繊維の種類と特徴を把握する:アセテート

衣類という存在は、技術進化の過程で生まれてきた物であり、現代に至るまで様々な衣類の素材が開発されてきました。

アセテートという繊維も、技術進化の過程で生まれてきた素材の一つで、現代では多くの衣類に使われている素材の一つでもあります。

スポンサーリンク

繊維の種類と特徴|アセテート

アセテートの種類と歴史について

素材の作成方法の大きな特徴として、アセチルセルロースと呼ばれる素材が作られる点が挙げられ、この物質から作られる繊維質の素材の事を、アセテート繊維を言います。

アセチルセルロースは、技術進化の過程で様々な用途に使われている事が有名で、繊維の他には、映画フィルムや録音テープ等にも使われています。

元の素材となっているセルロースは、植物細胞の細胞壁と植物繊維が主成分となっており、天然の植物を30パーセントほど含んでいる事から、化学繊維でありながら、天然素材の繊維としてアセテートは有名になっています。

アセテートは、再生繊維としても有名な素材で、繊維に対して化学処理を施して融解させると長い繊維状のセルロースになるので、ここからさらにアセテートとして利用するという事が可能になっています。

この様に、一見高い技術力で作られている素材ですが、歴史は古く、海外では1920年台には既に生産が始まっており、1950年にタバコのフィルターとして使われるようになり、様々な方面で有名になった素材なのです。

日本国内では1948年に生産が始まっており、様々な用途に使用されています。

普段知られていない特徴として、木材を使用しているという点が挙げられており、天然素材と化学素材が融合して作成されている素材なので、その存在が大きく誤解される傾向があるという、変わった素材でもあります。

具体的なアセテートの特徴について

アセテートは、開発されてから様々な物の素材として使われてきました。しかし現代では、衣類に使われる事が多く、洋服として沢山の人々の体を彩っています。

一番の特徴として挙げられるのが吸湿性が高いという点で、長期間使用しても、不快感を伴う事が少なく、スポーツのユニフォーム等の素材としても適しています。

これに加えて、汚れにくいというメリットも持ち合わせているので、積極的に環境の変化が激しい場所に着用していけるという点も注目されています。

また、衣類の素材としては珍しく、毛玉ができにくいという変わった特徴を持っているので、保存についても他の素材の衣類程、気を使わなくて済むという点もメリットの一つです。

ただし化学繊維の一部であるため、シンナーや除光液等に溶けてしまうという特性を持っており、ストーブや自動車の排気ガスとして知られている窒素酸化ガスによって、変退色が発生するというデメリットも持ち合わせています。

そのため、おしゃれ着の素材としてはあまり適しておらず、インナー等ある程度隠れた部位に着用する衣類の素材として使われている事が多いのが現状です。

この様な欠点がありますが、静電気が発生しにくい上に、光沢がありその存在をアピールできるというメリットがあるため、工事現場等の危険な場所で着用する衣類の素材に適しているという大きなメリットがあります。

また強度もあり縮みにくいという特徴もあるので、汎用性の高い衣類に使われている素材としても有名になっています。

この様に、アセテートは限定的に露呈するデメリットを考慮した上で、衣類の素材として使えば幅広い環境で着用する事のできる衣類になるので、外で肉体労働をする事が多い方は、アセテートの衣類を購入する事をお勧めします。

アセテート素材の衣類の洗濯方法について

衣類の洗濯は、衣類の寿命を向上させる上に、衛生面でもメリットがあるので定期的に行わなくてはなりません。しかし素材によっては、衣類にダメージを与える事があるので、素材によって洗濯方法を変えなければなりません。

アセテート素材の衣服を洗濯する場合、絶対に使用してはならない薬品がシンナーや除光液です。

これらは家庭で染み抜きできる薬品として有名ではありますが、アセテートに使用してしまうと溶解してしまうので絶対に使用しないでください。

またボールペンのインクやマニキュア等がアセテートに付くと、クリーニング店で行う洗濯でも落とす事ができなくなるため、扱いには十分に気を付ける様にしてください。

そして洗濯する際には、必ず中性洗剤を使用するようにし、可能であればぬるま湯で洗濯する事を強くお勧めします。

以上の点を注意すれば、アセテートにはほとんどの柔軟剤が使用できますし、酸素系漂白剤を使用して頑固な汚れを落とす事や、化学のりで袖や襟をきちんと整える事も可能になっています。

しかし洗濯機で洗う際には、ネットに入れて洗うようにし、脱水はできるだけ短くする事をお勧めします。また洗濯した後にアイロンをかける際には、必ず低温から中温設定で行うようにし、当て布を使った上で、アイロンをかけるようにしてください。

この他にも、洗濯する際に発生するアセテートの欠点として、水に濡れると繊維の強度が低下するという特徴が挙げられます。

ですので、ファスナーが付いている衣類と一緒に洗ってしまうと、ファスナーでアセテートが破ってしまう事もあるので、まとめて洗濯する時には、一緒に洗う衣類に金属等が付いていないかを確認した上で洗濯してください。

この様に、アセテートは特定の条件さえ気を付ければ洗濯しやすい素材の一つなので、衣類を購入する際には、積極的にアセテート素材の物を購入する事をお勧めします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

フリマアプリ「フリマノ」の特徴や使い方

スマートフォンなどで使えるフリマアプリであるフリマノは、誰でも簡単に使えるといった簡易さが売りの、フリーマーケットアプリケーションになっています。 個人の所有物の売り買いが、本当に簡単に済ませられるよ …

子どものしつけ方を再確認してみよう

子どものしつけを表面的にしか見ていない親がたくさんいます。 しつけと称し厳しく接する親もいますが、なぜ厳しく接するのかを論理的に説明できる人は少数派で、心のどこかで腹が立った、気分が悪い、カッとなって …

ネット利用料を安くしたい!プロバイダ料金を節約する方法

自宅のパソコンで毎日インターネットを楽しみたい、でもプロバイダ料金は出来るだけ安くして節約したい。 そんな希望を持っている消費者は沢山いるでしょう。 ネット回線の使用料金が安くても、プロバイダ料金が高 …

コンビニATMの手数料が無料!ネット銀行「ソニー銀行」

ネット専業銀行として運営されているソニー銀行ですが、インターネットのサービスは、MONEYKitというサイト名で提供されているのが特徴です。 一般的なインターネットバンキングと同じような仕組みをしてお …

お風呂掃除のコツ

毎日使うお風呂ですが、浴槽の掃除はしていても、他の場所は後回しになっていませんか? 湿気でカビやすく、排水口の汚れや詰まりも気になるところ。 こまめに掃除をして防ぎましょう。

楽天モーションウィジェット