのであればモデリングの知識など、必要とされるものは多岐にわたり、それらを多く所持していれば、様々な仕事に関われる可能性も増えるので、必要と考える資格があれば積極的に取得しておくと良いでしょう。

この業界は移り変わりが激しく、かつ高度な知識と技術が要求される分野です。自身が高い技術を有していたり、幅広い知識を持っていれば、それに応じて大きな仕事や、単価の高い案件に携わる事が出来ます。

常に学習や成長を要求される分野ですが、それだけやりがいのある仕事であるとも言えます。とは言え、まだ知識も経験も浅い状態で、いきなりそういった仕事や案件を取れる事はかなり稀なので、まず比較的簡単な仕事をこなし、経験を積んで行く事から始めるのがセオリーです。

経験を積み、新しいものを吸収する意欲があれば、いずれは自分がやりたい仕事に携われるチャンスも巡ってくるでしょう。

向上心を持って、取り組む事はとても重要です。経験を積む事はもちろん重要ですが、まず最初にやる気を見せるという意味で、そして経験にプラスして自信の技術や知見を伝える証左として、資格を有効に活用したい所です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 学習・勉強
-,

関連記事

主婦にオススメの資格「保育士」

保育士とは、日本の国家資格の1つで、小学校に入学する前の0歳から6歳までの幼児の保育を、保護者に代わって担う人のことをいいます。 保育士資格は一度取得すると、更新する必要がありません。 そのため、資格 …

外国語を学ぶ資格:ロシア語能力検定試験(露検)

英語や中国語は人気のある語学ですが、仕事として将来海外進出をしようと考える場合、ライバルの少ない言語を学ぶメリットは多くあります。 ロシア語は話者も少なく、ロシアそのものが私たちにとって未知の国である …

地球環境を守る資格:土壌環境監理士

土壌汚染などの土壌に関する問題は、国土の狭い日本では重要な問題の一つと考えられています。 近年では築地や豊洲市場の地下部分の汚染が取り上げられたこともあり、関心を持った人も多いのではないでしょうか。 …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「マーケティング・ビジネス実務検定」

マーケティング・ビジネス実務検定という資格に興味を持ったけれど、そもそもマーケティングが、具体的にどのようなことをしているのか、はっきりわからない人も多いでしょう。 すでに、実際にビジネス現場で働いて …

専門職には欠かせない!技術系の資格「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者」

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者は、法律(労働安全衛生法)で酸素濃度が低くなるような場所(タンク内や窒素などの不活性ガスが充満した所など)、または酸欠の可能性と共に硫化水素中毒の恐れもある場所(下水道 …

楽天モーションウィジェット