繊維の種類と特徴を把握する:レーヨン・キュプラ

レーヨンは木材やパルプ、竹などのセルロースをアルカリや二硫化炭素と反応させることで溶かしたものを、硫酸ナトリウムなどの中に押し出して引き伸ばして固めるという製造方法で作られます。

製造された当時は、繊維の表面に光沢があることから「rayon」と言う名前が付けられました。

スポンサーリンク

繊維の種類と特徴|レーヨン・キュプラ

レーヨンの原料となる素材と繊維の特徴

独特の強い光沢感があり、染色性や発色性に優れ、美しいドレープを生み出す特徴があります。吸湿性も高く、静電気が発生しにくいため、着ていて体にまとわりつく心配がありません。

熱にも強く、高温でも軟化したり溶け出したりしないのが特徴のひとつです。

ただし、吸湿すると綿と違って強度が低下するのが特徴で、洗濯をすることで縮む特性があり、寸法安定性が低いため、ぬれると形崩れを起こしやすく、シワにもなりやすいという点がデメリットです。

これは、水分を含むと糸が太くなることで、糸同士が引っ張る力が強くなる特性のために起こるものです。さらに摩擦に弱くシワになりやすいので、洗濯などには十分注意する必要があります。

レーヨンは、化学繊維の中の再生繊維と呼ばれる種類になります。

綿や麻よりも吸湿性や吸水性が高く、原料を細い孔が多数ある口金から押し出すために、繊維の表面がでこぼこ状態になっているため、独特の光沢感と深い色合いを出すことが可能です。

高価なシルクを、人工的に作ることを目的に出来た素材といわれ、現在はスーツの裏地などにも使用されています。

レーヨンは、綿や麻などと同じセルロースで構成された繊維なので、土の中で自然分解されて土に還るため、エコロジーな繊維ともいえる存在です。

他の繊維となじみやすい性質があるので、混紡などにもよく使用されます。

キュプラの特徴とレーヨンとの共通点や相違点

キュプラはレーヨンと同じ再生繊維なのですが、主原料はパルプなどのセルロースとは異なり、コットンリンターが原料となっています。

これは綿の実から綿花をとった後に残る短い繊維の事で、これを銅アンモニア溶液を使って繊維を溶かしてから、糸をつむぐ方法で作られる繊維です。

キュプラは銅を意味する言葉で、銅アンモニア溶液を使用した製造法にちなんで「キュプラ」と名づけられました。

別名を「ベンベルグ」とも呼ばれますが、ベンベルグは旭化成の商標名です。非常に細かい糸を作り出すことができるので、トリコットなどの薄地の織物の原料として使用されます。

レーヨン・キュプラどちらも同じ再生繊維なのですが、素材の丈夫さや耐熱性に関しては、レーヨン・キュプラの比較ではキュプラのほうがより耐久性のある素材です。

吸湿性も放湿性も高く、レーヨン・キュプラは共にやわらかくしなやかなドレープ性があると言う特徴を持ちます。

レーヨンと同様に、光沢と高級感のある素材としてスーツなどの裏側に使用されます。肌触りがとても滑らかで、すべりの良い風合いを持つのがキュプラの特徴で、水にぬれてしまったときには、レーヨンよりも強度が低下しない傾向にありますが、レーヨン・キュプラどちらも、もともと耐久性に優れた繊維ではありません。

キュプラの繊維の断面は、ほぼ円形で表面が滑らかな状態で、繊維の内部は詰まった構造をしているため、スキン・コア構造に違いはありません。

絹のように紫外線によって退色しにくく、下着やスカーフ、ドレープ性を求めるデザインの各種婦人服などに多く利用されています。

レーヨン・キュプラを洗濯するときに注意したいこと

レーヨン・キュプラどちらも水につけたときに縮みやすい特徴があり、摩擦によって毛羽立ちやすいので、洗濯には十分に注意が必要です。

水洗いすると、縮みやすくしわになりやすいので、扱いがとても難しい素材のため、自宅で洗濯機にかけることは絶対に避けなければなりません。

なるべく、ドライクリーニングに出すほうが風合いを変えずに済むのですが、短時間で押し洗いする方法で洗う方法なら、縮みや形崩れなどを最小限に抑えて洗うことも出来ます。

カシミヤやウールなどの扱いの難しい、繊細な天然繊維も洗濯することのできる専用の洗剤を使用すれば、レーヨン・キュプラもダメージを与えずに洗うことが可能だといわれています。

けれども縮みなどを最小限に抑えるためにも、短時間ですばやく洗濯する方法には変わりありません。

まず服を裏返しにして、専用の洗剤を溶かしいれた水に30秒程度つけて優しく押し洗いをします。このときに、ごしごしもんだりするのは論外で、必ず短時間で優しく押し洗いするようにします。

すすぎも水を替えて2回ほど行いますが、そのときにも洗うときと同じく短時間で優しく押すようにしてすすぎます。

洗い終わったらごく短時間脱水し、形を整えて陰干しにします。ハンガーにかけて干そうとすると、ハンガーの形に形崩れしてしまう可能性があるものは、ネットなどに広げて干したりすることで、ぬれた状態で強い力が加わらないように十分に気をつけます。

ドライクリーニング表示のものも、洗える衣類にダメージを与えにくい専用の洗剤を使用しても、衣服に直接洗剤をつけないように、他の洗剤を混ぜないように注意して洗濯することが大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

繊維の種類と特徴を把握する:シルク

独特の光沢を放つシルクは、古くから人々に愛されてきた繊維の1つです。 蚕の繭から作り出される動物繊維で、木綿や麻、ウールなどと並ぶ四大天然繊維の1つといわれています。 人工的に作り出すことの出来ない、 …

コンビニATMの手数料が無料!ネット銀行「ジャパンネット銀行」

日本のインターネット銀行の先駆けともいえる、有名なジャパンネット銀行ですが、ATMの手数料の安さが強力です。

絶対欲しい調理家電!マイヤーの電子レンジ圧力鍋

大切な家族には、手間をけた美味しい料理を食べさせてあげたいものです。美味しいものを食べてこそ、家庭は笑顔でいっぱいになります。 でも、時間をかけずに美味しい料理を作れたら、主婦にとってそんな嬉しい話は …

節約に使える便利なアプリ10種類

スマートフォンやタブレットでは、様々なアプリをインストールして使うことができます。 その中でも、節約にもつながるアプリを紹介します。 スポンサーリンク あると便利なアプリ 1.獲得ポイント表示アプリ …

繊維の種類と特徴を把握する:天然繊維

日々健康的な生活をおくるには、衣類の洗濯が欠かす事のできない作業になっています。 しかし、衣類に使われている素材は、耐久性等の大きな違いがあるため、それらを理解した上で洗濯する必要があります。

楽天モーションウィジェット