繊維の種類と特徴を把握する:化学繊維

化学繊維の仲間に分類される再生繊維の特徴ですが、元々天然繊維でもあります。

スポンサーリンク

繊維の種類と特徴

再生繊維は天然繊維の原料が元です

天然の木材や綿花のくずなどのセルロースを、まず溶かします。溶かしたものを、再び繊維として作られたものになります。

代表的な再生繊維として、レーヨンやキュプラ、ポリノジックがあります。レーヨンは、化学繊維として普及していますから、知っている人も多いでしょう。

レーヨンは、シルクに似た光沢感を持っています。手触りも良いのが魅力です。女性用の下着でよく見かけられる化学繊維で、木材が原料です。洗濯の際には、水に比較的弱い繊維ですので、気を付けましょう。

水に浸すと、縮んでしまう性質を持っています。摩擦やシワにもあまり強くなく、シワを伸ばそうとしてスチームアイロンを使うと失敗しがちですから、スチームは使わないのが無難です。

レーヨンを使った高級な衣服を洗濯する場合は自宅ではなく、クリーニングを利用するのがおすすめです。

キュプラはスーツの裏地として使われる機会の多い繊維です。

原料は綿花になります。静電気が発生しにくく、吸湿性や放湿性に優れる一方で、摩擦に弱い特徴があります。キュプラの衣服は、自宅で洗濯できないものばかりですが、洗うのなら、ぬるま湯で優しく手洗いしましょう。

ポリノジックもレーヨンと同じく、木材が原料の再生繊維になります。

主に使われるのが、ブラウスやワンピースです。熱に強く、色落ちがしにくいのが魅力で、特に油汚れを落としやすいのが、優れた特徴だといえるでしょう。

レーヨンやキュプラに比べると水に強いため洗濯しやすいですが、それでも縮みやすさを持っているため、洗う時には注意しましょう。

石油や石炭などが原料の、人工的な合成繊維

再生繊維では天然の原料が使われていたものの、相反する化学繊維として作られるのが合成繊維です。石油や石炭、石灰石などといった原料から、人工的に作られた繊維になります。

アクリルやポリエステル、ナイロンにポリウレタンなど、身近な繊維が合成繊維に当てはまります。

アクリル繊維で作られることの多いのがセーターです。ウールに似た合成繊維で、身体を温かく包んでくれます。押しても元に戻る回復力に優れており、シワに強いのが魅力でしょう。

大きなメリットが害虫に強く、洗濯しても縮みにくい部分です。普通のウールよりも、取り扱いやすいセーターを着ることができます。自宅で洗うなら、おしゃれ着用の洗剤を使ってください。

ポリエステルは、国内で製造される合成繊維の多くを占めているほど、ポピュラーな繊維です。

ブラウスなど、様々な衣服に使われます。丈夫でシワになりにくく、直ぐに乾いてくれるなど、洗濯しやすいのが魅力です。価格も安いため、家計を助けてくれる繊維として評価できます。

自宅で気軽に洗うことができる繊維ではありますが、汚れを吸い込みやすいため、汚れの酷い衣服と一緒に洗うのは避けてください。

ナイロンは、合成繊維として最初に開発された歴史ある繊維です。ウィンタースポーツ向けの衣服などでよく使われます。普通の水や海水に強くて、直ぐに乾燥します。

油汚れにも強いのがメリットです。カビや虫の被害を受けず、簡単に洗うことができて、とても取り扱いが簡単です。

ポリウレタンは、合成皮革として使われることが多い繊維になります。洗濯には向きませんので、水拭きや乾拭きで綺麗にしてください。

再生繊維と合成繊維の中間に位置する、半合成繊維

半合成繊維と呼ばれる化学繊維があります。

セルロースタンパク質を使って化学的な処理をして、繊維にしたものです。再生繊維と似ていますが、化学的な合成繊維の特徴も持っている、再生繊維と合成繊維の中間に存在する化学繊維だと考えてください。

半合成繊維に該当するのが、アセテートやトリアセテート、プロミックスなどです。

アセテートはよく使われる繊維で、レーヨンやポリエステルと一緒に織り込まれていることが多いのが特徴です。女性用の衣服で目立ちます。

レインコートの繊維としても有名です。汚れても洗濯すれば簡単に落とす事ができ、毛玉ができにくいので、綺麗な見た目を維持してくれます。また、光沢感や手触りの良さを持っています。

洗うときには、ネットに入れましょう。脱水はごく短時間で完了させるのがポイントです。1分くらいで構いません。

トリアセテートは、アセテートとほぼ一緒ですが、酢酸作用の度合いがやや違います。そのため、アセテートよりも乾燥しやすく、シミになりにくい優れた機能を発揮してくれます。

ぬるめのお湯で洗うのがコツですが、アルカリ性の洗剤には弱いので、中性洗剤を使いましょう。

プロミックスは身近な衣服に使われる機会はやや少なく、パーティやフォーマルなどのドレスに使われることが多いのが特徴的な、半合成繊維になります。

シルクによく似た見た目です。プロミックスの取り扱いは難しいので、自宅での洗濯は諦めましょう。

素直にクリーニングを利用してください。しかし、プロミックスはすでに製造が終了している繊維ですから、持っている人は少ないでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

カラーボックスでDIY!扉をつけてDIY

お手軽価格でありながら、収納棚としてとても便利に活用できるのがカラーボックスです。 ホームセンターに向かえば、大抵置いてある身近な商品ではあるものの、とても単純な構造になっていることに気づくはずです。 …

初心者におすすめのペット:コノハカメレオン

爬虫類は好き嫌いが分かれると言われていますが、その個性的な外観を好む人が増え、さらに爬虫類を飼うのに適した器具やフードも販売されるようになったので、初心者も含めてこれらを飼う人が多くなってきました。 …

いまさら聞けない年金入門|厚生年金の仕組み

知っているようで、意外とわからないのが厚生年金です。 常識的な知識として知っていて当然と思われながら、詳しく聞かれると困ってしまうということがないようにするには、知識を整理しておく必要があります。 そ …

結婚指輪を購入するときに見るべきポイント

自分で購入するにせよ、パートナーに買ってもらうにせよ、結婚指輪は自分にとって一生ものになるわけですから、自分のテイストに合っているかどうかが一番大事でしょう。

賢く節約!業務用スーパーを活用するコツ

業務用スーパーは、一般的な個人の家庭向けではなく、レストランや弁当屋など仕事で食品を必要とする人に向けたスーパーです。 最近、この業務用スーパーを上手に使う活用術が注目を集めています。 上手く使えば食 …

楽天モーションウィジェット