繊維の種類と特徴を把握する:ポリエステル

衣類の大半を占めているポリエステルですが、ポリエステルにはどんな特徴があるのでししょうか。

繊維の種類はいくつかありますが、「天然繊維」「化学繊維」「指定外繊維」に分けられます。その中でもポリエステルは「化学繊維」に分類させています。

また化学繊維の中でもさらに分類があり、レーンやキュプラなどの「再生繊維」、アセテートやトリアセテートなどの「半合成繊維」、ナイロンやアクリルなどの「合成繊維」があり、ポリエステルはこの内「合成繊維」に分類されます。

スポンサーリンク

繊維の種類と特徴|ポリエステル

ポリエステルの特徴

ポリエステルの最大の特徴は、耐久性に優れているということです。この耐久性が高いことが最大の魅力となり、多くの衣類に使われています。

綿などと混紡して使用すると、シワになりにくく、縮みも防ぐことができるため、長く着ることができます。また、吸水性が低いという特徴があるため、水に濡れたときにもすぐに乾くという利点があります。

すぐに乾くという利点を生かして、寝具にもよく利用されています。

布団やシーツを洗濯する際には、大きいために乾くのにも時間がかかるものですが、このようにポリエステルが入っていると速乾性があり、干している時間も短縮することができます。

ただ吸水性が低いということは、汗を吸い取りにくいため、通気性が悪く夏場などはとくに臭いがこもりがちになります。綿と混紡されていれば、その点は改善できますので、衣類として着る場合は混紡が良いでしょう。

これ以外にも、虫やカビに強いという特徴があります。

ただ、静電気を発生しやすい素材であるために、肌の弱い人などは特に注意が必要です。

衣類以外にも活用されるポリエステル繊維の種類

ポリエステルの原料は、石油です。ナイロンも同じ原料からできています。ポリエステルは色々なものに使われていますが、繊維として使われるものは、PET繊維、PEN繊維、PTT繊維、PBT繊維に分けられます。

この内もっとも多いのが、PET繊維(ポリエチレンテレフタレート)です。なぜPET繊維がもっとも多いのかというと、安価で手に入りやすいからです。ペットボトルにも使われています。

PEN繊維(ポリエチレンナフタレート)は、PET繊維よりも優れた強度を持ち、フィルムなどに使われています。

PTT繊維(ポリトリブチレンテレフタレート)は、衣類などに使われていて、伸縮性に優れている点や形状記憶などの特徴があります。また、肌触りも柔らかいという特徴があります。

PBT繊維(ポリブチレンテレフタレート)は、生産量は少ないのですが、伸縮性に優れています。衣類では、スポーツウェアなどでも使われるポリエステル繊維ですが、洋服以外にも和服に使われることもあります。

また、布団やカーテン、産業用のベルト、自動車のタイヤを補強するための素材など幅広く使われています。

ポリエステルは、混紡や撚り合わせをすることで強度を増すため、何度も繰り返し洗濯するようなユニフォームやワイシャツに適した繊維です。しかしポリエステルは、速乾性に優れている反面、吸水性がありません。

そして、吸水性が無いのに対して、汚れを吸い取ってしまうというデメリットも持ち合わせています。そのため、汚れたものと一緒につけておくと、逆に汚れを吸い取ってしまいます。

ですから、こまめに洗濯をする必要がでてきます。

ポリエステルの正しい洗濯方法は

ポリエステル繊維は、強度もあり、速乾性に優れています。熱や摩擦にも強く、型崩れもしにくいのです。その点からも、安心して洗濯できる繊維です。

他の繊維と同じ様に、シミなどがある場合は、前処理をしてから洗濯します。台所用洗剤などを用いて、シミをつまんで薄くします。

その後洗濯に入りますが、ポリエステルは強度があるため、特にデリケート衣類用の洗剤を使う必要はありません。通常の粉末洗剤を使うと汚れ落ちがよくなり、白い衣類なら漂白剤と併用して使うとさらに白さが際立ちます。

ここで気を付けたいことは、逆汚染(他の汚れを吸い取って汚れてしまうこと)を防ぐために、汚れがひどいものとは一緒に洗わないことです。

そして、短時間で洗い終わるということも大切です。また、洗濯する衣類の量は、あまり詰め込みすぎないことです。

これらを守って正しく洗濯しましょう。

洗濯が終わったら、洗濯した物を干します。

日光にも強いので、天日干しでも大丈夫ですが、風通しが良い場所で陰干しした方が、衣類にダメージを与えずにすみます。ポリエステル衣類の中には、洗濯の絵表示にドライマークのついたものもあります。

これは、細い繊維でできていてデリケートな衣類ですので、その場合はクリーニングに出すなどした方が失敗しないで済みます。

また、ポリエステル100%の衣類は色落ちがしやすいので、洗濯をする前に、白い布などに洗剤の原液をつけ、その布で衣類の目立たない部分を少しトントンと叩いてみます。

その時に、白い布に色が少しでも映っていたら色落ちするので、その衣類は単独で洗うようにします。

このように、ポリエステルと言っても中にはデリケートな衣類もあるので、洗濯をする際には洗濯の絵表示を見て正しく洗うようにします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

ネット銀行活用術 : スルガ銀行ANA支店の特徴

スルガ銀行ANA支店は、スルガ銀行という静岡県を地盤としている地方銀行がANAと提携して作った、ユニークな銀行口座です。口座開設はすべて、インターネットと書類の郵送でできるので、店舗に行く必要もなく、 …

繁忙期の引っ越しで押さえておきたいポイント

転勤が決まる時期や入学などの重なる時期は、それに伴って引っ越しをする人もかなり増えます。 そのため新学期が始まる前の時期や、会社への入社または期末の時期にあたる時期は、引っ越しの予約が集中する傾向にあ …

クレジットカード「リクルートカード」の特徴やおすすめポイント

リクルートカードは、リクルートがリリースしている、高還元率が特徴的なクレジットカードです。年会費が無料で、還元率が1.2%という特典があります。 ポンパレモールでお買い物すると、ポイントがもらえたり、 …

クレジットカード「セゾンカード」の特徴やおすすめポイント

クレジットカードと言っても色々な種類があります。 セゾンカードは、利用するメリットや特徴がたくさんあり、初めてクレジットカードを作りたいと思っている方にもオススメです。 利用するメリットや、特徴につい …

不器用でも大丈夫!センスの光るラッピング術

お誕生日や、記念日などのプレゼントを選ぶ時ほど、わくわくすることはありません。プレゼントの箱を開けた相手の喜んだ顔を想像するだけで、幸せな気持ちになってしまいます。 デパートやギフトショップでは、ラッ …

楽天モーションウィジェット