繊維の種類と特徴を把握する:シルク

独特の光沢を放つシルクは、古くから人々に愛されてきた繊維の1つです。

蚕の繭から作り出される動物繊維で、木綿や麻、ウールなどと並ぶ四大天然繊維の1つといわれています。

人工的に作り出すことの出来ない、独特のつややかな光沢を放つシルクは、歴史の中でも様々なシーンで、人々の装飾のために活用され、その光沢は絹糸光沢と呼ばれるもので、優雅で上品なつややかさはシルクの持つ、最大の特徴のひとつです。

スポンサーリンク

繊維の種類と特徴|シルク

美しい輝きをもつシルクの原料とその構造

シルクの原料となる絹糸繊維を構成するのは、フィブロインという成分と、それを取り囲むセリシンという2種類のたんぱく質です。

繊維の断面の構造が、プリズム状になったフィブロインには、光が当たったときに反射・屈折・分散そして吸収するという性質があり、その性質によって、繊維に光が当たったときに乱反射することで、シルク独特のまるでパールのような光沢を作り出すものです。

シルク繊維の、独特のつややかさを生み出すフィブロインですが、フィブロインの周りにセリシンが付着している状態だと、光が当たったときに美しいつやを出す光の乱反射を妨げることになるので、シルクへの加工の際には、周りに付着する余分なセリシンを落とすという作業が行われます。

古くから着物などのフォーマルな衣類を中心として、最高級の衣料用素材として日本だけでなく、世界中で多くの人々を魅了してきたシルクは、つややかでエレガントな独自の光沢と、しなやかな肌触りが魅力ですが、その優れた特性を活かして、極上の着心地を味わうことの出来る肌着や、ナイトウェアなどへも利用されています。

さらに近年では、シルクのたんぱく質の機能の美容健康効果への解明もされています。

世界中で古くから愛されてきたシルクの特性

シルクの光沢は、真珠にたとえられることが多いのですが、真珠のように気品のある光沢を生み出すのは、その独特の構造によるもので、真珠と同じく自然が生み出した複雑な構造によって生まれるものです。

そしてシルクの美しさは、染め上がりの美しさにも繋がるもので、様々な染料にも美しく染まるため、絞り染めや型染めなど、繊細な図柄も鮮やかに染め分けることの出来る特徴があります。

そして、シルクはごく細い糸が織り成す薄く繊細な生地が多いため、繊維の強度は低いというイメージをもたれがちですが、繊維の中では強靭な部類に入り、その引っ張り強さという点では、ウールや綿よりも大きいという特徴を持ちます。

そして天然繊維の中でも、とくに吸湿性に優れた特徴を持ち、綿の1.5倍もの吸水性を持つ繊維です。

天然繊維の素材の中で、最も細く長い形状のために、繊維同士の間に多くの空気を含むことが出来て、その隙間の空気の断熱効果から、外気の寒さを伝えにくい特性があるので、薄く軽やかな繊維であっても、温かさを感じることが出来ます。

そして吸湿性が高いだけでなく、放湿する速度が速く、さらに保温性にも優れた繊維なので、肌にまとうと冬は暖かく感じられ、夏は涼しさを感じられる、いわば天然のエアコンともいえる素材です。

合成繊維に比べて、静電気がおきにくいのですが、綿などと比較すると、乾燥の進んだ状態の場合には、静電気は避けられないものです。

そして、シルクは肌の老化を進める原因とされる、紫外線をカットする効果が高い素材でもあります。

UV-B波とC波に対しては、およそ9割もの高いカット率を誇ります。

シルク製品の洗濯の方法と取り扱うときの注意

シルクはそのつややかな光沢から、着物やドレスといったフォーマルな衣類に活用されてきました。

けれども、最近はその優れた繊維としての特性を活かし、シャツやセーター、パンツなどのカジュアルな衣類や、ストキングや下着、寝具など幅広い用途に利用されるようになっています。

シルクは、肌や髪の毛と同じようにアミノ酸形のたんぱく質から出来ているため、洗濯することで、素材の特性上多少縮むのが特徴です。

家庭で洗濯するときには洗濯機は使わず、必ず手洗い洗濯をすることが鉄則です。

シルク専用の中性洗剤を使用して洗うのが理想ですが、もし専用のものがないときには、香料の入っていない普通のシャンプーを洗剤代わりに使用することも出来ます。

基本的な洗濯方法としては、水かぬるま湯に適量の洗剤を溶かして、衣類をたたんだままでつけて、優しく押し洗いをします。

すすぐときには、洗うときと同様に水かぬるま湯をつかって二、三回水を取り替えて洗います。柔軟剤や漂白剤は、基本的には使用しないようにします。

洗った後は、タオルなどにはさんで上から押すようにして水をしぼり、形を整えて裏返しにして陰干しするのがオススメです。

このときに手で軽く引き伸ばすように形を整えると、仕上がりがしわが目立たないように出来ます。

アイロンをかける際には、出来れば生乾きの状態のときに当て布をして、150度くらいの低温に設定して裏側からかけるようにします。

直射日光に干したり、乾燥機で乾燥させると、色あせや毛羽立ちの原因になりやすいので注意します。

しまうときには、直接生地につかないように注意して、防虫剤を一緒にしまうようにします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

生活をよりスマートに|注目の最新家電「DC扇風機:ツインバード」

夏日ではなく、もはや猛暑日や酷暑まで言われている昨今では、クーラーでも全くもって追いつかないぐらい、暑さを感じると思います。 その中で扇風機を強風にして風を作ったとしても、単に熱風が襲ってくるだけです …

ネット銀行活用術 : ゆうちょ銀行の特徴

「株式会社ゆうちょ銀行(Japan Post Bank Co., Ltd.)」は、東京都は千代田区霞が関に本社を置く、日本の金融機関・銀行のひとつです。

一人暮らしにおススメの街:茗荷谷の魅力

茗荷谷駅は、東京メトロ丸の内線の停車駅の1つで、文京区に位置しています。小石川や小日向、大塚などの最寄り駅となっています。 東京メトロ丸の内線は、池袋や後楽園、大手町、東京、銀座、霞が関、四ツ谷、新宿 …

フリマアプリ「フリル」の特徴や使い方

3大フリマアプリのひとつとして数えられているのが、フリルです。 2012年の市場の勃興期に誕生したフリマアプリであり、同時に国内で誕生した、初めてのフリマアプリでもあります。 ユーザーも多く定着してい …

効率アップ!お風呂掃除の時短テクニックとカビ対策

毎日使うお風呂ですが、お風呂掃除は大変だと感じる方もいるのでないでしょうか。 お風呂は1日の疲れを癒やす最高のリラックスタイムになりますが、湯垢が付着し、カビも発生しやすい場所なので、掃除も念入りに行 …

楽天モーションウィジェット