千葉県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

千葉県は、東京都や埼玉県、茨城県と隣接する以外は、ぐるりと海に囲まれた南北に長い県域を持つだけに、海鮮グルメの宝庫でもあります。

他県の地域名が付いているあの有名な高級エビも、実は千葉県が全国で、水揚げ量の1位2位を争うほどの名産地となっています。

スポンサーリンク

新鮮な伊勢エビを心ゆくまで堪能

千葉県ご当地グルメの王者は、何と言っても伊勢エビです。伊勢と付いていることもあって、三重県が名産地という印象が強い高級エビですが、水揚げ量日本一を数年来獲得しているのは、千葉県です。

千葉県房総沖で獲れる伊勢エビは、黒潮で揉まれることによって、身がプリプリと引き締まり、極上の食感と豊かでみずみずしい甘味を持っています。

県内各地、ことに南房総には隠れた名店も多く、最も味が良くなるという、秋口から10月にかけては、全国の海鮮グルメファン憧れの地として賑わいます。

刺身や踊り焼き、天ぷらはもちろん、豪快なお頭入り味噌汁など、名産地ならではの伊勢エビ尽くしの贅沢に浸ることができます。

水槽から、自分で伊勢エビを選んで調理してもらえる名物店もあり、口コミ人気の高い名店は、事前に予約をしてから行くほうが、確実に賞味できます。

知る人ぞ知る極上の美味イワシ

千葉の海鮮グルメで、伊勢エビと共に外せないのがイワシです。かつては庶民の味と言われ、多くの家庭の食卓にのぼり、親しまれていた魚でした。

豊かになった日本で、世間が高級魚などに目移りしているうちに、近年めっきり漁獲量が減ってしまい、新鮮とれたてのイワシこそが、憧れを集める高級魚の仲間入りをした感があります。

その新鮮なイワシも、千葉県が誇るべきご当地グルメの一つです。伊勢エビ同様、イワシ類の水揚げ量も、千葉が日本一ということで、主要水揚げ港の銚子周辺で、特に旬の梅雨時に極上の味わいに出会うことができます。

刺身や塩焼き、つみれ汁のほか、ツウに愛されている「なめろう」という、イワシのたたきに味噌や細かく切った香味野菜を合わせた料理など、一度口にしたらイワシファンにならずにはいられない、美味自慢の料理が揃っています。

成田の意外な名物グルメうなぎ

関東地方でも、うなぎの隠れた名産地は少なくありませんが、千葉の成田山参道界隈や、印旛沼周辺もうなぎの名店が多いことで知られています。

成田のうなぎは、参詣に行って初めてうなぎ店が多いことを知るケースも少なくなく、香ばしい匂いに惹かれてフラリと入り、思わぬグルメ体験が思い出となったりします。

意外にリーズナブル価格で、かなりのボリュームのうなぎを楽しめる人気店もあり、秘伝のタレのタイプなど、うなぎファンの場合は、事前に下調べをしてから出かけたいものです。

成田よりも東京寄りの印旛沼では、うなぎの養殖がおこなわれていることもあって、いずれも味自慢の名店が揃っています。

都心からも、便利に行き来できるエリアだけに、休日には大行列が当たり前な人気店も多く、うなぎファンにとっては、ぜひ一度は訪れたい千葉のご当地グルメスポットです。

フルーツの競演ご当地スイーツグルメ

千葉と言えば、ナシやビワ、ピーナッツなど、いずれ劣らぬ人気のフルーツや、ナッツの名産地でもあります。近年は、首都圏近郊で気軽にイチゴ狩りや、ブルーベリー狩りが楽しめるスポットも増えています。

ことに、千葉のご当地グルメでこそ味わえるのが、高級フルーツの一つビワの風味がたっぷり楽しめる、ビワソフトクリームが、ブームの火付け役となった冨浦の道の駅などで味わえます。

ソフトクリームでは、もちろん各地でピーナッツソフトも人気を博しています。

独特の舌触りのせいか、ソフトクリームはあまり見かけないナシですが、旬の果実はもちろん、ゼリーやワインなど、お土産にも向く製品となって県内各地の店舗に並んでいます。

それぞれのフルーツのジャムや、デザートソースもお土産として人気となっており、もらった人がリピーターとなって、大量注文される製品もあるほどです。

外来種の貝が新たなグルメに

昔からの、潮干狩りスポットとしても有名な千葉県の京葉・海浜エリアですが、近年、アサリのほか、外来種のホンビノス貝が増え、新たなグルメ素材として注目を集めています。

ホンビノス貝は、アサリよりも一回りほど大きく、肉厚のプリッとした身が、ハマグリを彷彿とさせる食感となっており、香りや味が淡白なぶん、さまざまな味付けの料理に使える重宝な貝として、地元のスーパーマーケットでも人気の食材として、浸透してきています。

千葉県では、三番瀬周辺でメニューにホンビノス貝を加える店が増えてきており、ホンビノス貝と小松菜のピザなど、イタリアングルメとしても愛されるようになってきています。

都内からも、気軽の訪れることができる距離だけに、思い立ってすぐに賞味しに行けるのも、魅力となっています。

新たな人気メニューが今後も生まれる可能性を秘めた、ニューフェイスのご当地グルメ素材です。

最後に

千葉県ご当地グルメの魅力は、東京から日帰りで行き来できるエリア内で、本格的な海鮮グルメに親しめる点にあります。

伊勢エビやウナギなど、高級グルメに目が向きがちですが、野菜王国でもある千葉は、新鮮野菜とのコラボレーションによって、さまざまな素材の味が引き立つ極上グルメが目白押しです。

旬の季節に思い立って、出かけられる地の利の良さも魅力です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

大人になって気付いた美味しい春の食べ物「うど」

春に採れる山菜には、さまざまなものがあり、それぞれ独特の風味が存在します。 そのような山菜の一つに、うどがあり、平地や河川敷でも採れるふきのとうとは違い、山野などに自生しているため、山の方へ行かなけれ …

スペインのコーヒーを楽しもう

スペインの食事ではコーヒーは不可欠なほどよく飲まれています。 スペインのコーヒーは濃いエスプレッソだけのカップが運ばれてきます。 ミルク入りにしたければ、エスプレッソに目の前でミルクを好みの量を入れて …

グルテンフリーダイエット:十割そばのアレンジレシピ

グルテンフリーダイエット中に麺類が食べたくなったら、十割そばならOKです。

お味噌汁を毎日飲むとこんな健康効果が!【血圧低下作用】

古来より日本人に飲まれていたお味噌汁は、発酵した食品である味噌をお湯に溶かして、具材などと一緒に食べるメニューです。 飲食店や定食屋、家庭でも朝の食事には、これを飲まないと始まらないとする方も多く、お …

基本中の基本をおさらい!卵の美味しい茹でかた!水からゆでて7~8分で「半熟卵」

あらゆる料理の具材として存在している茹で卵ですが、茹でる時に塩を入れる方が多くいます。 これには理由があり、卵のタンパク質を凝固させるために加えるのですが、これには科学的なメカニズムが存在しています。

楽天モーションウィジェット