クリエイティブなセンスを活かす!ゲームに関する資格「CGデザイナー」

CGというのは、コンピューターグラフイックスのことです。コンピューター処理によって作成される画像と、その技術のことを言います。

CGデザイナーは、コンピューターをフルに活用して、架空の画像や映像を現実感たっぷりに描き出す仕事を行っています。

スポンサーリンク

いろいろな職場で活用されています

CGデザイナーの仕事には、ポスターやパンフレット、出版物などの静止画像や平面的なアニメなどの動画、質感や配色、光の当て具合などを調整することで立体感や奥行、質感などをリアルに表現する動画や、静止画などの仕事をしています。

これらの仕事は、映画やテレビ、コマーシャルやゲームなどの映像分野や、完成したイメージをクライアントや消費者に見せる必要がある、設計デザインなどの分野で生かされています。

CGが活用されるのは実写では表現できないゲームなどがほとんどになりますので、その架空の映像にリアリティーを持たせるのが、CGデザイナーの腕の見せ所になっています。

CGの技術は、若い人たちに人気があるコンピューターゲームのソフト開発やデザイン、アニメーション制作などの分野だけで活用されているわけではありません。テレビ番組や映画、コマーシャルフィルムなどに、そしてまた統計グラフの作成、自動車や飛行機の設計、建築や都市計画の設計、服飾デザインに至るまで多くの業界で活用されるようになってきた技術です。

実物と見分けがつかない、しかし実写では得られない映像を作り出すCGデザイナーの技術力とセンスを発揮する場は、デザイン会社、映画製作会社、ゲーム製作会社に限らず一般企業の情報システム部門にも、広がりを見せています。

必要になってくる免許や資格はありません

CGデザイナーになるためには、立体感が表現できるデッサン力とコンピューターの操作能力を基本的に持っていなければなりません。CG制作に関連している基本知識や能力を磨くばかりではなく、時代の流れに敏感であることも必要になってきます。

また、独自の発想力や表現力をもつことも大切になってきます。ほかの作品を、映像として評価できる鑑賞眼を養うことも大切になってきます。そのためには、幅の広い知識を身につけようとする向学心が、欠かせないものになってきます。

クライアントが何を求めているのかを的確に把握ができる理解力、納期と予算を守ってしかもレベルの高い作品を完成することができるマネジメント能力、仲間の協力を得るためのコミュニケーション能力など、CGデザイナーに求められている適性や資質は、数多くあります。

基本的なCGの技術は、CGに関する科目を豊富に取り入れた教育を行っている専門学校や、大学の関連学科で学ぶことが可能になっています。CGデザイナーとしてのスキルアップは、学校を卒業した後先輩のアシストを得て勉強を行うことが中心になってきます。

パソコン1台で仕事を行うことができるため、実績と経験を積んでフリーとして活躍することも可能になっています。CGの世界には、いくつかの関連した資格がありますので、それらを取得したり、コンテストなどに応募して自分の力を売り込んでいくことも、必要になってきます。

CGデザイナーになるために必要な免許や資格は、特にはありません。関連する資格として、CG検定やデジタルコンテンツクリエーター能力検定試験などがあります。

デザインの勉強をしっかりしてください

CG検定は、1級から3級まであって受験資格に年齢や学歴の制限がなく、だれでも受験することが可能になっているため、多くの若者たちが受験しています。1級に合格すれば、高度な知識と指導力を持ったCGの専門家として、評価されたことになります。

若い年代の人たちは、ゲームウオッチから始まっていろいろなコンピューターゲームで遊ぶことができました。その流れで、コンピューターに慣れ親しんできました。いろいろな制約を乗り越えて、コンピューターで完全無欠な夢の世界を作り上げること、不可能を可能にしてしまう面白さが、CGデザイナーの世界にはあります。

コンピューターの面白さは、自分独自の道具として活用ができる点にあります。アイデアをひねり出す道具としても使うことができますし、力不足の点をコンピューターを活用して補うこともできます。

自分のイメージや、自分にしかできないことを発見して、それを表現に結び付けて作品が出来上がることは、最高の喜びになっています。初めて作品を任される時の感動は、素晴らしいものです。

キャラクターの表情ばかりではなく、身振りや手ぶりなどを交えながら、キャラクターの感情を自分自身の感性で表していけることも、この仕事ならのものになっています。CGにかかわっていく場合は、いずれデザインや色彩のセンスを問われることになります。

以前に比べてシステムは、ますますツール化してきていて、ペンを使っての操作から手順も簡略化されるなど、ますますデザイナーの感性が作品の完成度を高める条件になりつつなっています。

これから何年かのちに、CGデザイナーとして活躍していたいと考えているのならば、何らかの手段でデザインの勉強をしておく必要があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 学習・勉強
-, ,

関連記事

主婦にオススメの資格「ネイル検定」

最近では、ネイルをして爪を美しくしている女性が増えています。 自分でサロンに通って、様々なデザインを楽しんでいるうちに、自分でもネイルをやってみたい、友人や家族、仕事としてネイルをすることで、人に喜ん …

公務員になるための試験:国家公務員採用一般職試験(旧防衛省職員Ⅲ種)

かつては、防衛庁と呼んでいた時代があり、この時代は国家公務員試験は、キャリアである1種と、大卒程度が受験する2種、さらに高校卒業予定者や短大、専門学校卒業予定者が受験をする3種とが存在したものです。 …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:アーユルヴェーダセラピスト

健康や美容についての意識が高い人々の間では馴染みの深いアーユルヴェーダ。 欧米では美と健康をキープするために、セレブリティーが取り入れているホリスティックな医療法として有名です。 日本でも普及しはじめ …

学生の時にとっておきたい資格:ITパスポート試験

インターネットやスマホの普及とともに、多くの人が情報化社会の波にのって生活しています。 会社の仕事においても、もはやパソコン関連の機器を扱うのは必須であり、当然のようにこれらを使いこなす事が要求されて …

医療系の資格:診療報酬請求事務能力認定試験

医療事務での仕事は、診療報酬制度で規定されている点数を間違いなく選び、計算する能力が必要とされます。 その能力を公的に示すことができるのが、診療報酬請求事務能力認定試験です。

楽天モーションウィジェット